3度の飯よりクルマが好き!

アウディA1のモデル比較!欠点は後部座席の狭さか?

アウディの中で最も小さなモデルがA1です。

3ドアと5ドアのスポーツバックをラインナップし、全長4m以下のコンパクトなボディで、車両価格も250万円からスタートするエントリーモデルになります。

市街地の狭い路地でも心配なく入っていける気軽さとアウディならではの上質感で、2011年の日本導入以来2万台以上、グローバルでも50万台以上販売された人気モデルです。

コンパクトSUVのQ3とともに、A1は日本でのアウディブランドの浸透にも貢献しています。

コンパクトサイズにプレミアム感を詰め込んだA1の魅力を解説します。

アウディA1ってどんなクルマ?

ボディは全長3,985mm×全幅1,740mm×全高1,425mm日本の道路事情でも使いやすいサイズで、最小回転半径は5.0mなので小回りもききます。

VWポロとプラットフォームを共有し、サスペンション形式もフロントがストラット、リアはトーションビームと同形式です。

アウディが得意とするアルミボディではありませんが高張力鋼版の採用で軽量化され、車重も1.1~1.2トンと軽量になっています。

A1は “Urban egoist(アーバン エゴイスト)”をキーワードに開発され、ユーザーターゲットのイメージは、

  • 3ドア:「自分の価値観を大切にする高い審美眼を持った都市に住む独身者やカップル」
  • スポーツバック:「ライフスタイルにこだわりを持つ若いファミリー層」

となります。

ターゲットのイメージ通り、エクステリアはコンパクトながらも上質で洗練されたデザインです。

オーバハングが短く、4輪が四隅に追いやられ、シンプルなラインで纏められたボディは控えめながらも個性があります。

シャープなヘッドランプとハイパワーモデルのS1に似たバンパーでスポーティーさもあり、グリルはアウディの象徴シングルフレームです。

5ドアのスポーツバックは3ドアのBピラーを230mm前方へ移動させフロントドアを短縮し、ルーフを80mm伸ばすことでリアドアを装備しています。

※A1スポーツバック※

そのため、3ドアとスポーツバックともボディサイズは同一ですが、リアの傾斜やハッチゲートの形は微妙に異なるデザインになりました。

大きく異なるのはルーフラインで、3ドアはリアハッチの傾斜が強いアーチ状でクーペライクな軽快感があり、スポーツバックは実用性を感じるストレートなルーフになります。

※A1※

アウディA1は多彩なカスタマイズが魅力!

A1には乗る人の個性を際立たせる、多彩なカスタマイズメニューが準備されています。

ボディカラー・ルーフカラーの組み合わせ

ボディカラーはホワイトのソリッドカラー、ブルーやベージュのメタリック系が6色、レッドのパール系1色の8色が選択可能です。

またオプションでルーフ部を別カラーにできるコントラストルーフを準備し、ボディカラーとルーフカラーの組み合わせは14通り。

3ドアはサイドウィンドウ周辺のルーフアーチ部、スポーツバックはアーチとルーフ全体が塗り分けられ、お洒落に存在感が高まります。

カラーの他にも3種類から選べるスポーツテールパイプフィニッシャー、アルミホイールも4種類から選べます。

インテリアのカスタマイズも可能

インテリアは航空機の翼をモチーフにした広がりのある2分割ダッシュボードで、タービンを模した4つの円形のエアベントが特徴です。

シンプルなデザインですが、素材やパーツの組み合わせ精度が高く、コンパクトカーとは思えないクオリティでアウディらしい上質感を味わえます

内装色はシルバー加飾をアクセントとしたブラック基調ですが、エクステリア同様にカスタマイズが可能です。

エアベント部分のスリープのカラーはマットブラック、ハイグロスブラックが標準ですが、オプションでハイグロスホワイト、スチールグレイ、レーザーブルーなどのカラーを選べます。

シートは標準がファブリック、レザーシートはオプションです。

ファブリック、レザーともにブラック×ブラック、ブラック×ブルーから選択となり、ブラック×ブルーの場合はシート中央とドアトリムの一部が落ち着いた青色になります。

A1/A1スポーツバック 1.4TFSI専用のS lineスポーツパッケージ

スポーティーにカスタマイズするには、スポーツバンパーやスポーツサスペンション、インテリアのアルミニウム調エアベントスリーブ、専用ドアシルプレートなどがセットされるS lineスポーツパッケージがおすすめです(35万円)。

A1/A1スポーツバック 1.4TFSIのみ選ぶ事が出来ます。

アウディA1の性能・価格は?

パワートレーンはアウディ初の1.0L直噴3気筒DOHCターボエンジン(1.0 TFSI)と、1.4L直列4気筒DOHCターボエンジン(1.4TFSI)の2種類です。

注目はフォルクスワーゲンUP!のユニットをベースに新開発された1.0 TFSIエンジンで、パワーは95ps、トルクは16.3kgmになります。

バランサーシャフトを取り付ける事により3気筒特有の振動を抑え、燃費も22.9km/L(JC08モード)と優秀です。

1.4 TFSIのパワーは150ps、トルクは25.4kgmで気筒休止システム「シリンダー オン デマンド」を備え、燃費は21.1km/Lとなります。

トランスミッションは共にDCT(ダブルクラッチトランスミッション)タイプの7速Sトロニックです。

車体の軽さや7速ミッションの効果もあり、1.0Lモデルでも動力性能は十分で、控えめな排気量を意識させないほどスムーズに加速します。

1.4Lモデルではより印象的な加速を得られますが、コンパクトカーらしい軽快さでは1.0Lモデルが好印象です。

剛性の高いボディとしなやかなサスペンションで、乗り心地はしっかりとしていて落ち着いています。

初期モデルでは油圧式だったパワーステアリングは電動式に変更になり、正確で軽快なハンドリングにセッティングされました。

A1の駆動系統はFFのみで、ハイパワーバージョンのS1スポーツバックのみクワトロシステム(4WD)が装備されます。

各グレードの価格は以下の通りです。

A1 価格(円) A1 Sportback 価格(円)
1.0TFSI \2,490,000 1.0TFSI \2,690,000
1.0TFSI sport \2,650,000 1.0TFSI sport \2,850,000
1.4TFSI sport \3,290,000 1.4TFSI sport \3,490,000

3ドアとスポーツバックの価格差は20万円ですが、リアシートが6:4分割可倒式(3ドアは一体可倒式)になる以外の装備差はありません。

1.0Lモデルはマニュアルエアコン(オプションでオートエアコンに変更可能)となり、アドバンスドキー、アウディパーキングシステム、LEDリアコンビネーションランプなどがオプション扱いです。

sportグレードには、ランバーサポート付きスポーツシート、エクステリアではスポーツサスペンション、16インチアルミホイールにフロントフォグライトやテールパイプのハイグロス調仕上げが装備されます。

メモリーオーディオを接続して音楽が楽しめるアウディミュージックインターフェイスと8スピーカーシステムは標準ですが、ナビは全車オプションです。

SSDナビゲーションはETCとキセノンヘッドランプのセット(36万円)、その他にもパノラマサンルーフ(1.4Lのみ14万円)、ミラノレザーシート(25万円)などが選択できます。

A1のウィークポイント

後席が狭い

コンパクトなボディサイズとデザイン優先の設計もあり、後席の居住空間はミニマムです。

特にリアシートの前後方向とヘッドクリアランスは余裕がなく、フル4シーターとして使うには厳しい空間になります。

5ドアのスポーツバックでもスペースは変わりませんので、大きなお子さんがいるご家庭では必ず実車での確認が必要です。

また、ラゲッジ容量も270L(後席利用時)とそれほど広くはなく、リアゲート開口部も高めなので積載性はよくありません。

安全装備不足

今や軽自動車でも標準となっているエマージェンシーブレーキが装着できない点です。

前車追従式クルーズコントロールだけでなく、通常のクルーズコントロールもありません。

A3には2017年のマイナーチェンジで標準装備されていますので、A1にも早めの展開を望みたいところです。

まとめ

国産コンパクトカーでは味わえない内外装と走りの上質感は、A1ならではの魅力です。

輸入コンパクトカーの中でもサイズ的にライバルになるのはMiniになりますが、エレガントで落ち着いた雰囲気ながらもスポーティーなA1は、Miniとは違う個性があります。

A1はアウディの中で最廉価とはいえ手抜きや妥協はなく、高級カメラや高級腕時計の様に所有欲を裏切らないモデルです。

3ドアとスポーツバックの選択でも悩みますが、オリジナルデザインでバランスが良い3ドアのコントラストルーフ仕様で、軽快にドライブするのがA1を一番贅沢に楽しめるはずです。

スポンサーリンク