3度の飯よりクルマが好き!

下取り・買取査定のチェック項目-査定基準と減点ポイント

check

新しい車を買う際に、以前使っていた愛車を下取りに出したり、やむを得ぬ事情で泣く泣く車を買取査定に出すことになったとき、出来るだけ高い値段で車を査定してもらいたいですよね?

ここでは下取りや買取査定の金額が少しでも上がるように査定基準と金額に直結する減点ポイントについて解説していきます。

このページに書かれているポイントはどれも些細なことかもしれません。しかしそれが積もり積もって、査定金額に大きな差が出るのです。少しでも査定金額を上げるために是非参考にしてください。

下取り(買取)査定のチェック項目は?

車を少しでも下取りで高く査定してもらうためのチェック項目があります。どのチェック項目も1つ1つは些細なものなのですが、それの積み重ねで大きなものになり査定金額に還元されます。

チェック項目について影響が大きい重要な部分、そうでないポイントをそれぞれまとめましたので、確認して下さい。

査定に影響するチェック項目

  • ボディの汚れ、キズ

ボディについた汚れやキズは、査定に大きく影響してしまいます。

外装のキズは見ると目立ってしまうので、店頭に並んだ時に美観がよくないため敬遠されてしまいます。傷ついて、汚れている車は誰も買おうとは思わないですよね。

査定金額を下げられないように普段から丁寧な運転を心がけましょう。

キズで減点されるのは、ボディだけでなくヘッドライトやテールランプなども含まれます。どんな些細なキズでも査定のプロは見逃しません。

ですが、より高い査定をしてもらいたいがために、キズを自分で色を塗ったりして修理するのはNGです。素人がやるとよりひどい状態になってしまう可能性が高く、板金屋さんにお願いしても修理代金が査定額にプラスされることはありません。

マイナスになることもあるでしょう。

  • 内装

車の内装も査定で重要なポイントです。車内環境は内装のシートやフロアマットが作るので、汚いと人気が下がるため査定額が下がってしまいます。汚いと乗りたくないですよね。

また、タバコやペットなどの匂いも査定に影響してしまいます。匂いが嫌いな人や酔いやすい人も多いため、人気が下がるからです。

  • エンジン周辺

車の重要なパーツであるエンジン周辺も重要なポイントです。オイルの状態、エンジンの調子、改造と修理経歴の有無をチェックされます。パーツを新品に交換していれば伝えておきましょう。査定額にプラスの影響をする可能性があります。

査定にあまり影響しないポイント

査定は上記の3点がかなり重要なポイントとなります。

上記に比べると車検の残りなどは微々たるものですが、査定に影響するポイントは違いありません。

車は常日頃から大切に扱うことで、将来的な査定額に繋がりますので、丁寧に使いましょう。

部分別査定に影響が出るチェックポイントまとめ

高額査定が出る条件 ボディ編

  • ボディカラー:人気の色かどうか?
  • ボンネットと天井:凹みがないか?
  • ヘッドライトとテールランプ:ここのキズも査定に影響します
  • ドアと窓:しっかりと動作するか?

これらのポイントは大切です。査定士さんもかなり注意をして確認してきます。これらのポイントは基本でもありますので査定の最低条件ともいえます。

高額査定が出る条件 内装編

  • 車内が汚れてないか:汚いと人気が下がり価値が下がってしまいます
  • タバコの汚れ:タバコの匂いが嫌いな人は多いです
  • シート:汚いシートには座りたくないものです
  • 電装系:電装系の故障は修理費が高くなるので敬遠されます
  • ハンドル:運転中一番手に触れるため、汚いとマイナス
  • メーター類:メーター巻き戻しは論外。動作不具合はありませんか
  • 付属品:スペアキーやマニュアルはあると査定アップに

高額査定が出る条件 足回り・エンジン編

  • タイヤとホイール:すり減ってたり汚れが目立っていませんか?
  • 車高:サスとショックの状態ももちろん査定に影響します
  • マフラー:マフラーから異音がでたり、以上な音をしていませんか?
  • 各パーツ:キズやサビなどがあると減額です
  • バッテリー:バッテリーはしっかりと動きますか?
  • エンジンオイル:使っていると汚れが目立ちます
  • 修復歴:修復した形跡があると大幅減額です
  • 改造パーツ:車検対応品なら社外でも大丈夫。純正状態が最も売れやすい

番外編ボディコーティングは査定に影響する?

車の外装にコーティングしてボディを保護することをボディコーティングと呼ばれます。車を所有する人にとってボディコーディングは、車を汚れから守ることになるコーディングはとても役に立ちます。

しかし査定においてはボディコーティングがされているからといって大きな影響がありません。増額も減額もされません。

ボディコーティングによって艶があっても、コーティング膜の向こうにあるボディ本来の塗装状態が査定されているので査定には全く関係がないのです。

まとめ:下取りで愛車を高く売るために

下取り査定でチェックされるポイントについてお話ししました。さまざまな内容が査定額に影響されることが分かったていただけたと思います。

査定額を少しでも上げるためには、ここでお話したポイントの中でも自分で出来そうなことをするといいでしょう。

ボディを洗うのは当然として、タバコの匂いととったりハンドルを綺麗にしておいたりすることで査定金額は上がるでしょう。

車内清掃や脱臭など、自分で簡単にできることは、査定してもらう前に全部やってから査定をお願いしてください。

スポンサーリンク