3度の飯よりクルマが好き!

車を売った後自動車税はどうなるの?

車を売っても自動車税が請求されるって本当?

car-tax

車を売却した後、自動車税の請求が送られてきて驚いた経験がある方は居るのではないでしょうか?

なぜ売却して自分の持ち物でない車に対して、自動車税の請求が来るのか不思議に思う筈です。

そもそも自動車税は法律上、4月1日時点で車検証に記載されている所有者もしくは使用者に1年間分の自動車税の請求が行われます。

中古車の買取業者に売却をした際、様々な書類の手続きが即日にできるとは限りません。

買取業者のなかには名義変更の手続きをまとめて月末に処理する会社もありますので、時間に余裕を持って売却を進めるか、業者に確認することをオススメします。

4月前に売却をしても、書類の手続きが遅れてしまうと自動車税の納税義務は前の所有者にあるのです。

買取業者だけでなく個人間の取引でも同様なので注意しましょう。

車の売却時期と自動車税の請求

車の売却時期によって自動車税の請求がされる場合がありますが、元のオーナーにすると想定外の請求でトラブルに進展する可能性もあります。

売却したからもう関係ないと思っていたら自動車税の請求が来るのですから当然です。

このトラブルを避けるためにも、上述した様に車の売却時期に注意しましょう。

春先は転勤や引っ越しなどで移動する方も多い季節です。

車の買取業者も大変忙しくなりますので、2月、3月中に車を売却すると書類の手続きに時間がかかり、自動車税が発生する4月1日までに間に合わない可能性もあります。

売却する車の自動車税の納付を避けるのであれば、なるべく早い時期に売却を検討しましょう。

時間に余裕に持って車の売却計画を進める必要があります。

売却後に自動車税が請求されないために!払っても還付されるの?

4月1日時の持ち主に請求が行く

すでに売却した車の自動車税の請求がされるのは、4月1日時点で車検証に所有者、もしくは使用者として登録されているためです。

税金の支払いは法律上義務となっていますが、手元にない車の自動車税を納付するのは何とも納得がいきません。

もし自動車税の請求が来てしまった場合は、売却先の業者にすぐに問い合わせましょう。

納付を放置してしまうと遅延金も発生しますので、すぐに対処しないといけません。

本来は買取業者などが自動車税に関してはきちんと説明するものです。

通常は車の抹消登録の手続きをするとすでに支払った自動車税は還付されることになっています。

自動車税は車種や重量によって納付額は異なり、複雑な手続きも多い為売却の際はしっかり理解しておきましょう。

軽自動車の場合は?

軽自動車を売却した際の自動車税ですが、普通自動車と同様に請求がされるのは4月1日時点の所有者、使用者となっています。

しかしここで注意したいのが軽自動車税は自動車税と異なり、月割りで税金の還付を受ける事が出来ないという点です。

軽自動車を売却して4月2日以降に所有者でない場合もすでに支払った軽自動車税の還付は行われません。

納付は自動車税と同様に一年間分と決められています。

そのため、軽自動車の売却を年度末にあたる3月末頃に行うと、書類の手続き上で軽自動車税の納付請求が元のオーナーにされてしまう場合もあるのです。

近年軽自動車は普通車よりも維持費や燃費が安い為人気がありますが、税金の月割り還付がない為トラブル防止として買取業者に必ず詳細確認をしましょう。

4月1日以降の売却は、自動車屋さんや買取店に自動車税の負担を相談する

車の売却時期はそれぞれの事情によって異なります。

車には自動車税と自動車重量税がありますが、廃車したときに還付されるのが自動車税です。

重量税に関しては還付制度がありません。

自動車税は車の売買でトラブルにもなりやすい為、特に売却する際は業者にしっかり確認しておきましょう。

自動車税の納付は1年分になり、金額的には5万円前後が必要になります。

そのため4月1日以降に売却する際は車の査定額で調整してもらうなど、トラブルがないようにお互いが納得できる対処方法を相談しましょう。

車の売却が3月、4月の場合は自動車税の取り扱いに特に慎重にならないといけませんが、車を処分する際は還付や納付などそれぞれのケースで異なります。

必ず車屋さんや買取業者と相談しましょう。

売却時に自動車税の扱いを必ず話し合うこと

トラブルになりやすい為、必ず自動車税に関してはどのような対処が必要になるか売却時に確認をしましょう。

すでに売却済みの車の税金を納付するのは納得できない方も多い筈です?

車の売却は査定額だけを意識せず、その他の手続きや税金関係などもあらかじめ理解しておきましょう。

まとめ:3月末の下取り買取は自動車税負担者の話し合いをセットで

自動車税が還付されるのは車を廃車にした時のみ。

買取業者などで売却する際はタイミングに注意しないと、次の自動車税の納付請求がきてしまいます。

そこで買取を依頼した場合は、査定額のなかに自動車税の分が含まれているかどうかを確認しないといけません。

特に3月末に車を売却する際は注意しましょう。

業者の書類手続きは時間が掛かります。

この時期の売却は自動車税との絡みがあるため、査定額の内訳を明確にしてもらい誰が自動車税を納付するかしっかり理解しておきましょう。

自分が所有していない車に対して税金を支払う必要は無いと思うのは普通です。

しかし、法律で定められている以上は納税の義務があります。

税金関係はとても複雑でついつい業者まかせになってしまうことも多いです。

後で嫌な思いをしない為にもスムーズな車の売却ができるように、自動車税の基礎を理解して業者との交渉の参考にして下さい。

スポンサーリンク