3度の飯よりクルマが好き!

買取一括査定サイトを利用すれば、事故車でも高く売れるの?

 買取一括査定サイトなら、事故車でも高く売れる?

Accidentcar

買取一括査定サイトで事故車を査定してもらう場合、必ずしも相場より高く売ることができるわけではありませんが、買取業者の選択肢は広がります。

たとえば、事故車を海外輸出用に転売したり、部品取りをするルートを持っている業者にあたることができれば、事故車でも状態によってはそれなりの価格で買い取ってくれるのです。

日本国内では中古車として販売することができない車でも、外国ではそれを修理して乗るということが普通ですし、品質の高い日本車は海外でも人気です。

また、たとえ不動車でも、その部品がまだ使用できるならば、部品を転売するために使いたい業者もあります。

事故車に強い業者の査定も受けられる買取一括査定サイトを利用すれば、中古車として価値がないような事故車でも売れる可能性があるため、買取一括査定サイトを利用しないという選択肢はありません。

ただし、申し込みの際に修復歴車であること、また未修理ならばそのことも連絡しておくことが必要です。

そもそも事故車の定義って?

事故車というと、「事故にあったことがある車」というふうに簡単にイメージしがちです。

しかし、そのイメージは少し違います。

厳密な意味での事故車とは、車の骨格部分に損傷を受けた車(=修復歴車)のことです。

具体的には、下記の箇所に損傷を受け、修復したことのある車です。

(1) フレーム(サイドメンバー)

(2) クロスメンバー

(3) インサイドパネル

(4) ピラー

(5) ダッシュパネル

(6) ルーフパネル

(7) フロア

(8) トランクフロア

(9) ラジエータコアサポート

ごく軽い傷を直した程度ならば修復歴にはなりませんが、へこみを直したり部品を交換した場合には自動的に修復歴とされてしまいます。

つまり、交通事故ではなくても、ひょうに降られてへこみができたルーフパネルを直したり、バックで電柱に軽くぶつかってインサイドパネルを直したりしただけでも、それは修復歴になってしまうのです。

逆に、リアバンパーやドアを交換したり、割れたフロントガラスを交換しても、それだけでは修復歴にはなりません。

査定のときに、「ドアを交換していますから事故車ですね」と言って足元を見る業者が散見されるので、知識をつけて不当に査定されないように準備しておくことも大切です。

何が事故車(修復歴車)で、何が事故車でないかをしっかり押さえておいてください。

事故車の買取をしてくれる所ってあるの?

自損事故を起こして大破してしまった車を、このまま買取に出してしまいたい。

過去に修復歴がある車がいよいよ故障してしまったので、買い換えたい。

そのようなとき、中古車としては全く価値がつかず、買取業者によっては買取と廃車の費用を請求されるところもあります。

しかし、事故車専門の買取業者ならば、未修理の事故車や不動車ですら、買い取ってくれる可能性が高いのです。

事故車を専門に買い取る業者は、その後の部品取りや海外への転売ルートなど、その車を活用する術を持っています。

クラシックカーならば部品取りの車が必要なこともありますし、直して長く乗る文化のある海外では、しっかりとした品質の日本車は人気です。

中古車販売業車の下取り査定で0円がついた、下取り費用を請求されたからといって、あきらめることはありません。

直して乗れる車や、部品が取れる車ならば、まだ買い取ってくれる業者がある可能性があります。

そして事故車の買取業者には、引取りに係る輸送費用などがかからないところもあります。

修復歴のない車を下取りに出す時と同様、複数の業者から査定を受け、最も高く売れるところを探してみることが大切です。

買い取って貰えなかった!廃車にする場合は?

事故車買取業者ですら買い取ってもらえない車は、廃車専門の買取、引き取り業者があります。

廃車の引取から手続きまで一切を無料で代行してくれるほか、状態によっては買取をしてくれます。

複数の業者から見積をとったほうがいいのはもちろんですが、事故車(修復歴車)や過走行車を処分したいならば、こうした廃車専門の業者に一度は連絡してみることをおすすめします。

自力で廃車手続きをするのは、実際には大変な作業。

車を解体業者に持ち込み、その後陸運局で廃車の手続きをすることになりますから、時間も書類を揃える労力もかかります。

ましてやローンが残っていたり、亡くなった家族の事故車を廃車にする場合はさらに大変です。

たとえ査定価格が0円でも、引取と手続きを無料で代行してくれるのなら、頼んでしまったほうがよっぽど楽です。

まとめ

事故車を処分したいけれど、そもそも売ることはできるだろうか?

どこに査定してもらっても、0円という回答しか返ってこないのではと思ってはいませんか。

実は、事故車こそ、買取一括査定サイトで査定してもらったほうがいいのです。

その理由は、そういった買取一括査定サイトには、事故車に強い業者が入っているから。

中古車として売る前提の買取業者とは違い、事故車を買い取る業者は、買い取った車を海外へ輸出したり、部品を転売したり、あるいは鉄くずとして売ることができるルートを持っています。

日本で売る中古車としては無理でも、それ以外のところに価値があれば、意外と高値の査定がつくこともあります。

事故車買取業者でダメでも、廃車専門の買取業者もあります。

廃車専門の買取業者では、たとえ値がつかなくても無料で引取と手続きの代行を行う所も多いため、車の状態にかかわらず最後の手段として頭の隅に入れておいて間違いありません。

買取一括査定サイトはさまざまな業者と会うチャンスですから、安く買い叩かれやすい事故車の査定にこそ、使ったほうがいいのです。

スポンサーリンク