3度の飯よりクルマが好き!

車の名義変更の流れ、手続きのやり方は?

車の名義変更の流れ!最初にどうすればいい?

cars

車を譲って貰う側が申請する場合

車を譲ってもらう側が申請する場合には、自分が住んでいる管轄の運輸支局に出向き、まずは用紙を購入します。

手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書などです。

見本を見ながら必要事項を記入していきます。

印紙販売窓口で移転登録手数料の印紙を購入し、印紙を手数料納付書に貼り付け、ナンバーを返却します。

ナンバーの外し方やナンバーの封印の外し方などは、窓口の入り口に紙が置いてありますのでご確認ください。

返納を終えると手数料納付書に確認のスタンプが押されますので、書類一式を窓口に出します。

不備がなければ新しい車検証が交付されます。

その後は、自動車税の税申告窓口に自動車税・自動車取得税申請書と車検証を提出し、続けて納税を行いましょう。

ナンバーの変更がない場合はこの時点で終了になります。

ナンバーの変更がある場合

ですがナンバーの変更がともなう場合は、新しいナンバープレートを購入します。

ナンバー取り付けに使うビスなども同時に受け取って、自動車にナンバーを取り付けましょう。

最後にナンバーに封印を行ってもらって終了です。

車を譲って貰う側が用意する物・書類は?

車を譲られる側が用意する物・書類は以下の通りです。

  • 印鑑証明書
  • 車庫証明書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 申請書

印鑑証明書は発行日から3ヶ月以内のもの、車庫証明書は発行日から1ヶ月以内のもの、譲渡証明書は、実印が押されているものに限ります。

また、委任状が必要になる場合もありますので、その際は印鑑証明と同じ実印の押印が必要です。

手数料納付書と自動車税・自動車取得税申告書、申請書は当日に陸運局で準備すれば構いません。

車の所有者(譲る側)に用意して貰う物・書類は?

車の元の所有者である譲る側が用意する書類は以下の通りです。

  • 印鑑証明書
  • 車検証
  • 譲渡証明書

譲渡証明書には、印鑑証明書の実印が押印されている必要があります。

印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のものを用意しましょう。

車検証は、車検が切れてないことが必須です。

委任状が必要になる場合もありますので、その際は印鑑証明で証明された実印を押印しておく必要があります。

また、車検証記載の住所・氏名と印鑑証明の住所・氏名が異なる場合は、それを辿る事ができる住民票と戸籍謄本が必要です。

新旧の所有者に未成年が含まれる場合は未成年の戸籍謄本、両親どちらかの印鑑証明書、両親の実印を押した同意書が必要になります。

相続等で所有者の方が亡くなられている場合、亡くなられた方の戸籍謄本と遺産分割協議書が必要です。

名義変更に必要な書類を集めたら陸運局へ!

名義変更に必要な書類をすべて集めます。

そして、陸運局に書類とナンバーを持って行きましょう。

もしもナンバーの変更がある場合、車を持ち込む必要がありますので注意してください。

車を運転しなくてはいけないので、車検証が有効期間内であることは必須となります。

名義変更を行っている業務時間は平日のみとなっていますので注意が必要です。

また、必要経費は移転登録手数料500円、申請書の用紙代100円前後、ナンバープレート代は地域によりますが1500円程度、自動車取得税などが必要になります。

名義変更の流れは以上になります。

名義変更の流れは分かったけど面倒な場合は?

流れはわかったけれどもやるのが面倒…そんな時は代行業者がオススメです。

行政書士などが対応してくれる代行サービス会社が各地にあります。

インターネットで検索してもいいですし、口コミで紹介してもらってもいいでしょう。

料金もそれほど掛かりませんし、代行手数料として10,000円~30,000円程度を請求される場合が多いです。

価格差があるのはナンバープレートの変更や、車庫証明の取得も代行するかなど、サービスの内容によります。

実際に頼む場合は、見積もりを取って内容を確認しておきましょう。

一括見積りサービスがありますので、それを使ってもいいでしょう。

どちらにせよ一旦は見積もりを取って、代行の種類やどこまで自分が依頼を任せたいのかをはっきりさせておく必要があります。

また、代行費用にプラスしてナンバープレート代や車庫証明の費用などが別途かかりますのでご注意ください。

何もかもパッケージになっているサービスもありますので、面倒な場合はぜひ見積りを取ってみましょう。

見積り依頼は数分で出来ますので、インターネットで検索して行うのがオススメです。

代行業者に頼む場合は新旧の所有者両方の委任状が必要となります。

委任状には、印鑑証明と同じ実印で押された書類が必要となりますのでご注意ください。

まとめ

車の名義変更は自分でもできます。

ですが、名義変更にはたくさんの書類が必要で手続きも面倒です。

ナンバーを変更する場合は、車を持ち込んでのナンバープレートの変更になりますので、とても面倒で自分でやるのは嫌だという人もおられるかもしれません。

そんな時は地域の代行業者に依頼することで、その手間を省くことができます。

行政書士に依頼することでラクに、確実に、決まった期日までに名義変更の手続きを終えることができますので、オークションなどで車を購入した場合などにもオススメです。

また、死亡によって相続した場合や、単純に友人・知人から車を譲ってもらった場合にも、代行業者を使うことができます。

費用は業者によって異なりますので、見積りを出してもらいましょう。

車庫証明を自分で取るか、そこも代行してもらうかによって、サービスの内容と金額が異なってきます。

最初はどこの業者が良いかわからないと思いますので、業者の見積もりを比較してみましょう。

そして、良心的な価格でサービスを行ってくれる会社を選んで、そこに依頼しましょう。

行政書士を使って代行業を行っている業者にすると安心できます。

中には新しい所有者へ車の陸送も行ってくれる業者もありますので、自分がどこまで依頼したいかを考えて一括見積り登録を行うと良いでしょう。

スポンサーリンク