3度の飯よりクルマが好き!

車の売却と廃車の基準は?廃車費用と買取査定について

車の売却と廃車を決める基準は?

baikyaku-haisya

日本人は車をとても大切に使います。そして頻繁に車を買換えます。それはリセールバリューが高い間に車を買い取りに出すことで、車検や納税を回避しつつ、ワンランク上の車を手に入れることができるから。

国策としても最新モデルに税制優遇をして、買換えを積極的に促している背景もあります。そのため日本の中古市場では綺麗な車が大量に流通するです。

そうなるとワザワザ壊れるリスクの高い、過走行や古い年式の車を買い取って、再販売するメリットはあまりありません。多くのディーラーでは古くて過走行気味の車は、下取りどころか廃車を促してくるのは、買取っても商品価値が無いと判断しているためです。

とはいえ、日本の車の多くは発展途上国の国から見てまだまだ走れる車ばかりです。しかしそれは部品を交換して修理すれば乗れるという話。メンテナンスや修理費用が高額になりがちな日本では、買取の基準がとても高くなるのです。

ですので、販売経路が日本国内に限られるディーラーでは下取りで廃車と査定されやすいのはしかたがないことなのです。

下取り査定したら廃車相当だから逆に廃車費用がかかると言われた

ディーラーで新しい車を買おうと思い、愛車を下取りに出してみた。

するとディーラーからは

「この車は廃車相当だから下取りできない。むしろ廃車費用がかかるからお金が必要。」

とディーラーは状態の悪い車は下取りしない傾向があります。

何故なら下取りした車は中古車販売店で品物として売り出されるのですが、下取り費用よりも修理費や整備費にコストを割かれては意味がありません。

ならば廃車にした方がディーラー側としても余計なお荷物を抱えなくて済むわけです。

しかし、ディーラーの廃車宣言を真に受けて廃車してはいけません。

1回は買取店に見積もりをしてもらう

ディーラーに廃車宣言された際は、それを鵜呑みにせずに、一度買取店で見積もりをしてもらいましょう。買取店は車の状態が悪くても自分で修理をしたり、独自の販売ルートをもっているので、値段がつかないことが中々ありません。

一括査定サイトで愛車を査定してもらう

 買取店で見積もりをする際は、1社だけではなく複数社に見積もりをしてもらいましょう。

買取店によって査定額が違うので、査定をするのなら一括査定サイトがオススメです。

家にいながら必要事項を記入するだけで、一括査定サイトは最大10社同時に買取査定の依頼が出来ます。

時間もかからず、とても簡単に出来ますよ。

自動車の中古市場はグローバル

自動車の中古市場は世界規模です。

日本だけしか販売ルートがない買取店よりも、グローバルな販売ルートがある買取店の方が高い値段は付きやすく、買い取れる車の幅も広いです。

発展途上国の人が日本車を欲しがっている

日本車をとても人気です。

安くて頑丈で壊れにくく、特に発展途上国の人は欲しくて仕方がありません。

舗装されていない凸凹道、険しい山道や砂漠地帯等ではランドクルーザー等の足回りがガッシリした車は重宝されています。

ハイエースやバン等は多くの人や荷物を運ぶのに最適です。

グローバルな販売ルートがないと需要がある発展途上国の人に届きません。

需要があると売る為の車が欲しいので、買取価格も上がるのは必然です。

日本では売れなくても、海外で売れるかもしれない

誰でも綺麗な状態の車を求めるのは当然で、古くてボロボロの車は人気がなく廃車を勧められる物もあるでしょう。

しかし、そんな車でも日本車というだけで海外では人気があるので、売れる可能性が十分にあります。

グローバルな販売ルートがある買取店なら、例え状態が悪くても売れる可能性が高いのです。

諦めずに1回は査定依頼を!

ディーラーで下取りを断られても、買取店だと売れる事があるので、諦めずに一回は買取店で査定を依頼してみてください。

売れる筈の車が廃車費用で逆にお金がかかってしまう事態は何としても避けたい所ですね。

どうしても値段がつかない!廃車費用はいくら?

ですが、どうしても値段がつかない車も存在します。

そんなときは廃車をする以外に方法はありません。

廃車費用は廃車する車によるのですが、安くて8,000円。高いと総額で30,000円もかかってしまうことがあります。

廃車するのにお金がかかるのって嫌ですよね?

自分で廃車業者に持ち込む (お金はかからないが手間はかかる)

自分で廃車をする際は、廃車業者に車を持っていく必要があります。

自分で車を持っていくと廃車料金が安くなるのですが、それは引き取り金額が掛からないからです。

走行不可能だと廃車業者まで車を持ち込むのは面倒でレッカー車などを借りて持って行く事になり、手間がかかります。

素直に取りに来て貰うのが良いでしょう。

契約時にディーラーに廃車料をサービスしてくれないかお願いする

ディーラーに下取りで廃車宣言されたとしましょう。もちろん廃車代金を要求されます。

「新車を買うから廃車料をサービスしてくれないか?」と交渉してみましょう。

ディーラーは新車を売りたいですし、利益に比べると廃車代金はとても小さいです。

交渉してみる価値はあるでしょう。

廃車専門の引取業者に依頼する

一番オススメしているのがこの方法です。

廃車を専門的に買取する業者にネットから依頼してみましょう。

廃車を専門的に買い取っているので必ず値段がつきますし、引き取り代金も無料です。

廃車専門の引き取り業者は海外への販売ルートを確保していることが多いので、査定0円なんて事も殆どありません。

分解してパーツ毎にオークションなどで売却と言う方法も取ったりします。

まとめ:廃車専門業者に依頼しよう!

自分で廃車にするぐらいなら、廃車専門の業者に買い取って貰いましょう。

廃車費用がかかりませんし、逆にお金が手元に入ってきます。

ディーラーなどと交渉して廃車代金を無料にして貰うのもいいのですが、現金にほぼ確実に変わる業者に依頼するのが一番良い方法です。

スポンサーリンク