3度の飯よりクルマが好き!

BMW2シリーズクーペってどうなの?カブリオレとの違いは?

2013年にBMW1シリーズクーペが分離し、新たに2シリーズクーペとして発表されています。

2シリーズクーペとして初代となる現行モデルは2014年に国内導入され、ラインアップは2ドアクーペとカブリオレの2種類です。

プレミアムコンパクトクーペとしては唯一FR(後輪駆動)を採用し、スポーティーなエクステリアと運動性能を実現しています。

美しい4シリーズ・6シリーズクーペの弟分になりますが、コンパクトでもBMWクーペらしいエレガントさは失われていません。

個性あふれる2シリーズクーペとカブリオレの魅力を徹底解説します。

BMW2シリーズクーペとは?

先代の1シリーズクーペよりも全長で70mm、全幅で25mm、全高で35mm大きくなり、全長4,440mm×全幅1,775mm×全高1,420mmになります。

1,800mmを超えない全幅はマンションの機械式駐車場にも入り、国内でも使いやすいサイズです。

ホイールベースも2,690mm30mm延長され、先代で不評だった後席のレッグルームも21mm拡大しています。

トランク容量も20L拡大して390Lまで大きくなり、424分割式のリアシートバックで拡大できるので積載性は十分です。

クーペとはいえ、機能性は決して低くないので日常ユースで困ることはありません。

エクステリア

エクステリアはBMWクーペの血統を受け継いだ美しいデザインになります。

フロントは鋭い眼光のヘッドランプと、往年の名車「02シリーズ」と同じく逆スラント気味の角度で取り付けられたキドニーグリルが特徴です。

コンパクトなサイズのためロングノーズと小さなキャビンがより強調され、ダイナミックなプレスラインなどサイドビューにはアグレッシブなイメージがあります。

ボディーカラーは10色あり、定番のホワイトやブラックの他、クーペボディに似合う華やかなレッドやヴァレンシアオレンジなどのカラーも選択可能です。

インテリア

インテリアは左右非対称のデザインで、運転に必要な操作系統のスイッチやノブは手に届く範囲にまとめられ、ドライバーオリエンテッドなフロントシートです。

センターコンソールには8.8インチディスプレイが埋め込まれ、フロアシフト横のタッチ操作が可能なiDriveコントローラーで操作できます。

コンパクトクラスながらもパネルやトリムは厳選した素材が使用され、質感の高い内装です。

デザインラインによりインテリアのトリムカラーは異なりますが、共通してブラック基調のスポーティーなカラーリングになります。

パワーユニットと価格、グレード構成について

パワーユニットは2.0L直4と3.0L6のガソリンのみで、8速スポーツATとの組み合わせになります。

6エンジンのM240iでは6速マニュアルミッションも選択可能です。

グレード パワーユニット エンジンスペック ミッション 価格
220i Sport 2.0L直列4気筒 ガソリンターボ 184ps/5,000 27.5kgm/1,350-4,600

燃費 15.9km/L

8速スポーツAT \4,780,000
M Sport \5,020,000
M240i 3.0L直列6気筒 ガソリンターボ 340ps/5,500 51.0kgm/1,520-4,500

燃費 13.4km/L

6速MT \6,310,000
8速スポーツAT \6,450,000

2.0Lモデルでも1.5トンの車重には十分なパワーで、アクセルレスポンスも良くスポーティーな加速を愉しめます。

BMW・M社がチューニングした3.0Lモデルはあり余るパワーを誇り、0-100km/h加速を4.6秒でこなす実力です。

BMWのこだわりでもある前後5050の重量バランスを取り、コーナリングの際の挙動も分かりやすくなっています。

ボディの小ささはクルマとの一体感を高め、洗練度の高いドライバビリティは価格以上の実力でしょう。

ストロークがたっぷりあるサスペンションは路面の追従性に優れ、ステアリングを切れば俊敏に向きを変え、狙い通りのラインをトレースします。

快適なドライブをアシストする装備として、エンジンレスポンスやシフトタイミングの制御を「コンフォート」「スポーツ」などの4つのモードで変更できるドライビング・パフォーマンス・コントロールが全車標準です。

ECO PRO」モードでは最大20%の燃料消費量を低減できるほか、アダプティブMサスペンション(グレード別装備)との連動で、ダンパーの減衰力を変更できます。

足回りはベースとなった1シリーズよりは硬めですが、突き上げ感は少なく、しなやかで快適な乗り心地です。

M Sportの専用装備

ベースグレードのSportに対して、M Sportの専用装備として、

  • 専用のエアロパーツ
  • スポーツサスペンション
  • スポーツシート
  • Mスポーツレザーステアリング
  • アルミ調のトリムなど

以上の装備が追加されます。

M240iでは応答性に優れたバリアブル・スポーツ・ステアリング、アダプティブMサスペンションなどが標準装備。

18インチアルミホイールやアルカンターラコンビネーションのシートなどハイパフォーマンスモデルに相応しい装備が追加されます。

ポジションメモリー付の電動のフロントシートは全車標準になりますが、ブラックやレッドカラーのダコタレザーシートはオプションです。

リアビューカメラ、縦列駐車や車庫入れをサポートするパーキング・アシスト、チルト機構付電動サンルーフなどもオプションになります。

安全装備「ドライビング・アシスト」の内訳

安全装備はカメラを使用した「ドライビング・アシスト」が全車標準装備です。

ドライビング・アシストの内訳は以下の通りになります。

  • 前車接近警告機能
  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)
  • クルーズ・コントロール(ブレーキ機能付)

テレマティクスサービスは、車載の通信モジュールを利用し万が一の事故の場合SOSコールセンターへ自動的に通報を行う「BMW SOS コール」、車両のメンテナンス情報や異常を担当ディーラーへ連絡する「BMWテレサービス」が標準装備です。

クーペとカブリオレの違いは?

クーペの屋根を取り払い、ソフトトップへ換装したモデルがカブリオレです。

リアシートを残した2+2シーターのオープンモデルで、オープン時のフラットなショルダーラインは伸びやかなイメージで、ゴージャス感にあふれた美しいスタイルになります。

ソフトトップをクローズすれば優美なクーペフォルムとなりBピラーが無いので、よりスポーティーさが増すスタイリングです。

遮音性の高い素材のルーフは20秒で開閉が可能な電動オートマチック式で、時速50kn/h以下であれば走行中でも開閉することができます。

Aピラーの補強や万が一の際には、リアシート後方からロールオーバー・バーを瞬時に突出して乗員を保護する機構が装備され、横転時の安全対策も万全です。

オープンカーでのドライブは爽快そのもので、後席に脱着式のウィンド・ディフレクターを立てれば、高速でも風の巻き込みはありません。

後席のシートバックが立っているので、フル4シーターでのドライブは厳しいですが、緊急時の座席としては十分です。

リアシートバックのトランクスルーで実用性も上がる!

オプションでリアシートバックのトランクスルー機構を選べば長尺物も積載でき、オープンカーとしては十分な実用性があります。

グレード構成はクーペに準備される直6エンジンのM240iが無いかわりに、エレガントな内外装パーツを組み込んだLuxuryが選択可能です。

グレード パワーユニット エンジンスペック ミッション 価格
220i Sport 2.0L直列4気筒 ガソリンターボ 184ps/5,000 27.5kgm/1,350-4,600

燃費 15.9km/L

8速スポーツAT \5,500,000
Luxury \5,690,000
M Sport \5,910,000

4エンジンのスペックや、装備面でもクーペとの違いはありません。

Luxuryではヒーター付きのダコタレザーシートが標準となり、キドニーグリルのほかウィンドフレームなどがクロームパーツで装飾されます。

機能性の面でもクーペに劣る部分はほとんど無く、実用性に優れたオープンカーとしては完璧な仕上がりです。

まとめ

日本の道路事情にピッタリなサイズでシャープな走りが愉しめる2シリーズクーペは、4シリーズ・6シリーズのクーペと比べて最もアグレッシブに走れるモデルです。

一方で2シリーズには、MINIのプラットフォームを利用したFFミニバンのアクティブツアラー、グランツアラーもラインナップされています。

2シリーズクーペ/カブリオレも次期モデルでは、1シリーズと合わせてMINIをベースにしたFFになるという噂が絶えません。

コンパクトクラスでFRを採用しているがゆえに孤高の魅力を発する2シリーズは、数年後には貴重なモデルになる可能性があります。

M240iにはさらに貴重な6MTも準備され、BMWらしい走りを意のままに楽しみたい方には、現行2シリーズクーペがラストチャンスになるかもしれません。

スポンサーリンク