3度の飯よりクルマが好き!

車下取り査定で、傷や凹みはどこまで大丈夫?修理は必要?

傷や凹みは車下取り査定でどう影響するの?

車を売却するならできるだけ高い査定をして欲しいと考えるのは当たり前の話です。ですから下取り査定に出す前には、少しでも査定を下げるポイントは押さえておきたいところものです。

査定を下げるポイントとして気になるのは、車の傷や凹みは査定にどう影響してくるのでしょう。

普通に考えれば傷や凹みがないほうが査定が高くなるに決まってます。そう考えて査定前にわざわざ修理に出す方も少なくありません。

でも本当に査定前には傷や凹みを修理した方がいいのでしょうか?今回は傷や凹みが査定にどれくらい影響するかを詳しく説明させていただきます。 

車の傷は下取りに影響がでるの?

冒頭でも申しましたが車の傷は確実にマイナス査定の対象となります。ですから当然傷がない車の方が高い査定になるのは当たり前ですよね。

しかも査定は査定士が勝手に判断して金額を出すわけではありません。日本自動車査定協会が定めている査定基準やチェック項目をもとに査定額が算出されるのです。

各社で査定影響に違いはありますが、このチェック項目に、「凹み・歪み・傷のチェック」が織り込まれているので傷がある場合のマイナス査定は避けられません。

それではやはり下取り時には傷は修理しておいた方がいいのでしょうか?いいえ、マイナス査定になるといって修理したとしても、高額査定を得られるとは限らないのです。

 傷は修理しても査定にあまり影響しない!

修理して傷やを消せばマイナス査定がなくなるので、その分査定価格は上がります。

しかし、ここで考えなければならないのは、お金をかけて修理するほどの査定アップが見込めるかどうかです。お金をかけて修理するならば、その修理費用を上回る査定アップがなければ何のメリットもないからです。

実際小傷も査定に影響するけど

傷はたとえ小さくても確実にマイナス査定の対象となります。だからといって神経質になる必要はありません。

査定時にはマイナス査定にはなりますが、どれくらいのマイナス評価になるのかは査定する業者によって違ってきます。

多少の傷があったとしても、

  • 年式が新しい
  • 超過走行していない
  • 市場人気が高い

という車であれば大幅なマイナス査定とはならないのです。

確実に転売できるというプラス査定がされるため、傷によるマイナス査定を相殺できるからです。

また下取りに出す車が上記条件をクリアしているならば、下取り先は同メーカーがおすすめです。

ディーラーは中古車販売力が脆弱なために自社以外の車の査定価格は安くなりがちです。逆に自社メーカー車や取扱車に対しては情報力が高いため適正査定が期待できる上、条件が良ければ簡単に転売先も見つかるため高い下取り査定が見込めます。

傷の程度にもよりますが、日常的についた小キズがあったとしても数十万円変わるような大きなマイナス査定となるわけではないのです。

査定アップよりも修理費の方が高い!

修理して査定価格が上がったとしても、それがいつも大きなメリットを生み出すわけではありません。傷の補修費用を上回るような査定アップは、まずないのが買取査定の実情です。

傷の具合にもよりますが、基本的には修理費用を払ってまで修理する必要はありません。

個人が修理を依頼する場合、整備会社に依頼することになりますが、多くの場合高い修理費が発生します。

しかし、ディーラーや中古車買取業者の場合、自社の整備工場や提携した整備工場があるので個人が整備会社に依頼するよりも安く修理することが可能です。

また、修理したからといって傷へのマイナス査定が消えてしまうわけではありません。

査定時のチェック項目には、修理歴の項目があります。修理してきれいにしても、査定士が見れば修理跡は一目瞭然です。ですから、このチェック項目で結局マイナス査定となってしまうわけです。

この実情を考慮すれば修理費用を支払ってまで査定価格をアップしても何の意味もないことがお分かりいただけるでしょう。

タッチアップなど素人修理はやめよう

小さな傷くらいならタッチアップペンで塗っておけば見た目もよく査定にも有利と修理をすすめている専門サイトがあるようです。

しかし、これは大間違いです。ぱっと見がよくなったからといっても、結局は素人修理です。

昔の車の塗装はソリッドカラーと呼ばれる光沢のないカラーが好んで用いられていました。そのような車ならタッチアップも効果がありましたが、最近の車はメタリックカラーが多く、タッチアップ程度では色ムラができて綺麗に補修できないのです。

そもそもタッチアップは経験豊富なプロの板金屋さんでもとても苦労する修繕の一つ。

素人塗の補修程度ではきれいに修理できず、却って大きなマイナス査定となることのも少なくありません。

また、こういった素人修理は査定士の心象も悪くすることにもなりかねません。傷隠しと取られることがあるからです。

そう判断されると他にも何かないかと査定士も慎重になり、査定にも影響が出てしまします。

すでに修理してしまっている部分は仕方ありませんが、査定に備えてわざわざ修理するのは止めるようにしましょう。

洗車キズくらいなら査定に影響はない

傷が査定に影響するからといって洗車キズのような細かいものまで気にする必要はありません。

こんな傷も査定に影響してくるのではと心配する方もいるようですが、そこまでマイナス査定となるならば、中古車はすべてマイナス査定が避けられないことになってしまいます。

洗車キズのような細かい傷がマイナス査定になることはありません。爪に引っかからないような傷は「傷アリ」と判断されることはないのです。

車に傷はつきものなのは買取店も分かってる

一口に傷といっても、傷が付いた原因はさまざまです。

鍵などによるひっかき傷や事故など接触による傷などは間違いなく「傷」と判断され、マイナス査定となってしまいますが、洗車キズのように車に乗っていると自然についてしまう傷は査定に影響することはありません。

納車前の新車でもなければまったく傷のない車なんて存在しません。基本的に査定で傷と判断する基準は深さです。

車を何年も維持すればよく見ないとわからないような傷は無数についてしまうのは当たり前です。

この点は買取するディーラーや中古車買取業者も当然理解しているので、洗車傷くらいで神経質になる必要はありません。

洗車傷なら市販品で目立たなさせられる

基本的に素人修理は失敗してしまうことが多いので、経験者でもなければ自分で修理しようなんて思わない方が賢明です。

しかし、洗車傷のような細かい傷は話は別です。

素人でも市販のコンパウンドやワックスを使えば驚くほど簡単に傷が消えてしまいます。

ですが簡単といっても、利用する用具と修理方法を誤ると傷が大きくなって、却って傷を目立たせることにもなりかねません。

コンパウンドやワックスを購入する前に、ホームセンターやカーセンターの専門員から用具選択と修理方法について詳しくレクチャーしてもらいましょう。

黒系は傷が目立ちやすいので、白系の色を選ぶのもよい

細かな傷がマイナス査定となることはありませんが、車がきれいに見えるかどうかが査定士の心象に影響してくるのは間違いありません。

しかもチェック項目には「ボディ全体の汚れ」という項目が織り込まれているので車がきれいに見えるかどうかは査定時には重要なポイントとなってきます。

ボディが汚れの判断は査定士の心象次第です。

査定前に外装や内装をきれいに清掃しておいた方がいいと言われるのも、この査定士の心象をよくするためです。

ですから細かな傷が付いてしまうのは仕方がないことなのですが、できるだけ目立たない方が間違いなく車はきれいに見え、査定士の心象は良くなるというわけです。

またここで視点を変えて、新しく中古車を購入する立場に立って考えてみましょう。

同じ車種で走行距離も大差ない黒系の車と白系の車があったとしましょう。色の好みは無視します。

  • どちらもよく見ないとわからないような細かい傷はあるけれど、大きな傷や凹みはない
  • しかし、黒系よりも白系の車のほうが細かい傷が目立たずきれいに見える

という条件ならばどちらの車を選択するでしょうか?

一般的にはきれいに見える白系を購入する人の方が多いでしょう。

つまり、条件に大差がないのならば、きれいに見える車の方が断然ニーズは高いということなのです。ニーズが高いと判断されれば早く転売できる確率が高いため、査定でもプラス評価となります。

そこで後々の売却を視野に入れるならば、高い査定となる可能性が高い白系の車の購入がおすすめなのです。

細かな傷が目立たないからといって何十万も査定額が上がるわけではありませんが、少しでも高く売却したいとお考えなら、購入前の色選択は重要なポイントとなってくるでしょう。

ヘコミは修理に出さずそのまま売った方がお得!

大きな凹みはまず査定金額を下げる原因となるので、修理しておいた方が査定には有利と考える人もいるかもしれません。

ですが、これは大きな勘違いです。

修理して凹みのマイナス査定がなくなったからといっても、修理して得られる査定額のアップが修理費用を上回らなければ結局損をしたことになります。

ですから査定額を下げたくないからといって、安易に修理を選んでしまうのは大間違いなのです。

修理しても修理費を上回る査定が出るのは極まれです。

よって、大抵の場合は修理しなければ良かったと後悔することになるのです。

また、キズの場合と同様、修理したからといって凹みのマイナス査定がすべて消えてしまうわけではありません。

査定時のチェック項目には、

  • 板金修理跡
  • 修理歴

の項目があります。査定士が見れば凹みの修理跡は一目瞭然です。

修理して凹みのマイナス査定を逃れたとしても、この2つチェック項目のマイナス査定は避けられないのです。

修理してもしなくてもマイナス査定を避けるのは難しいといえるでしょう。

この実情を理解すれば、修理しても査定には何のプラスもないことがよくお分かりいただけるはずです。

板金屋さんの修理費用は安くない!

これも傷の修理の場合と同じですが、個人で修理するには板金屋さんに依頼することとなります。凹みの大きさにもよりますが、この修理には思いのほか高い費用がかかります。

1、2万くらいですむ場合もありますが、ドアパネル1面ともなれば、30万以上もの高額な修理費用になるのも珍しい話ではありません。

そこで考えなければならないのは、30万もかけて修理したとして査定価格にそれ以上のプラスが期待できるかどうかです。

答えはNOです。

プラス金額は取れても修理費用の半分ていどです。よって、修理したとしても修理代金分損をするだけなのです。

買取店は凹んでいても値段をつけてくれるところが多い

ディーラーや中古車買取業者は自社の整備工場や提携している整備工場・板金屋があるので安く修理することができます。

凹みがあるからといって査定価格が0円になることはありません。

自社の工場だからといって無償で修理ができるわけではありませんが、個人が板金屋さんに依頼するより確実に安い費用で修理できます。

これも修理せずにそのまま売った方がいい理由の一つです。

  1.  修理費用を上回る査定アップはない
  2. 修理費用を上回るマイナス査定はない
  3. 買取後に修理した方が安く上がる

ならば修理せずに凹みのマイナス査定を受け入れた方が結果的には得というわけです。

査定時に傷の原因を聞かれたら正直に伝える

傷や凹みが事故によるものならば事故車と判断され、大幅なマイナス査定となると思っている方は多いでしょう。

ですから、傷や凹みの原因を査定士に聞かれた時に事故で作ったことを隠そうとする方も少なくありません。

しかし、事故にあった車のすべてが事故車と判断されるわけではないのです。

事故にあって査定に影響する修理を行った車のことを、修復歴車と呼びます。

一般の方でも分かりやすいように事故車という言葉を使う査定士が多く、それがそのまま浸透しているのが現状です。このため、車同士でこすっただけ、パネルにヘコミができただけの車でも事故車と思ってしまう人が多くいます。

ですが、特定のパーツに影響が出ていないかぎり車は修復歴あり車にはならないのです。

それでは大幅なマイナス査定となる修復歴車とはどのような車を指すのでしょう。

修復歴車と判断されるのは、

  1. サイドメンバー
  2. クロスメンバー
  3. ピラー
  4. インサイドパネル
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエータコアサポート

のいずれかを修復・交換した車です。

よって、上記部分の修復・交換のない傷や凹みができただけなら修復歴車ではありません。この定義を知らずにつかなくていい嘘をついている方もいるというわけです。

しかも、嘘をついても査定士は簡単に騙されません。修復・交換しているかは調べれば一目瞭然でバレてしまいます。

知らずうそでも査定員は必要以上に警戒してしまい、査定に影響を与えてしまいます。

ですから傷や凹みができた原因を聞かれたら必ず正直に答えるようにしましょう。わからないなら正直にわからないと伝えて下さい。

また、査定士は修復歴車かどうかを確認するためだけに質問しているのではありません。傷や凹みができた原因を知り、その後の修理への影響を予測するためなのです。

これは正確な査定価格を算出するために必要な作業なのです。嘘がバレれば査定士の印象も悪くして査定に悪影響が出ますし、言ってる言葉を信用してくれなくなってしまうでしょう。

中古車査定はビジネス取引です。車を売買する間の短い関係ですが、信用を大切にして、聞かれたことには正直に答えるよう心がけてください。

査定員は修理費用も考えた査定価格を出している

キズやヘコミの状態によっては修理せずにそのまま販売することもありますが、販売に支障がでるものならば必ず修理が行われます。

この際にかかる修理費は当然買い取った業者が負担することとなりますが、その費用も査定価格に大きく影響してきます。

査定価格は修理にかかる費用を見越した提示がされます。

査定価格が100万円と査定されても、キズやヘコミの修理費用が30万円かかる際には、最終的な査定価格は70万円となるわけです。修理費用、オークションでそのまま出品した場合の落札料金分の査定価格になります。

修理費が高くなるほど減額が大きくなるのは売り手にとって痛いところですが、修理して査定を受けたとしても損になるだけです。

大切なのは幾らで売れたかではなく、いくら手元に残るかです。

車についている傷や凹みが大きな追突事故によるものならば、傷や凹みだけの修理では済まない場合もあります。

車の骨組みとなるサイドメンバーやクロスメンバーなど、外装以外の修理が必要になってくるので傷や凹みができた原因は査定に大きく影響してきます。

外装を見ただけでは修理箇所の特定ができないのです。査定価格は提示して契約が済んでしまえば変更することはできません。

ですから買取業者も後で自腹を切るようなことにならないためにも、怪しいと思ったら時間をかけた査定調査を行うこととなります。

査定士に事故にあったことを隠すのは不可能です。年間数百台の車を見ているプロフェッショナル。人によっては車の外観の僅かな歪みを見ただけで、修復歴があるか否かを見抜きます。

そこで嘘をつかれると、車に対して疑心暗鬼になり査定が慎重になります。

逆に聞かれた質問に正直に答えることで、査定士も修理な必要な箇所が特定しやすく、短時間の査定調査で正確な査定を出すことができるのです。

査定員も傷の原因がわかればコスト計算がしやすく、査定額も正確に出せます。

無駄な時間と手間をかけないためにもこの点はよく理解して、できる限り聞かれた質問には正確に答えるようにしましょう。

下取り予定の車にお金をかけた修理は必要ない

少しでも査定価格を上げるため、査定前に傷や凹みの修理をしても決して得をすることはありません。

  • 修理費用が高額になるケースも少なくない
  • 修理費用を上回る査定アップは望めない
  • 傷や凹みがあるからといって必ず大幅なマイナス査定とはならない

上記にあげた事実を考慮すれば修理が必要ないのは一目瞭然でしょう。

結局ありのままの状態で査定を受けることが、一番高い査定額を得ることになるのです。そのためにも、査定士に聞かれたことには絶対嘘をつかないようにしましょう。

嘘は絶対にバレますし、査定士の印象を悪くすることになるので査定価格を下げる原因ともなりかねません。

できるだけ高い査定価格をと望むならば、査定前に修理をしない、査定時の質問に嘘をつかないの2点を必ず守るようにしてください。

スポンサーリンク