3度の飯よりクルマが好き!

スズキ期待の軽量車・バレーノと新型イグニス、どっちが買い?

baleno

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/special/

規制の都合で重たくなり続ける乗用車。燃費性能と衝突安全性の両立のため各メーカーは部品グラム単位での軽量化に腐心しています。

そのようなメーカーをあざ笑うかのように、小型軽自動車を作り続けるスズキが車重910kgの乗用車バレーノを開発しました。

スズキが得意とする軽量小排気量のパッケージングは、燃費の節約にとどまらず毎年の自動車税や車検時の重量税などランニングコスト面で有利に働きます。

スズキが世界戦略車と位置づけて発売したバレーノは、同社が販売する小型軽量カーのイグニスと何が違うのか?どちらを買うべきなのかを考えてみたいと思います。

スズキの世界戦略車

バレード最大のセールスポイントは、910kgという小型乗用車としても軽量な車体重量です。

4枚ドアで5人乗りを実現しつつ、直接なライバル関係になるであろうトヨタ・ヴィッツより60kg以上軽量に作られています。

そのおかげで低排気量のエンジンでも運動性を損なわず省燃費で走行できるのが強みです。

クルマにとって軽さは、性能の根幹に関わる重要な要素。

省燃費を目指すならハイブリッドシステムを採用すればそれで事足ります。しかし特殊なシステムや構造は、クルマの製造コストに跳ね返りユーザーがその負担をしなくてはいけません。

スズキのように生活の道具としてクルマを販売する自動車メーカーにとって、商品価格アップは競争力の低下につながります。

スズキはボディやシャシーに利用される鉄板を強度を維持しつつ徹底的に軽量化することで、ユーザーに余計なコストを負担させずに省燃費車を安く提供することを選びました。

燃料費用では差額の回収が難しいハイブリッドシステムなどの、オプションに頼ることなくクルマの基本を見直すことで省エネ性能を目指す部分はマツダとも通じますね。

どちらも日本より海外での知名度と人気の高いメーカーであることを考えると、方向性が似ているのは当然のことなのかもしれません。

イグニスにも搭載される1.2Lエンジン

バレーノよりも軽い車重880kgのイグニスにも搭載されるK12Cエンジンは、スズキの看板車種スイフトに積まれるK12Bエンジンの圧縮比を高めた省エネエンジンです。

省エネエンジンとは言いますが、91馬力ながら1Lあたり100Nmのトルクを発生させる高性能エンジンという一面を持っています。

一時期の日本車によくあった、燃費を稼ぐために出力を絞るような作りにはなっておらず、しっかりとした出来なのはイグニスで証明されているので、バレーノもイグニスと同じく期待できるものでしょう。

1.6L相当の3気筒1Lターボエンジン

新型イグニスは1.2Lエンジン+マイルドハイブリッドを搭載したハイブリッドカーモデルですが、バレーノはインドをはじめとする途上国にも販売されるモデルとしてハイブリットの設定はありません。

故障や整備面を考慮して特殊な技術を使わず低燃費を実現するために、ダウンサイジングターボのグレードが設定されています。

3気筒エンジンは気筒数の関係上振動やノイズの多いエンジンなのですが、軽自動車で培ったノウハウをフィードバックすることで、大幅にノイズを低減し静寂性を確保しています。

ターボ加給によるアシストで111psを発生させますから、950kgの車体を引っ張るには必要十分のパワーです。

ブースタージェットエンジンという大仰な名前がつけられていますが、パワーはトヨタヴィッツRSより僅かに高い程度の性能です。

エンジン出力では排気量の割にスゴイけど、ブースタージェットという命名は吹かしすぎじゃない?と思います。

しかし車重1,050kgのヴィッツRSより重量が100kg軽量である点を考慮すると、クルマの走行性能はバレーノに軍配があがることでしょう。

車体重量との相乗効果でブースタージェットのような加速が楽しめるという意味合いで名付けたのでしょうか?発売後のレビューが待たれます。

同車格のクルマでスペック上バレーノのターボとまともに張り合えるのは、三菱コルトラリーアートバージョンRくらいでしょうか。すでにカタログ落ちしているクルマですが。。。

癖のないデザイン

ワークス

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキの最近のクルマは、マスクがアクの強い個性派揃いです。

アルトのメガネをかけたようなデザインは発表時かなり賛否が別れました。新型イグニスも濃いデザインで、人によっては購入をためらってしまいそうです。

その点バレーノはヨーロピアンで癖がなく、女性やクルマに個性を求めない人にも買い求めやすい外観にデザインされています。

無理して個性的に見せるデザインよりも、バレーノのさりげないオシャレ感が個人的には好きですね。イグニスはベースボールキャップを被ったラッパーって感じですから、好みがはっきり別れるクルマでしたので選択肢が増えるのはとても良いことだと思います。

バレーノとイグニス選ぶならどっち?

ignis

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキバレーノの直接なライバルは、スズキのイグニスというのがなんとも皮肉な話です。

イグニスは車重880kgにマイルドハイブリッドと呼ばれる簡易式なハイブリッドシステムを搭載してエコカーとしての性格を全面に押し出されている5ドアSUVです。

バレーノの車格はスズキスイフトと同格でヴィッツやフィットに近い車になりますが、イグニスはパッソの車格に近いサイズの車両に分類されます。

それを踏まえると、車内空間は車格の大きなバレーノが有利ですね。

その代わりイグニスは重量面で30kgほど軽量で、全グレード簡易ハイブリッドを搭載しているため、カタログ燃費28km/LとバレーノXGモデルの24.6km/Lを1割ほど上回っています。

車両価格はバレーノXGが141万4,800円・イグニスMGが138万2,400円とイグニスが僅かに安価です。

ただしこれはバレーノと比較して安いというだけです。

イグニスは簡易ながらもハイブリッドシステムを搭載していることで、同車格のクルマと比較すると割高であることは覚えておきましょう。

イグニスは価格・燃費・維持費とあらゆる面でバレーノを上回りますが、それは室内の広さとトレードオフの関係であることを忘れてはいけません。

普段1~2人で乗るならイグニスを、3人以上で利用する機会が多いならバレーノを選ぶことをオススメします。。

個人的には落ち着いたデザインが好みですのでバレーノを選ぶでしょうね。

910kgボディにMT・130馬力くらいのエンジンでスイスポのような、ホットモデルを発売してほしいと密かに願っています。無理ですかね?

スポンサーリンク