3度の飯よりクルマが好き!

子どもが免許を取得!自動車保険の年齢制限と子供運転特約の違いは?

prius

保険料は年齢条件によって変わります。

統計的に見て、運転者の年齢層が上がると事故率が下がる為、年を追う毎に保険料も下がるのです。

現在の主流は21歳、26歳、30歳の区切りで保険料が変化します。

一部の保険会社では35歳以上や更に上の区分を設けている場合もあり、年齢条件に変化が見られますね。

結論から申しますと、各年齢に達したら直ぐに年齢条件を変更し、保険料を安くしましょう。

年齢条件で保険料が2倍以上変わる

保険料の変化を下記の条件で調べてみました。

見積り項目
車種・型式 ヴェルファイア・GGH25W
使用都道府県 東京都
年齢 30歳
等級 6等級
使用用途 主に通勤・レジャー

年齢条件 保険料/年
年齢を問わず補償 231,680 円/年
21歳以上補償 105,740 円/年
26歳以上補償 62,900 円/年
30歳以上補償 59,010 円/年

年齢を問わずに補償する条件の場合、とても高額になってしまいます。21歳以上に変更するだけで半分以下になり、26歳以上では3分の1になりました。

ここに加えて、等級が上がる事によって更に値引率が上がるのです。

この年齢条件による値引き額の違いは、保険会社の定める割引割増率によって決定します。

損保ジャパン日本興亜のデータを例に見ると、6等級の全年齢補償では28%割増されていまが、7等級の26歳以上補償では40%以上の割引がされています。

等級 等級
全年齢補償 21歳以上補償 26歳以上補償 35歳以上補償
6(S) 割増引率 28%割増 3%割増 9%割引 12割引
7(S) 割増引率 11%割増 11%割引 40%割引

引用:損保ジャパン日本東亜

6等級全年齢と7等級26歳以上で保険料に2倍以上の差が生まれるのです。

最近は細かい年齢区分を設けている保険会社も増えている

例)東京海上日動

区分としては「年齢を問わず・21歳以上・26歳以上・35歳以上」ですが、26歳以上・35歳以上を選択した場合。

年齢条件 被保険者年齢区分
26歳以上補償

35歳以上補償

30歳未満

30歳以上40歳未満

40歳以上50歳未満

50歳以上60歳未満

60歳以上70歳未満

70歳以上

年齢条件による保険料の変化が細かくなっています。

自分の年齢にあわせて条件を細かく設定できる為、保険料が安くなることもあります。

しかし、近年高齢者特有の認知力低下による事故の増加しています。この細かい年齢区分は、特定年齢以上の契約者の保険料を割高にするシステムでもアリますので、細かい区分の保険会社=保険料が割安とはならない点に注意して下さい。

残念ながら、高齢者への保険割引率低下は今後の自動車保険のトレンドとなってくるでしょう。

子供が運転する場合は「子供運転特約」を!

年齢条件設定で最も悩ましいポイントの一つは、18歳の子が車の免許を取得した時です。両親に合わせたの年齢設定のまま、子どもに運転させたら、事故を起こしても補償が降りることはありません。

最近の死亡事故の賠償金は数億円に膨れ上がり、保険がないと一生かけても支払えない額になっています。

運転に不慣れなため、事故をする可能性の高い若者だからこそ、保険料が支払われるように年齢制限を引き下げなくてはいけないのです。

ですが、35歳以上補償から全年齢補償に変更すると、保険料金が跳ね上がり家計への負担も大きくなります。見積の金額を見て補償年齢引き下げに躊躇してしまう人もいるくらいです。

そんな時は、子供運転特約の有無を保険会社に問い合わせてみてください。

子ども運転特約とは、契約している年齢条件に関係なく、特定の子供だけを補償に含める事が可能な特約です。普通に年齢条件の引き下げるだけでは、年間数万円の保険料アップに繋がることも。

子ども運転特約なら21歳以上同居家族を保証対象に加えても、年間約15,000円で収まります。我が子の運転を補償しながら、保険料の上昇を抑えることができるのです。

ただしこの特約はすべての保険会社が導入しているオプションではないため、契約会社の担当に必ず問い合わせて下さい。

まとめ

自動車保険は等級と年齢条件が保険料に大きく影響を与えます。保険料の負担を減らすためにも、年齢条件区分に達したら、速やかに引き上げの手続きをしてください。

自動車保険はほとんどの場合1年更新ですが、補償内容や条件はいつでも変更が可能です。

いま契約している保険の条件変更や特約の内容に納得出来ないようであれば、保険更新時に一括見積サイトを使って条件の良い保険会社に乗換えることで負担を少なくすることができます。

スポンサーリンク