3度の飯よりクルマが好き!

車を売却するときの注意点は何?売却で損をしないコツ

車をどこに売却するか

carsale

車の売却をする際はいくつかの注意点がありますので、特に初めての方はよく基礎知識を理解しておきましょう。

車を売却したいと思った時に”どこに売るか”という点です。

中古車買取業者に売却する方法やディーラーに下取りに出す方法など、そのなかでも特に人気の中古者買取業者を利用する方が増えています。

ネットで見積もり依頼も出来るので大変利用しやすい点が魅力の一つです。

また車の売却は個人間のオークションという方法もあり、車をディーラーから購入する時は下取りとして、車購入の費用に充てる事が出来ます。

相場を理解すること

車を売却するときの注意点は買取金額。

大切に乗ってきた愛車を少しでも高い値段で売却したい願望は皆さんお持ちだと思います。

まずは自分の車の車種や年式、走行距離などの情報を元に、市場ではいくら位で取引されているかチェックしてみましょう。

車は時期や新車発売などのタイミングにより、意外な年式の車が高く売れたり、人気のない車種が突然売れるような場合もあります。

車の価値は時期や経済動向によって常に変動しているので、損をしないためにも自分の車の価値はしっかり把握しておくことが大切です。

一括査定を利用する時のポイント

車の売却といえば中古車買取専門店が人気があります。

買取金額もディーラーに比べると高く、幅広いネットワークで取引されているため、故障車でも年式の古い車種でも買取をしてもらえる点がメリットです。

車を売却する時に多く利用されているのがオンラインの無料一括査定サイト。

自分の車の情報を入力するだけで何社もの買取業者の査定額がわかります。

一度に何社も比較できるため、忙しい方にはとても便利な仕組みです。

しかしこの一括査定サイトを利用するにもいくつかの注意点があります。

査定額を問い合わせて業者から連絡が来る価格はあくまでも入力した情報をもとにした値段です。

そのため実際に車を見て決まる査定額とは多少異なる場合ありますのでご注意ください。

また一度見積もり依頼をすると、何社も一度に連絡が来て電話やメールで勧誘なども増えてしまいます。

見積もり段階でかなり高額な金額を提示してきても、実際には安くなってしまう場合もあるので覚えておきましょう。

廃車よりも売却するほうがお得

車の年式や走行距離、そして車種によって買取金額は異なります。

しばらく乗っていない車はそのまま放置していても、所有者として登録されている以上は自動車税の納付の請求がきてしまいます。

乗らない車の維持費ほど高いものはありません。

処分をしたい、古い車で故障してるしもう乗らないから廃車にしようと思うのは普通のことですよね?

しかし廃車手続きをするにも費用がかかり、書類手続きの手間なども考えないといけません。

中古車は故障車の場合でもパーツが再販できるため、値段が付かない状態の車でも一度は買取の見積もり依頼をすることが大切です。

お金をかけて自分で処分するより、わずかな金額でもお金になるほうがお得ですからね!

中古車は自分で思っている以上に価値がある場合が多いため、専門業者で査定額の見積もりをするとよいでしょう。

廃車処分をする前に、買取業者に見て貰うのがベストです。

まとめ:車の売却注意点!

車を売却するときの注意事項は、車の査定でチェックするポイントである以下の点

  • 車の年式
  • 車種
  • 走行距離
  • メンテ歴
  • キズや凹み
  • 内装のコンディション

これらのチェックポイントの中でも、特に年式、車種、走行距離が査定の約8割以上を決めています。

また、メンテナンスをして大事に使ってあげれば、査定額が下がると言う損を被る可能性が下がります。

売却する前に車内の清掃や洗車もしておくと良いでしょう。

しかし目立つ傷がある場合などは、かえって目立ってしまうこともありますので、それほど神経質になって修理やワックス掛け等を行う必要はありません。

手間や修理代がプラス査定を下回る事が殆どだからです。

最後に買取業者との余計なトラブルを避けましょう。

特に故障や修復箇所があるにも関わらず黙って売却するのはNGです。

次の持ち主でそれがバレてトラブルに発展した例もあります。

相見積をすれば得をする!?

無料一括査定サイトを使って相見積を依頼すれば、損をする所か査定額のアップを期待できるでしょう。

買取業者どうしで価格競争が起こり、予想以上に値段が上がるからです。

一社だけでは足元を見る業者も居るので、損をしない為にも相見積を依頼してくださいね。

スポンサーリンク