3度の飯よりクルマが好き!

アウディQ3は今買うな!先進の安全装備が追加されるモデルを待て!

世界的にブームになっているクロスオーバーSUVの中でも、コンパクトクラスは激戦区になっています。

アウディQ3は大型のQ7、ミドルクラスのQ5に続き2011年に投入されたコンパクトSUVです。

セダンのA3をベースとし、同じグループのVWティグアンとは兄弟車になります。ドイツ製高級車のメルセデスベンツやBMWとも異なる魅力を持つアウディ。

輸入車の中でも、着実に販売台数を伸ばしているアウディ躍進を支えるQ3、人気の秘密を探ります。

アウディQ3ってどんなクルマ?

コンパクトSUVとはいえボディサイズは全長4,400mm×全幅1,830mm×全高1,615mmで、全幅はハリアーやCX-5に近い3ナンバーサイズになります。

全高はSUVとしては低いと感じるでしょう。

しかし最低地上高は170mmあり、オフロードや轍の深い雪道でも気をつかう必要はありません。

全体のフォルムはQ7、Q5のサイズを縮小した相似形ですが、よりオンロード寄りのイメージで都会的な雰囲気を持っています。

ボディパネルの継ぎ目のタイトさや塗装の上質さ、くっきりとしたプレスラインなどは、コンパクトクラスとはいえ「さすがアウディ」と思わせる仕上がりです。

アウディを象徴するシングルフレームグリルは上部をヘッドライトにつなげたデザインで、グリル内の横方向のルーバーもあり立体感と存在感が増しています。

オプションで組み込まれる「LEDパッケージ」では、ヘッドランプの他ポジションランプ、ウインカー、コーナリングライトがLED化され、テールランプの光が流れるように点滅するLEDウインカーは、国交省認可後の国内採用第一号です。

インテリアは機能性を重視したアウディらしいシンプルなデザインですが、エアコンの吹出口や各パネルを縁取る細身のクロームパーツや、マットなアルミの素材感を生かしたパネルなどが上質さを演出します。

メーターはアナログ表示の2眼式で、センターにマルチインフォメーションディスプレイをレイアウト。

握り心地の良い本革ステアリングや、固めの座り心地で疲れにくいシートなど運転席周りは質感や機能ともに不満はありません。

ブラック基調のインテリアで遊び心はありませんが、触感のよい素材が随所に用いられ、組み付け精度の高さも相まってシンプルながら高品質な仕立てを感じる事ができます。

エクステリアデザインからキャビンのウィンドウエリアは狭く見えますが、着座位置の高さもあり運転席の視界は良好で開放感のある室内です。

アウディQ3は街乗りからアウトドアもこなせる!

居住性や積載性の良さもQ3の大きな魅力です。

後席の居住スペースは、低い車高と絞り込まれたルーフの割にはヘッドクリアランスもあり、広い足元も含めてミドルセダン並みのスペースがあります。

4WDのクワトロシステムを搭載したモデルでも、センタートンネルの高さを最小限にしているため、後席の足元は比較的フラットです。

シートバックは60:40の分割可倒式で、ラゲッジ容量は460L(後席利用時)、1365L(最大)の大容量で、荷物の多いキャンプやレジャー、組み立て家具の持ち帰りなどにも重宝します。

中央のアームレストも倒すとラゲッジとつながる構造のため、スキー板などの長尺物を車内に積載することも可能です。

ドライブフィールの滑らかさ

ドライブフィールはとにかく「滑らか」の一言に尽きます。

ターボエンジンのスムーズな吹け上がりとフラットなパワー特性、電動パワーステアリングの操舵感、デュアルクラッチトランスミッションの変速ショックの少なさなど、精度の高いメカニズムを操っている感触は高級車ならではです。

低速域の多い街乗りでは軽快なフットワークで気持ちよく走る事ができ、高速道路が多い長距離ドライブでは、直進性の良さと安定性の高さで安心して走ることができます。

やや硬めの乗り心地ですが、不快な突き上げは無く静粛性も十分です。

さらに「アウディドライブセレクト」は、パワーステアリング、エンジンやミッションの制御を4つの走行モードに合わせて変更し「コンフォート」モードでは、より静かで快適なドライブが可能です。

オプションのダンピングコントロールサスペンション(150万円)を装着すると、ドライブセレクトに合わせてサスペンションの減衰力も電子制御されます。

4WDはアウディ伝統のクワトロシステムになりますが、縦置きエンジンのQ7やQ5と異なり、横置きFFベースにハルデックスカップリングを使用したスタンバイ方式です。

電子制御油圧多版クラッチ機構を持ち、通常はFFで走行し、路面状況に応じ前輪の空転を検知して最大50%のトルクを後輪に伝達します。

VWやボルボなどとシステムは同じですが、アウディ独自の制御でトルク分配のレスポンスがよく、スリップしやすい雨天時や雪道でも安定した走行が可能です。

十分な積載性と快適な居住性を備え、オンロードでもオフロードでも快適に走行できるQ3は近所のちょっとしたショッピングや、ファミリーや友人との長距離ドライブでも安心してドライブできるマルチプレイヤーとしての性能を持っています。

アウディQ3の性能や価格

ベーシックグレードの1.4リッターエンジン搭載車はFFのみ、Q5と同じユニットを搭載する2.0リッターエンジン車はエンジンの出力違いで2グレードあり、クワトロ(4WD)のみとなります。

 グレード エンジン パワー/トルク 燃費(km/L) ミッション 価格(万円)
1.4 TFSI 1.4L直4ターボ 150ps/25.5kgm 17.4 6速 Sトロニック 369
1.4 TFSI Sport 386
2.0 TFSI quattro 2.0L直4ターボ 180ps/32.6kgm 15.0 7速 Sトロニック 459
2.0 TFSI Quattro 220ps/35.7kgm 14.9 539

直噴システムなどの省燃費技術により1.6トンある車重にもかかわらず燃費は優秀ですが、ガソリンは無鉛プレミアムガソリン仕様です。

1.4 TFSIはバイキセノンヘッドランプ、リモコンキー、アルミホイールが標準装備され、1.4 TFSI Sportではランバーサポート付きスポーツシート、Vデザインアルミホイールなどに変更されます。

ただし、エアコンはマニュアル(9万円のオプションで変更可能)、クルーズコントロールやリアビューカメラもオプションです。

2.0 TFSI quattroはオートエアコン、アドバンスドキーシステム、ヒルディセントアシストなどが標準装着となります。

メモリーオーディオを接続できる「アウディミュージックインターフェース」は全車標準装備ですが、HDDナビやCDプレーヤーがセットになるMMIナビゲーションは24万円です。

その他主要なオプションは以下の通りです。

  • 本革シート+シートヒーター、木目パネルがセットされたレザーパッケージ:31万円
  • プライバシーガラス:7万円
  • オートマチックテールゲート:8万円
  • パノラマサンルーフ:19万円
  • パーキングシステム+リアビューカメラ:12万円

ボディカラーは8色ありますが、コルティナホワイト以外はすべて7万円の有償カラーで、必要なオプションを装着していくと、それなりの金額になるのは頭が痛いところです。

安全装備

安全装備はエアバック、リアサイドエアバックが標準ですが、レーダセンサーで左右・後方からの接近を警告する「アウディサイドアシスト」、走行レーンを認識し逸脱を検知しステアリングを自動修正する「アウディアクティブレーンアシスト」がクルーズコントロール、ハイビームアシストとセットオプション(アシスタントパッケージ・17万円)になります。

Q3唯一のウィークポイント

今や当たり前のように装備されている衝突被害を軽減するエマージェンシーブレーキ、前車追従式クルーズコントロール、自動運転支援システムなどの先進安全装備がない点がQ3唯一のウィークポイントです。

まとめ

ドイツの高級車ブランドの中でも威厳的なメルセデスや、スポーティーさを押し出すBMWと比較して、高品質でエレガントでありながらも、主張しすぎず親しみやすいデザインや質感もアウディの魅力です。

特にQ3はセダンのAシリーズや、ワゴンのアバントよりもカジュアルな雰囲気で、アウトドアから都会のフォーマルな場所までマルチに活躍してくれます。

ベースグレードの1.4 TFSIでも内外装の上質感やしっかりした走りは楽しめますが、ウィンタースポーツやキャンプなどの趣味の道具として、また雪道や雨天路での安全性を重視するなら2.0 TFSI quattroのマルチパーパス性能は必要不可欠です。

どちらのグレードにしても、クルマの評価項目の全てで高得点をマークするQ3は、輸入SUVの中では「買い」の一台と言えます。

スポンサーリンク