3度の飯よりクルマが好き!

遠くの店舗の中古車は買っても大丈夫?保証や詐欺が心配…

遠方の販売店から中古車を安全に購入するには?

horizon

今では欲しい中古車をネット上で簡単に検索できるので、欲しいと思った車は大抵見つけることが可能です。

しかし、地元の中古車販売店では見つからず、在庫としてあるのが遠方の中古車販売店だけだったらどうやって購入すればいいのでしょうか?

もちろん購入することは可能ですが、納車までの流れは近隣の中古車販売店で購入するのと比べれば大きく違ってきますし、現物を見れないのですから納車後トラブルも気になってきます。

ですから、近隣で見つかるまで待つのが一番おすすめな方法と言えます。

しかし、中には我慢できず遠方でも構わないという方もいるでしょう。

そこで今回は遠方の中古車販売店から車を購入する際の注意点を詳しく説明していきながら、どうやれば安全に購入出来るのかを検証していくことにしましょう。

購入する前の重要チェックポイントはこれ!

しっかりと車の状態をチェックしよう!

遠方の中古車販売店から車を購入する際に一番重要になってくるのが状態チェックです。

近隣ならば簡単に見に行くことができるのですが、遠方となるとネット上に掲載されている数枚の写真でしか車の状態を確認することができません。

これでは納得いくまで車の状態を把握することができませんよね。

ですから、しっかりと業者と連絡を取り合って車の状態をできるだけ詳しく知ることを心がけましょう。

明瞭な写真を撮ってもらって気になる部分を確認するだけでなく、修理歴や事故歴など車の詳しい情報収集も必要です。

訪問できる距離ならば少し無理をしてでも現物確認するのが一番なのですが、そうできない場合には、密な確認と情報収集を行うことこそが粗悪車を掴まされないための重要ポイントとなってきます。

総額費用を明確に!

車を購入する際には車両本体以外にも様々な諸経費がかかってきますが、遠方から購入する場合にはさらに下記2つの諸経費が発生します。

・陸送費

登録がまだ終わっていない車を運ぶ費用の事。

・輸送費

車をキャリアカーや飛行機、船を使って運ぶ費用の事。よほどの遠方の場合はこちらになります。

よって、近隣の中古車販売店で購入するよりも確実に購入費用は割高になってくるのです。

近隣で購入すれば納車費用はサービスとなるケースが多いのですが、遠方だとそうはいきません。

また、遠方から車を輸送する費用もかかってきます。

これはどれくらい離れているのかによって料金が変わってきますが、これら2つの費用が幾らになるのかは車を購入する上で大きな問題となってきます。

これら諸費用は安くて2万円程度~高くて10万円前後くらいと言われています。

ですから、購入するかどうかは車両価格だけで決めることができなくなるのです。

必ずこれら費用が幾らになるのかをしっかりと把握した上で、購入検討に入るようにしましょう。

購入した中古車はどうやって運ばれるの?

遠方の中古車販売店から購入した中古車は購入者の元まで運ばれる事になるのですが、どこまで運ぶのか、どれくらい離れているのかによって方法は違ってきます。

上述した様にキャリアカーや飛行機、船など距離や条件によって変わる為、一概にこれとは言えません。

中には車が既に運転できる状態になっていると思っている方もいるようですが、これは大きな勘違いです。

車の登録は使用者住所の運輸支局でないとできないため、まだ車は運転できる状態ではないのです。

ですから購入先業者に依頼した場合には、あらかじめ使用者住所の司法書士に登録手続きの代行を依頼し、運送業者がそれを受け取って納車という流れになります。

こういった面倒な作業が発生するため、納車までの段取りは購入先業者に依頼するのが一般的です。

しかし、その費用が高いため、中には陸送費・輸送費を浮かそうと自分で現地まで引き取りに行くという方もいない訳ではありません。

それでは業者に任せた場合と自分で引き取りに行く場合の注意点を説明しましょう。

購入先業者に依頼した場合

購入先業者に依頼した場合の流れは先程説明しましたが、できるだけ陸送費・輸送費を安くあげたいという場合には

「受取場所を港や空港に指定する」

ことで費用を抑えることができます。

かなり遠方から購入した場合には、その輸送手段は船や飛行機が用いられます。

ですから、港や空港で受け取って自宅まで乗って帰ることで若干費用を抑えることができるのです。

しかし、この方法をとる際には1点注意が必要です。

それは自分で運輸支局に趣いて車検証やナンバーを受け取っておかなければなりません。

事前に購入先業者と陸運局受け取りの相談をしておきましょう。

自分で引き取りに行く場合

購入先業者が遠方といっても出向けない距離でないということもあるでしょう。

その際には自分で引き取りに行って高い費用をカットすることも可能です。

しかし、その際には車の登録をどうするのかが重要なポイントとなってきます。

引き取りに行っても車検証やナンバーがなくては運転して帰ることはできません。

ですから事前に登録をどう行うか購入先業者と相談しておかなければならないのです。

車の登録は

  • 購入先業者に任せる
  • 自分で行う

のどちらかになってきます。

購入先業者から必要書類を郵送してもらい、自分で陸運支局に出向いて登録をする方法が一番費用が掛からないのですが、車の登録をした事が無いという方には簡単にできることではありません。

また、半日は陸運支局に時間を割かれる事になり、忙しい方におすすめできないのです。

地元の行政書士に代行手続きを依頼するのが一番いい方法でしょう。

2~3万円くらいの代行手数料は必要となってきますが、陸送費・輸送費を支払うよりは安くなる場合が多いのです。

また最近は、引き取りに行った際に乗れる状態にしてくれる販売業者も少なくありません。

これは要相談になってきますが、自分で引き取りに行くという方は忘れず相談してみましょう。

車の遠方購入はトラブルとなるケースも少なくない!?

実は、遠方の販売店からの中古車購入は納車後トラブルが少なくないのです。

現物を見て購入するわけでもありませんし、直接会って商談するわけではありませんから販売業者のこともよくわかりません。

よって近隣で購入するよりもトラブルとなる危険性は大きいのです。

よく耳にするトラブルは

  • 納車後すぐに故障した
  • 事前に知らされていない故障を発見した
  • 内部構造に重大な問題があった(交換が必要なほど最悪な状態)

3つです。

中古車を購入するわけですからこういったトラブルは想定範囲内なのですが、遠方の販売業者から購入した場合は、トラブルへの対応がまたトラブルを生むことになります。

最近は中古車でも保証をつけてくれる販売業者が多いのですが、遠方では付いていても意味がないので保証を付けていないケースがよく見受けられます。

よって、故障が出た場合は購入者が自費で修理することになります。

また、返品を認めてもらっても車の運送費は自己負担となり、高額な運送費を支払うケースも少なくないのです。

納品後トラブルを避けるには?

それでは遠方の販売店から購入する際には、これらトラブルを防ぐ方法はないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

事前に納車後トラブルをどうするのかをちゃんと取り決めておくことで、これらトラブルから身を守ることができます。

よって契約時には

  • 保証を必ず付けてもらう
  • 地元で修理可能な提携先がある
  • 返品時の運送費は販売業者が負担

3点を契約書に織り込んでもらうようにしましょう。

遠方からの購入の場合には何かあっても販売業者に持っていけないと考えて保証を付けないケースもありますが、これは購入者の地元で修理OKな体制さえ作ってもらえば問題ありません。

信頼性の高い業者の中には、ディーラー持込してもらい修理代を負担するというシステムをとっているところもあります。

ですから、必ず保証と修理方法がどうなるかはきちんと話し合うようにしてください。

また、できるならば遠方といえども必ず出向いて現物を確認しましょう。

そうすればどんな販売業者なのかも直接目で確認できます。

粗悪車を購入しないための第一条件は信頼できる販売業者選びです。

直接会うことができなくても、こちらからの質問に対して明確な返答がなく、曖昧にされたり、連絡が遅いなど、ルーズな態度が感じられたら、その販売業者からの購入は控えた方が無難でしょう。

ちゃんと事前準備をすれば遠方からの車購入も怖くない!

中古車を遠方の販売店から購入する際には注意が必要です。

自分の欲しい車が見つかったからといって、すぐに飛びついては納車後にトラブルに見舞われることにもなりかねません。

新車ではありませんから、納車後の故障等が絶対にないとは言えませんし、購入先業者が信頼できないところであれば粗悪車を掴まされる可能性も考えられます。

遠方の販売店からの購入は、現物や購入先業者を直接見ることができないケースが多いので本当に注意が必要です。

しかし、事前に信頼できる業者であるかを見極め、納車後トラブルにはどう対応してくれるかを約定に盛り込むことで、これらトラブルから身を守ることは可能です。

遠方の販売店からの購入は見えない分だけ、慎重な判断が必要となってきます。

後から後悔しないためにも、事前準備は事欠かないようにしましょう。

スポンサーリンク