3度の飯よりクルマが好き!

車をスムーズに買換えるためのポイント!

change

車を定期的に乗換えている方なら買換えの流れも熟知していて、どんな準備をしておけばいいのか迷うこともないでしょう。

しかし、日本人の車を維持する期間が平均7年であることを考慮すれば、日本人の大半の方は買換えに慣れていないと考えられます。

そんな方がいざ車を買換えるとなれば、色々と疑問に思うことが出てきても当然の話です。

疑問を抱えながら買換えを進めていると、バタバタしてしまって納車が遅れたり、車の売却と新車の購入タイミングが上手くいかないなど様々なトラブルが発生します。

それ故に満足な買換えができなかったということにもなりかねません。

そうならないためにも今回は

  • 車の買換えはどんな流れなのか
  • どんな準備が必要なのか
  • スムーズな買換えを進めるために押さえておいてもらいたいポイント

を見ていきましょう。

買換えの流れと必要な準備は?

一般的な購入までの流れは下記のようになります。

  • 購入希望車種を決定する
  • 下取り車の査定を依頼する
  • 新車と下取り車の価格交渉を行う
  • 価格交渉で合意に至れば契約
  • 新車の納車と売却する旧車の引き取りの段取り
  • 納車・引き取り

この中で納車までの流れをスムーズに行うために一番重要になってくるのが、どんな車を買うのかの選定です。

車を購入にするにしてもどんな車を買うのかが決まらなくては話は前に進みません。

車は中古車にしても決して安価な買い物ではないので、自動販売機でジュースを選ぶように簡単に決めることができません。

欲しい車が決まっているなら話は別ですが、そうでない場合は希望する車が見つかるまでに時間がかかるのが普通です。

よって、余裕を持って車探しができる方なら問題ありませんが

  • 今乗っている車の調子が悪い
  • もうすぐ車検が来るのでその前に買換えたい

など買換えまでの期間が制限されている方は迅速な対応が必要になってくるのです。

バタバタした購入を避けるためにも車を買換えようと思いついた時点で、どのような車にするのか買換え準備を始めることをオススメします。

まずは予算の決定と気になる車のリサーチからはじめよう!

車を買換える際に一番先に決定しなければならないのが購入予算です。

これが決まらなければ車探しを始めることができません。

一括で購入するならいくらまで用意できるのか、ローンで購入するなら毎月いくらまでの支払いなら可能なのかを最初はアバウトで構いませんから決定してください。

そして、購入予算が決まったら気になる車のリサーチに入りましょう。

リサーチに入るといってもどんな車がいいのか漠然としている方もいるはずです。

そんな場合は購入予算を念頭に置いて

  • どんなタイプの車種がいいのか
  • 何人乗りがいいのか
  • 燃費性能はどれくらいがいいのか

の3つをまず考えてみましょう。

これだけでも新車なら購入できる車種はかなり絞れてきます。

リサーチは新車の場合なら各社ホームページやディーラー訪問、中古車の場合なら中古車情報サイトの利用がオススメです。

そこでいいなと思う車種が出てきたら、価格や性能、デザイン性などを比較して数台位にまで絞ってピックアップしておきましょう。

しかし、ここで1台に絞る必要はありません。

車の見積もりは1社からよりも複数社からとって競合させた方が確実に値引きが引き出せるからです。

こうして事前リサーチしておけば落ち着いて、価格交渉に入ることができます。

購入するのは新車?中古車?

買換えは新車に限るという方もいるでしょうが、予算的な問題などで中古車を購入する方も少なくありません。

自分の乗りたい車種をリーズナブルに購入できるのですから、中には中古車購入の方がメリットが高くなるケースもあるのです。

現行モデルにとらわれないのであれば、中古車の方がグレードの高いものが購入できます。

最近はディーラーが厳選した良質な認定中古車もあるので、中古車でも状態が良く安心して乗ることができるからです。

このメリットを理解して新車、中古車にこだわらないという方は新車のリサーチと並行して、中古車のリサーチも行うといいでしょう。

リサーチにかかる時間と労力は倍になってしまいますが、中古車にいい出物があれば中古車、なければ新車を購入すればいいのです。

多くの労力と時間をかけて選んだ分、買換え後の満足感は大きなものとなってきます。

購入にかかる費用は車両価格だけじゃない!

車の買換えで一番気になってくるのは車両代金と旧車の売却代金です。

いくらの値引きが得られるのか、いくらで売却できるのかで新車購入にかかる費用が変わってくる購入時には一番気になってくるところでしょう。

しかし、車の購入にかかる費用は車両代金だけではありません。

他にも購入した車を乗れるようにするための諸経費が必要なります。

車両代金の他に車の購入で必要となってくる諸経費は下記の通りです。

  • 消費税
  • 自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 車庫証明代行費用
  • 納車費用
  • ナンバー取得のための代行費用
  • リサイクル料

かかってくる諸経費は購入する車の排気量や購入価格によって違いますが、一般的な相場としては車両価格の10%~20%くらいが目安となってきます。

この諸経費は決して安価なものではありません。

多くの方がこの諸経費の存在を頭に入れておらず、見積りが出た時点で驚くことになります。

中にはこの諸経費のせいで希望していた車両の購入ができなくなったということもあるくらいです。

そうならないためにも購入したい車両が決まったら、まずはその諸経費が幾らになるのか試算するようにしてください。

家族や友人と相談しよう!

車の購入は簡単にできるものではありません。

決して安価な買い物ではないからです。

満足できる車購入をするためには、本当に自分が求めている車種が何なのか、どれが本当に満足して購入できるものなのか時間をかけて熟考する必要があるでしょう。

しかし、考えすぎるとなかなか決めきれない状態に陥ることにもなりかねません。

いつまでも悩んでいるといい出物を逃すこともありますし、アッという間に買換え期限を迎えることにもなってしまいます。

そんな時は信頼できる家族や友人に助けて貰いましょう。

違う視点で物事を見てくれる人がいるだけでモヤモヤが解消される事があります。

家族や友人に助言を貰うのも良い車選びのポイントです。

スポンサーリンク