3度の飯よりクルマが好き!

アウディのスポーツカー「TTクーペ」の魅力に迫る!

アウディTTクーペは、VWゴルフやアウディA3をベースとした2+2シーターのスポーツカーになります。

1998年にデビューした初代はホイールアーチ、フロントやリアエンドなどの多くが円のモチーフで構成され、コンセプトカー並みのエクステリアデザインが特徴的なモデルです。

2006年には2代目にチェンジし、先代モデルのエクステリアイメージを保ちつつフロントはシングルフレームグリルになり、ボディは7割がアルミニウム製になっています。

2015年には3代目となる現行モデルへバトンタッチし、先進の装備と操縦性能を与えられましたが、個性的な内外装を持つパーソナルスポーツカーのキャラクターはそのままです。

アウディのスポーツイメージを象徴する、アイコニックなモデルのTTクーペの魅力に迫ります。

アウディのスポーツカー「TTクーペ」ってどんなクルマ?

アウディTTクーペは、VWゴルフと同じ「MQB」プラットフォームをベースに開発されています。

サイズは全長4,180mm×全幅1,830mm×全高1,380mmのロー&ワイドボディです。

シャーシーはベース部にスチール、上部構造とアウターパネルの多くにアルミニウムや高張力スチールを採用したハイブリッド構造で、レーザー溶接や構造接着剤を使用し、剛性が大幅にアップしています。

設計の最適化により、アルミニウム使用率の高かった2代目よりも50kg軽いボディです。

パワートレーンは1.8リッター直列4気筒DOHCターボと、2.0リッター直列4気筒DOHCターボの二種類で、スタート&ストップ機構(アイドリングストップ)とエネルギー回生システムが付いた環境対応のユニットになります。

グレード パワーユニット スペック 燃費 価格
1.8 TFSI 1.8L直列4気筒 DOHCターボ 180ps/5,100-6,200rpm

25.5kgm/1,250-5,000rpm

16.6km/L \4,690,000
2.0 TFSI quattro 2.0L直列4気筒 DOHCターボ 230ps/4,500-6,200rpm

37.7kgm/1,600-4,300rpm

14.7km/L \5,890,000

1.8TFSIFFでデュアルクラッチ式AT7Sトロニック、2.0TFSI quattroはフルタイム4WDのクワトロシステムと6Sトロニックの組み合わせになります。

アウディ伝統のクワトロシステムは、横置きエンジン用の電子油圧制御方式のマルチプレートクラッチを使った最新のシステムです。

走行状況や路面状況に合わせ、リニアに駆動トルクを可変制御します。

サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リアは4リンクのマルチリンク方式です。

オプションで磁性体を使用して減衰力を変化させるアウディマグネティックライド(\160,000)を装備でき、走行状況に応じて設定を変えることによって、乗り心地とドライビングダイナミクスを向上できます。

エンジン特性やミッションのシフトタイミングなどをオート/コンフォート/ダイナミックなどのモードにより設定を変えられる「アウディドライブセレクト」との連動や変更も可能です。

標準装備とオプション

標準装備は、

  • MMIナビゲーション
  • アウディミュージックインターフェース
  • デラックスオートマチックエアコンディショナー
  • アドバンスドキーシステムなど

となります。

オプション装備は、

  • レザーシート
  • マトリクスLEDライト
  • Sラインパッケージなど

以上がオプションです。

グレードの装備差

グレードの装備差は少なく、2.0TFSIの追加装備は、

  • LEDヘッドライト(通常タイプ)
  • LEDリアダイナミックインディケータ(流れるウィンカー)
  • ランバーサポート付き電動調整シート
  • 18インチアルミホイール
  • パーキングシステム(リア)

となります。

安全装備

  • 自動駐車できるパークアシスト
  • 側方と後方からの接近車の注意喚起を行うアウディサイドアシスト
  • ステアリング制御を行い車線維持するアウディアクティブレーンアシスト

以上がオプション選択となり、緊急時の自動ブレーキ等の設定はありません。

リアシートは装備されますが、足元は最小で頭上空間も無いのでまともに座れず、緊急用としても厳しい空間です。

トランク容量は標準で305L55分割可倒式のリアシートをたためば、高さ制限はありますが大きな荷物が積載できる実用性もあります。

TTクーペの魅力に迫る!

エクステリア

エクステリアのモダンでスポーティーなデザインはTTクーペの伝統です。

2代目から採用されたシングルフレームグリルはシャープな6角形となり、フォーシルバーリングスのアウディエンブレムはグリル内ではなく、ボンネット先端につきます。

アーチ状のルーフや前後のオーバーフェンダーには丸い初代の面影がありますが、ショルダーラインやサイドのプレスラインは水平になり、切れ長のヘッドランプなど全体的にシャープなイメージです。

全長で10mm短縮されたボディもあり、先代よりも凝縮感がありスポーツムードが強調されています。

インテリア

インテリアはスポーツカーらしいタイトなコックピットで、アウディらしいアルミ調の加飾と選び抜かれた素材を組み合わせた上質な内装です。

センターコンソールにディスプレイは無くスイッチ類も最小限で、3つ並んだ大きな円形のエアコン吹き出し口が特徴になります。

ドライバー前のメーターバイザー内にはアナログメーターが無く、すべてが12.3インチの液晶ディスプレイとなる「アウディバーチャルコックピット」です。

フルデジタル表示の速度計や回転計だけでなく、各種の運転情報や車両設定画面、ナビゲーション画面も表示されます。

表示の変更は、ステアリング内のファンクションボタンか、シフトセレクター後方のダイアルとタッチパッドで操作するMMI(マルチメディアインターフェイス)で切り替えや入力が可能です。

エアコンの操作パネルは無く、センターのタービン状のエアコン吹き出し口中央のダイアルで調節する斬新なデザインですが、操作感は悪くありません。

走りの魅力

TTクーペは、スポーツカーとしての性能も十分に確保されています。

エンジンは1.8リッターでも十分ですが2.0リッターではよりパワフルになり、切れ目なく瞬間的に変速するミッションの性能も高くスムーズな加速です。

ステアリングは剛性感と応答性に優れ、狙ったライン通りにトレースします。

標準のサスペンションでも操縦安定性は高く、乗り心地は固めですが不快な突き上げはありません。

低いドライビングポジションや高めのスカットルで、運転席からの視界からくる体感速度も高く、スポーツムードを十分に愉しめます。

上位グレードのTTロードスターとの違いは?

TTロードスターは、TTクーペの屋根を取り払いソフトトップとしたオープンモデルです。

後席はソフトトップの収納場所となるため、2人乗りとなります。

ソフトトップの素材は厚みのある「アコースティックソフトトップ」を採用し、遮音性が高くソフトトップとは思えないほど車内は静かです。

時速50km以下なら走行中でもボタン一つで開閉が可能で、時間も10秒程度しかかかりません。

オプションで、後方から巻き込む風をブロックする電動式のウィンドウブロッカ-も装備でき、高速でオープンにしても快適にドライブできます。

ベースはクーペの2.0TFSI quattroで、スペックや装備は同一です。

グレード パワーユニット スペック 燃費 価格
2.0 TFSI Quattro 2.0L直列4気筒 DOHCターボ 230ps/4,500-6,200rpm

37.7kgm/1,600-4,300rpm

14.4km/L \6,050,000

ソフトトップの装着やオープン化に伴うボディの強化を行ったため、クーペの車重1.37トンに対し100kg重い1.47トンとなり俊敏性はやや劣ります。

価格も\160,000上がりますが、オープンエアモータリングの愉しみの代償としては安いものです。

まとめ

歴代のTTクーペは「お洒落なクーペ」としてのイメージが強く、本格的なスポーツカーとしての印象は薄い部分がありました。

現行モデルはエッジが立ちシャープさが引き立つエクステリアデザインや革新的なコックピットのインターフェース、正確性と俊敏性を兼ね備えたハンドリング性能など、スポーツカーとしての実力は格段にアップしています。

実質的には2人乗りの2ドアで、低い車高で乗降性や居住性も良くないとなればファーストカーとして選べる人は限られるはずです。

それでもスポーツカーの独特な雰囲気は、他のクルマでは代えがたい魅力があります。

エクステリアデザインだけでなく、実力も備えたアウディTTクーペとロードスターは、マイカーにスポーツ性を求めたいクルマ好きにはピッタリです。

スポンサーリンク