3度の飯よりクルマが好き!

キャスト・アクティバとハスラー!SUVルック軽カーを買うならどっち?

cast

ジムニーとは違う街乗りSUVとして登場したスズキハスラーは、悪路走破性の高い4WDカーファミリーカーが欲しい人や、使い勝手と個性が共存したデザインに惹かれたファミリー層に人気を博し、発売と同時に納車待ちが出るほどの人気を博しました。

これまで軽自動車SUVは無骨なデザインのスズキジムニーや、パジェロミニなどに限られ居住性や乗降性が悪いものばかり。

ですからスズキ・ハスラーがファミリーに支持され販売を伸ばすのは必然と言えたかもしれません。

対するダイハツはハスラーの人気を受け、アクティバを発表しスズキに追撃をかけました。

後出しモデルとしてハスラーによく似たコンセプトですが、アクティバは3種類の基礎モデルを用意して、選ぶ人の利用シーンや好みに合わせたクルマ選びを提供してくれます。

ハスラーのライバルとなるキャスト・アクティバを中心に、キャストのモデルを確認してみましょう。

キャストの特徴

キャストシリーズの全体的な傾向として、デザインのコンセプトはBMW MINIの雰囲気を意識して作られていることがわかります。

ダイハツは過去にもミラ・ジーノと呼ばれるMINIを意識したモデルをラインアップに加えていました。このキャストはジーノを独立させた車種といっても良いかもしれません。

キャスト・スタイルはミニの雰囲気をまとった、クラシカルな外見のモデルです。

流行りのツートンカラーやテールライトのフィニッシュは、ミニやフィアット500などの個性的なヨーローッパのコンパクトカーを意識しているのがひと目で分かります。

メッキのグリルやバンパーなども、ミニのカスタムパーツによくある外装パーツです。

プレミアムなMINIの価格や維持費が気になる人にとって、キャスト・スタイルは値段も手頃で所有欲の満たせる軽自動車といえますね。

アクティバの特徴

casta

キャスト・アクティバはスズキハスラーとコンセプトが最も近い5ドアSUV軽のモデルです。

ハスラーがジープを意識したデザインなのに対し、アクティバはMINIのSUVであるMINIクロスオーバーをリスペクトしたデザインです。

スタイルと同じボディを共有しますが、路面状況対応能力とクロカンスタイルを演出するため30mm車高を上げているので、純粋な同一車両ではありません。

また機能面でも4WDモデルには低速時の下り坂走行でブレーキをアシストするDAC(ダウンヒル・アシスト・コントロール)を搭載し、圧雪路面やぬかるみ走行時を助けてくれるます。

またタイヤが空転した際タイヤの駆動力を自動で制御するグリップサポート機能など、オフロード車としての機能も追加されているので、キャストの中では最も総合性能の高い車両となっています。

スポーツの特徴

castsp

スポーツカーっぽい雰囲気をまとった軽自動車、という印象のクルマです。

正直このグレードは、16インチホイールやMOMOの革ステアリングといったスポーツカー前とした装備をおごられてはいますが、基礎性能はキャスト・スタイルと大きな違いはありません。

一応2WDにはスポーツサスペンションが設定されていますが、カタログでもその性能や機構に触れられていないところを見ると、おまけに付けましたというレベルとして見るのがよさそうです。

価格が高いだけあって、LEDヘッドライト・フォグ・方向指示器など、ヒカリモノがふんだんに組み込まれています。

高級感で言うならスポーツが上ですが、あえてこれをスポーツと名づけてしまうのはどうかな?というモデルでもあります。

エレガンスとかラグジュアリーという名前なら、装備の面からも納得いきますが、外だけデコレーションしてスポーツというのはどうなんでしょう?

モデル名のミスマッチ感を除けば、装備面は充実していて、フロントリアともにLEDがふんだんにおごられています。燈火類にとても気合が入っているので、夜はシャキッとした雰囲気の車になってますね。

衝突防止装備のスマートアシストⅡや燈火類のオプションで頭を悩ませる必要性がないので、カスタム予定の人はこのグレードを選ぶと余計なお金がかからず結果的に安上がりになりそうです。

ハスラーとキャストの違い

hustler

ハスラーはジープ的な無骨ながら可愛らしいデザイン、キャスト・アクティバはミニ・クロスオーバーのような、都会的なデザインなのでそのキャラクターは正反対です。

どちらも4WDを選択でき、利用目的やユーザー層はかぶりますが、デザインの好みが別れるでしょうね。

ミニクロスオーバーもジムニーも所有したことのある筆者としては、ハスラーのほうが好みです。

理由はハスラーの方には、オフロード車に必要な「デパーチャーアングル」と呼ばれるバンパーとタイヤ接地面の角度が確保されており、それがしっかりとカタログにも記載されているところにあります。

アクティブなクルマとしての性格をもつSUVにはデザインも重要ですが、実際に悪路を走る時の走行性能が担保されていないと不安になります。

アクティバも車高を30mm上げて悪路に対応していますがデパーチャーアングルが不明なため、どうしてもハスラーの方にオフ車の安心感があります。

ただしあくまでオフロード性能も意識したクルマ選びとなりますので、SUVとしての雰囲気や各モデルのデザインが好きであれば気にするポイントでもありません。

本格的なオフロード性能を考えたら、ジムニーやパジェロ、ランドクルーザーなど本気のクルマに敵うわけではありませんからね。

MTグレードの有無

ハスラーには軽自動車には珍しいマニュアルトランスミッションの設定があります。

家族4人が乗れるファミリーカーでマニュアル車を選ぶことができる軽自動車はとても少なく、ハスラーはデザイン面でも優れていることから車好きなお父さんに刺さるクルマでしょう。

普通クルマ選びではあまり重要ではありませんが、このご時世にMT仕様を設定するあたり、クルマとして気合が入っているなーという、メーカーの意気込みが感じられました。

また燃費面でも、ハスラーのGグレード以上は簡易式ハイブリッド搭載のおかげでキャストより2km/L高い32km/Lという高燃費になっています。

安全装備はキャストが僅かに上

安全装備面ではキャストに軍配が上がり、クルマとしての基本的な性能はハスラー、各種装備や安全装備面ではキャスト・アクティバが優れています。

車両価格・燃費面・走行性能に重きをおくならハスラー
各種ライトの視認性・デザイン・安全装備を重視するならキャスト・アクティバ

コンセプト的にはよく似ている両車ですが、細かい部分の設計の違いから使用用途によって選ぶといいでしょう。

ですが、この2車種で一番重要なのはデザインの好みですので、そこは自分自身のインスピレーションを大切にしてクルマを選んでください。

どちらも個性的な外観ですが、キャラクターが真逆なくらい別物ですから。

まとめ

キャスト・アクティバとハスラーはコンセプト的に非常に近いクルマですが、アクティバは街乗りがメイン、ハスラーはもう少しオフロード寄りの機能と装備をおごられています。

どちらも魅力的なクルマですが、ハイブリッドが搭載されて燃費性能に優れるハスラーのほうが、価格もお手頃なのでおすすめです。

MTハスラーにオフロードタイヤのオールテレーンを履かせて、なんちゃってハマーとかやってみたいですね。色々楽しそうです。

スポンサーリンク