3度の飯よりクルマが好き!

BMW7シリーズはガソリン車、ハイブリッドどっちがオススメ?

BMW7シリーズは1977年の初代モデル以来、一貫してBMWのフラッグシップモデルに位置する高級大型サルーンです。

ゴージャスで無類の快適性を誇る広いリアシートを備えながら、大型サルーンとは思えない運動性能を持つ7シリーズは世界中のVIPに愛されています。

6代目となる現行モデルは2015年に発売され新開発のプラットフォーム、先端技術を搭載したBMW渾身のモデルです。

メルセデスベンツSクラスとともに世界の高級大型サルーンのトップに君臨し、BMWのテクノロジーの全てが詰まった7シリーズを徹底解説します。

BMW7シリーズとはどんなクルマ?

エクステリアは7シリーズの伝統を引き継ぎ、緩やかに傾斜したルーフラインやボディサイドの2本のプレスラインが伸びやかで、エレガンスなデザインです。

先代から大きく変わってないようにも見えますが、フロントには横長のヘッドランプと、垂直なキドニーグリルが連続した最新のBMWトレンドを採用しています。

空力性能にも配慮し、フロントタイヤの後ろに配されたエアブリーザーから伸びるアンダートリムがスポーティーです。

新しいプラットフォームは高張力スチールやアルミニウムだけでなく、さらに軽量なカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を使用しています。

大型サルーンではボディの重さが運動性能や燃費に悪影響を与えますが、7シリーズは先代モデルよりも130kg軽量化。

重量配分の適正化や、剛性向上にも貢献しています。

インテリアは最高級の素材を使いモダンなデザインで纏められ、ゴージャスそのものです。

リアシートの機能や装備は以下の通りで、

  • 電動調整機能
  • マッサージシート
  • 後席用エンタテイメントシステム
  • エアコンやオーディオ、TVをタブレット状の端末で操作できるタッチコマンド

など不足するものはありません。

ボディサイズは標準モデルで全長5,098×全幅1,902×全高1,467mmの堂々たるサイズです。

デザインラインはエレガントな標準と、エアロパーツが装着されスポーティーな装いを持つM Sportの2種類で、3,070mmのホイールベースを3,210mmまでストレッチし、後席を拡大したロングホイールベース版(Liモデル)もラインナップしています。

※グレードと価格表※

グレード パワーユニット スペック 価格
740e iPerformance 2.0L直列4気筒 ガソリンターボ+モーター  326ps

51.0kgm

燃費 50.0km/L(欧州値)

\11,690,000
  M Sport \12,400,000
740i 3.0L直列6気筒 ガソリンターボ 326ps/5,500

45.9kgm/1,380-5,000

燃費 12.2km/L

\12,250,000
  M Sport \12,960,000
750i 4.4L V型8気筒 ガソリンターボ 450ps/5,500-6,000

66.3kgm/1,380-4,500

燃費 9.8km/L

\14,950,000
  M Sport \15,470,000
740Li 3.0L直列6気筒 ガソリンターボ 326ps/5,500

45.9kgm/1,380-5,000

燃費 12.2km/L

\13,540,000
  M Sport \14,400,000
750Li 4.4L V型8気筒 ガソリンターボ 450ps/5,500-6,000

66.3kgm/1,380-4,500

燃費 未公表

\16,590,000
  M Sport \17,110,000
M760Li xDrive 6.6L V型12気筒 ガソリンターボ 610ps/5,250-6,000

81.6kgm/1,500-5,000

燃費 9.8km/L

\24,200,000
M760Li xDrive

V12 Excellence

6.6L V型12気筒 ガソリンターボ 610ps/5,250-6,000

81.6kgm/1,500-5,000

燃費 7.9km/L(欧州値)

\24,200,000

搭載されるパワーユニットは以下の4種類になります。

  • 3.0リッター直6
  • 4.4リッターV8
  • 6.6リッターV12
  • 2.0リッター直4+モーター(プラグインハイブリッド)

なかでもM760に搭載される6.6リッターV12エンジンは、BMW M社による特別なチューニングが施され、圧倒的なパフォーマンスを誇ります。

驚異的な610ps/81.6kgmのパワーを8ATBMW独自の4輪駆動システムxDriveで路面に伝え、0-100km/hを3.7秒とスーパースポーツカー並みの加速力です。

ドライビングモードは全車に装備される「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」で6つのモードで変更でき、「コンフォート」では高級車らしいジェントルな走りとなり、「スポーツ」「スポーツプラス」を選べば、その性格は劇的に変化し怒涛のパフォーマンスを発揮します。

「アダプティブ」ではステレオカメラで前方の路面をスキャンし、うねりにあわせて前後に装備されたエアサスペンションを制御することが可能です。

軽量化されたボディの前後重量配分はBMW伝統の5050で、車速に合わせ後輪操舵を行うインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングも装備し、大型サルーンと思えない軽快なフットワークを見せます。

上質なパワーユニットは振動も少なく、静粛性と防振性に優れたボディのおかげで、静かで快適な室内です。

BMWのフラッグシップとして、最新のテクノロジーが惜しみなくつぎ込まれ、安全性能にも抜かりはありません。

隙のない安全性能

フロントウィンドウのステレオカメラ、前後左右に設置された5つのレーダー、車両全周に配置された12個の超音波ソナーで周囲をくまなくセンシングすることが可能です。

ドライビング・アシスト・プラス」には緊急ブレーキやアダプティブクルーズコントロールだけでなく、「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」で周囲の安全を確認しながら走行中のステアリングを制御し半自動運転を実現します。

ディスプレイ内蔵のキーで車外から操作することにより、クルマが自動的に駐車スペースまで移動する「リモート・コントロール・パーキング」、タッチパネルに触れなくても手の動きでオーディオやナビを操作できる「ジェスチャー・コントロール」、レーザーを光源としてすることでLED2倍の600mもの照射距離が得られる「BMWレーザーライト」など先進装備が満載です。

ガソリン車とハイブリッドのどちらがオススメ?

7シリーズには環境性能を大幅に高めた、プラグインハイブリッドモデルがラインナップされています。

エンジンは7シリーズのステイタスとしては異例の直4ターボ(258ps/40.8kgm)で、思い切ったダウンサイジングです。

ガソリンエンジンのパワーを113ps/25.5kgmの強力なモーターで補い、トータルで自然吸気4.0リッター並の動力性能となります。

リチウムイオンバッテリーは9.2kWhと大容量で、モーターのみで42km走行可能、最高速度は140km/hです。

モーターとエンジンの使い分けは「eDriveボタン」で切り替え、自動で効率よくドライブする「AUTO」、EV優先の「MAX」、走行中にバッテリーの充電を優先する場合は「Battery Control」を選択します。

200V/15Aの外部電源供給により約4時間で満充電となり、燃費は欧州測定値で2.0L/100km(1Lで50km走行可能)と驚異的な数値です。

トランクにバッテリーを搭載するため、標準モデルの515Lの容量に対し約100L少ない420Lの容量となります。

大胆なのは価格で、ガソリンのエントリーモデルよりも\540,000安い値付けです。

環境性能の高いPHEVをエントリーモデルとする戦略的な価格体系に、本格的にPHEVの普及を目指すBMWの意思を感じます。

オーナードライバーならガソリンエンジンがオススメ

シルキーシックスと称される伝統の3.0リッター直6のエンジンは、アクセルを踏むたびに精密さを感じられるフィールが魅力です。

衝突安全で不利な直6エンジンは、他メーカーは製造していないため、今やBMWでしか味わえません。

動力性能も国内法規の中で使う分には十分で、ジェントルな加速フィールなど、バランス良く仕上がっています。

ハイブリッドシステムは7シリーズの先進的なイメージとも合い、BMWの高い技術力を感じるシステムです。

ただ自宅に200Vの充電設備が無ければメリットが活かしづらいうえ、何よりもプレミアムサルーンで4気筒エンジンには抵抗があります。

社用車などではハイブリッドで環境を大切にする企業イメージをアピールする事ができますが、オーナードライバーならガソリンエンジンがオススメです。

まとめ

7シリーズが多くのライバルと異なる魅力を持つのは、ドライバーズシートが特等席であることです。

プレミアムサルーンは、ショーファードリブンとして使用されることも多く、後席の居住性や快適性が重要ですが、7シリーズはステアリングを握って「駆け抜ける歓び」を満喫できる性能をもっています。

当然のことながら、エンタテイメント性に優れたゴージャスな後席も備え、プレミアムサルーンとしての資質はトップクラスです。

ウィークデーは後席でビジネスの疲れを癒やし、休日には自らステアリングを握り、スポーティーなドライブを愉しむオーナー像が目に浮かびます。

スポンサーリンク