3度の飯よりクルマが好き!

アウディS4の評価は?安全装備も抜かりの無いスポーティーなクルマ!

ラリーや耐久レースなどに参戦するアウディには高級車ブランドとしてだけでなく、スポーティーなイメージがあります。

市販車では、ベーシックなAシリーズのハイパフォーマンスバージョンとしてSシリーズをラインナップ、その中でもA4をベースにしているのがS4です。

S4はセダンとステーションワゴンのS4アバントがあり、A4にハイパワーな大排気量エンジンを搭載しただけでなく、様々なチューニングを行っています。

全方位での高性能を追求したプレミアムスポーツのS4を徹底解説します。

アウディS4ってどんなクルマ?

S4のエクステリアデザインのテーマは、「慎みのあるスポーティネス」。

歴代Sシリーズの伝統通り、仰々しいエアロパーツなどは装着されず、A4との違いは感じさせつつも高性能アピールは控えめな印象です。

A4との違いは、フロント周りではシングルフレームグリルがマットアルミ調に仕上げられ、ヘットライトのグラフィックやバンパーのエアインレットなどスポーティーな印象を与えるように変更されています。

リアもバンパーの形状が変更され、下部にはアルミカラーのディフューザーを装着。その左右両端から楕円のマフラーが2本ずつ顔を出し、迫力のあるリアエンドです。

そのほかでは、アルミ調仕上げのドアミラーやウィンドウ廻りのトリムがクロームになり、フェンダーには「V6T」、グリルとトランクリッド(S4アバントはテールゲート)には「S4」のロゴが装着されます。

インテリアではヘッドライニングがブラックになるほか、黒を基調とした「カーボンアトラス」の装飾パネルなど、全体的に落ち着いた雰囲気です。

ペダルとフットレストはステンレス製になり、シートはSモデルのロゴが入ったアルカンターラとレザーのコンビスポーツシートになります。

Sモデルのロゴは、ステアリングホイール、シフトゲート、ドアシルガードやメーターバイザーなどインテリアの各所に配されるほか、メーター表示をすべて液晶パネルで行うバーチャルコックピット(オプション)も専用の画面デザインです。

S4アバント

S4アバントは、セダンのルーフを後部へ伸ばし荷室を確保したステーションワゴンになります。

ワゴンとしては傾斜したリアデートやサイドのウィンドウグラフィックスなど流麗なエクステリアで、ラゲッジ容量はセダンの480Lに対し、S4アバントでは505リッター(後席利用時)から1510リッター(最大)と広大で使いやすいスペースです。

ハイパフォーマンスとワゴンのユーティリティを求めるユーザーにはピッタリのモデルといえます。

アウディS4は運動性能バツグン!

パワーユニットは3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンで、「3.0 TFSI」と呼ばれています。

先代モデルを21ps上回る354psの最高出力と、51.0kgmの最大トルクを実現したハイパワーユニットです。

バルブタイミングを制御し吸気行程を短縮して燃費効率を高めるミラーサイクルの技術や、11.2という高い圧縮比を取り入れた「Bサイクル」と呼ばれる燃焼方式を採用しています。

従来はアクセルレスポンスを重視しスーパーチャージャーによる過給システムでしたが、現行モデルでは新設計のツインスクロールターボユニットをVバンクの間に搭載。

過給レスポンスを向上するため、両バンクの内側を排気、外側を吸気とするレイアウトにより排気経路を短縮しています。

エンジン本体はシリンダーブロックとクランクケースをアルミ合金製、シリンダーライナーを鋳鉄製とすることで、ハイパワーに応じた耐久性を確保しつつ14kgの軽量化に成功しました。

トランスミッションはトルコン式の8速AT「ティプトロニック」で、走行抵抗を低減するフリーホイーリングモードを装備しており、この機能は55km/h以上でドライバーがアクセルから足を離すと、エンジンとミッションを切り離して空走することで燃費低減を図るシステムです。

燃費も2ケタを超える12.7km/L (JC08モード)で、パワーが上がったにも関わらず先代モデル(12.6km/L)より、わずかに向上しています。

駆動方式は、アウディ伝統のフルタイム4WD「クワトロシステム」です。

前40:後60をベースに、前70:後30 ~前15:後85の間で連続的に駆動力配分の可変制御を行います。

さらにフルタイム4WDの弱点でもあるアンダーステア対策として、高速コーナリング時に内輪にブレーキをかける制御を行うトルクベクタリング機能を標準装備。

オプションで後輪左右の駆動力配分を可変制御する、スポーツデファレンシャル(19万円)も装着可能です。

足まわりはダンピングコントロール付きS4専用サスペンションを採用し、A4に対して車高は20mm下がります。

走行モードに合わせダンパー特性、ステアリングギア比とアシスト量、トランスミッションのシフトスケジュール、エンジン出力などの設定を変更する「アウディドライブセレクト」を装備。

コンフォート、ダイナミック、オート、燃費優先のエフィシェンシーの各モードの他、インディビジュアルモードでは自分好みの設定にすることが可能です。

動力性能は0-100km/hタイムで4.7秒(S4アバントは4.9秒)と先代モデルよりも0.3秒短縮され、メルセデスベンツAMG C43より0.2秒、BMW 340iより0.4秒速いタイムになります。

高速域でのスタビリティも高く、日本では法律が許しませんが250km/hでの巡行も可能です。

スポーツモデルなので固めの乗り心地を想像しますが、先代モデルより100kg軽量化された車重と、しなやかに動くサスペンションの効果で、快適な乗り心地と上質なドライビングフィールを備えています。

静粛性も高く、加速も俊敏で余裕のある走りは、ロングツーリングでもストレスなくドライブを楽しむことができます。

先進安全装備の数々

エマージェンシーブレーキなどの先進安全装備でアウディは一歩遅れていましたが、S4はライバルを上回る最新の安全技術を標準で搭載しています。

アウディプレセンスシティ”は約10 – 85km/hで周囲のクルマや歩行者を感知し、接近の警告を行うとともに衝突の危険性があればブレーキングを自動的に行います。

アウディサイドアシスト”は2つのレーダーセンサーで隣車線の後方から近づくクルマを15km/h~250km/hの速度域で感知するシステムです。

死角にクルマがいる時などはシステムが車線変更の際の危険を予測し、該当する側のドアミラーに搭載されたLEDが点灯してドライバーに警告を発します。

アウディプレセンスリア”はリヤバンパーに装備したレーダーセンサーで後方から接近するクルマや自転車などを監視し、フロントのシートベルトを自動的に巻き上げて乗員の注意を喚起、追突の際の衝撃を低減できるように備えます。

エグジットワーニング“は、ドアを開ける際に、後方から近付いてくるクルマや自転車を感知すると、ドアトリムの赤いLEDやドアミラーの警告LEDが点灯し警告する機能です。

さらに、駐車スペースからバックで出る場合には、”リヤクロストラフィックアシスト”が車両後方のクルマをレーダーで検知し、近づいてくるクルマをMMIディスプレイに表示します。

アダプティブクルーズコントロール“は0km/h~250km/hで作動し、システムがブレーキやアクセルをコントロールして前方車両との車間距離を一定に保ちます。

トラフィックジャムアシスト”は0km/h~65km/hの渋滞時に先行車両を検知して制御を行い、停止して3秒以内であれば、先行車両に合わせて再発進することが可能です。

路線逸脱を防止する”アクティブレーンアシスト”とも連動し、自動的にステアリング修正を行う自動運転支援システムの機能もあります。

価格 S4:839万円 S4アバント:868万円

価格はS4が839万円、S4アバントが868万円、同価格で左ハンドル仕様も選択が可能です。

主なオプション

HDDナビゲーション、ステレオやアウディコネクトは標準装備、主要なオプションはマトリクスLEDヘッドライトパッケージ(10万円)、可変ギアレシオを装備するダイナミックステアリング(14万円)バーチャルコックピット(7万円)サンルーフ(16万円)、S sportシートが含まれるレザーパッケージ(37万円)があります。

まとめ

S4はA4の2.0TFSIクワトロの597万円と比較すると約240万以上の価格アップになり、オプションや諸経費を含めると1000万近いプライスになります。

スポーティーとフォーマルを高いレベルで融合した上質な内外装と、スポーツカー以上の動力性能とハンドリングを併せ持ち、S4の性能に死角はありません

対価が払えるのであれば、是非手に入れたいプレミアムスポーツです。

スポンサーリンク