3度の飯よりクルマが好き!

アルファードは値引きはいくら?新古車という選択も?

アルファードは値引き買うか中古で買うか?

alphard

トヨタの誇るフラッグシップミニバン・アルファードは、モデルチェンジ後高級ミニバンとしての路線を確固たるものにして、これまでのミニバンとは一線を画す内装の質感と、高級セダンにも劣らない演出にこだわったクルマの1台です。

先代もキャプテンシートやオットマン・本革シートを用意し高級路線の片鱗は見せていましたが、グレートのイメージ上ノア・ヴォクシーの上位グレードという位置づけでした。

それが中間グレードにエクスワァイアがラインアップされ、ノア・ヴォクシーとはっきりとした差別化が図られます。

とは言えエクスワァイアの質感やデザインを見ると、割高感が強くノア・ヴォクシーを買い求める層とアルファード・ヴェルファイアを買い求める層のどちらにも響かないクルマになってしまったように感じます。

その御蔭かアルファードの商品的な魅力がさらに増しました。

反面アルファードは新型にモデルチェンジ後、価格を含め一気に高級化してしまい、手が届きにくいクルマとなってしまったからこそ、値引きという指標はとても重要だといえます。

それに比べ近年はディーラーが自動車販売数を増やすために、未使用車や新古車のよな車両を数多く登録していることから、中古車という選択肢も含めてアルファードの値引きを考えてみたいと思います。

 アルファードの値引きはいくら?

ディーラーで新車販売されているアルファードの値引き額は

40万円+α

が限界引き額のようです。

ここで注意したい点は、アルファードはグレードによって価格の差が大きく、40万円がどの価格帯の平均値であるかがわからない部分にあります。

アルファードの最低価格は約320万円

最高価格は700万円と、その価格差は380万円です。

車の値引きは車両価格の1割程といわれていますので、320万円のグレードで40万円の割引を引き出すのはかなり難しいでしょう。

アルファードが人気車種であることを考えたら、ディーラーから大幅な値引きを引き出すためには日産エルグランドやBMW2シリーズグランツアラーなど価格帯が似たライバルと徹底的に相見積もりを取るなど、手間が必要となってきます。

近年のトヨタディーラーは、基本はワンプライス戦略を取りつつ、購入意欲のある顧客だけに値引きを提示していくスタイルをとっています。値引きを営業マンから引き出すためには、アルファードを真剣に検討している姿勢が大切になってきます。

とはいえ、私が懇意にしているディーラーの営業マンからの話では、40万円という数字はよほど売上に困っていないかぎり提示できる数字ではなく、その中には下取り車からの充当分も含まれているのではないか?という意見をいただきました。

下取りの価格が低いわけ

ディーラーは下取り車の査定を予め低く見積もって、その一部を割引原資に当てているのは、多くの方がご存知だと思います。

では、なぜディーラーは一種顧客を騙すようなことをするのでしょうか?

一つは、ディーラーにとって下取り車というのは売れるかどうかがわからない、負債の仕入れでリスクのある行為だからです。

よく考えればわかることですが、下取りした車の多くはディーラーの中古車ゾーンに並びます。

ディーラーが責任をもって保証をしなくてはならない車両ですから、買い取ってそのまま店頭に並べるわけにはいきません。所定のメンテナンスをしなくてはいけないのです。

買い取った車の自動車税やメンテナンス費用はすべてディーラー持ちとなりますから、仕入れ値はできるだけ少なくしたいのが本音なのです。

一括買取査定で愛車(資産)を最大限活用する

アルファードの値引きは40万円程ですが、これは売れ筋の500万円クラスのグレードに適応されるものでしょう。

そして残念ながら、どんなに相見積もりをとってライバルと比較検討しても、そこから更に上積みされる金額はせいぜい5万円と言ったところです。

あなたが根気強く交渉して5万円を引き出しても貴重な休日を何日も潰したのなら、その休日にバイトや出勤をしてお金を稼いでいたら5万円以上の価値になって頭金が増やせていたはずです。

大事なのはいかに自分の持っている時間や資産を活用してくるまをやすくかうかではないでしょうか?

新古車は諸費用も節約できる

新車を購入するときに一番大きな負担はなんといっても、諸費用です。

車1台を購入するごとに、車両価格の10%ほどの経費と諸税が必要となります。

減税が受けられるモデルであれば、車両価格の5%まで抑えられますが、アルファードほどの車両となると25万円ほどは必要です。

トヨタ公式が用意している諸経費のシュミレーション結果では、

  • 車両価格470万円グレードのエコカー減税適応モデルでは25万7,000円
  • 減税なしの3.5Lモデルは35万円

となりました。

値引き額の限界値が40万円前後と考えたら、諸経費で値引きのすべてが吹き飛ぶようなものです。決まった費用ですから仕方がありませんが、やっぱり寂しいものがあります。

値引きも大切ですが諸経費をどれだけ少なくするのかも、アルファードを購入するときに考えなくてはいけないことなのです。

そこで数は多くありませんが、アルファードには新車登録のみの中古車(通称新古車・未使用車)が市場にたくさん出回っていますので、そのような車両を狙って購入するのも一つの手段だともいえます。

アルファード新古車・未使用車のメリット

新古車は新車取得時にかかる重量税の支払いが必要ありません。

さらに、新車で購入するとアルファードの車両価格0.9×0.05が所得税として課税されますが、未使用車だと車両価格0.681×0.05の金額が所得税となるのです。

登録後一ヶ月だけ経過したほぼ新車の車も、最初から価値が約3割減で税金計算されますから、これだけでも数万円単位で取得費用が変わってきます。

そして何より車両価格が最初から安く、グレードや装備の希望さえ会えば即納にも対応できることがあるのです。

新古車は主に軽自動車が主流の販売方法ですが、年々普通車や高級車でもその数を増やしてきており、新車相当の車を安く手に入れる手段の一つとなっています。

総合的な値引きで言えば、限界値40万円の値引き相当かそれ以上のパフォーマンスを期待できるのが新古車の魅力といえるでしょう。

デメリットとして目当てのグレードやカラーを選べない可能性もあることから、新車値引きと新古車を平行して探すことをおすすめします。

新古車はディーラーで買わなくても、カーオークションから購入しても所定の点検さえディーラーで受ければ新車保証が受けらるので、万一の故障でもありません。

一括買取査定で愛車を資産として活用する

アルファードを安く買うためには、下取りの見積をお願いする前に、自分の車の価値を一度知っておく必要があります。

昔は買い叩きと言われた下取りでも、買取店に負けないくらいの査定額を提示してくれることが増えてきました。

ですが、カーオークションの相場をよく知っている買取店の見積する金額を知っておくことの価値は今でも変わりません。

ただし買取店も1社だけの見積では、ディーラー下取りと同じで安く見積もられてしまいます。だからこそ複数店舗から見積もりをとって買取価格を競わせる一括査定サイトを利用することが重要なのです。

見積は無料で、見積もってもらったから売却が必須ではありません。

ここで重要なのは、あなたの愛車の資産価値がどれだけあるのか、正しい数値を知ることにあります。

正しい数字を知っているか否かで、交渉の幅はぐんと広がるので利用しない理由もありません。

楽しい次期愛車選びを、小さな失敗で残念なものにしてしまわないためにも、新しい車の検討を始めたタイミングで一括査定サイトで自分の愛車の価値を知っておきましょう!

スポンサーリンク