3度の飯よりクルマが好き!

車の名義変更に必要な書類は何?どこで手に入るの?

車の名義変更に必要な書類って?

車の名義変更には、複数の書類が必要になります。

必要書類一覧は以下の通りです。

  • 車検証

車検証は、車検が切れていないことが必須です。

車検証を無くしてしまった場合は、再発行の手続きが必要となります。

  • 新しい所有者の車庫証明

すでに駐車場を確保している必要があります。

発行日から1ヶ月程度以内だと有効です。

  • 新旧所有者の印鑑証明

役所で取ることができます。

発行日から3ヶ月以内のもので、実印を役所に登録しておく必要があります。

  • 新旧所有者の委任状も必要です。

先ほどの印鑑証明で証明された実印を押してある必要があります。

  • 譲渡証明書

旧所有者から新所有者に車を譲渡したことが確実にわかる書類が必要です。

  • 旧所有者の実印の押印

その他として手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、OCR用の申請書などが必要になります。

必要書類はどこで手に入るの?

  • 印鑑証明

市町村役場で手に入ります。

一通300円前後。

  • 車庫証明

は警察で手に入ります。

申請時2100円程度、交付時500円前後。

  • 車検証

車に積んでいることがほとんどです。

  • 譲渡証明書

自分で作ります。

  • 委任状

自分で作ります。

  • 手数料納付書

名義変更に行った陸運局でもらいます。

手数料500円程度です。

  • 自動車税・自動車取得税申告書

名義変更に行った陸運局でもらいます。

税金については、年式などによって金額が異なります。

  • OCR用の申請書

名義変更に行った陸運局でもらいます。

100円程度。

  • ナンバープレート代

変更がある場合のみ1500円程度かかります。

自分で名義変更する場合の必要書類は、上記のとおりです。

自分で名義変更する場合

自分で名義変更する場合は、上記の書類を揃えて陸運局に提出する必要があります。

書類は期限内で、特に車庫証明は発行日から1ヶ月以内に手続きする必要がありますので注意が必要です。

また、新所有者と新仕様者が異なる名義で登録する場合は、別途委任状と住民票が必要になります。

認印の押印があって、住民票は発行日から3ヶ月以内のものが必要です。

住民票の代わりに印鑑証明でも大丈夫。

車検証記載の所有者の住所・氏名が、印鑑証明と異なる住所・氏名となっている場合は、別途転居を証明する住民票が必要です。

複数回転居をしている場合は、つながりが証明できる複数枚の住民票が必要です。

また、この場合は戸籍謄本の附票(住所の変更履歴が記載されている)の方が良いでしょう。

氏名が異なっている場合は旧所有者の戸籍謄本が必要になります。

未成年が所有者に含まれている場合に必要な書類は

  • 未成年の戸籍謄本
  • 両親どちらかの印鑑証明
  • 両親の実印が押された同意書

同意書には、印鑑証明と同じ実印が押されている必要があります。

名義変更を代行して貰う場合の必要書類

依頼をする場合は上記の必要書類のうち

  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 申請書

などを抜いたものが必要です。

譲渡証明書、旧所有者と新所有者の印鑑証明、実印が押された委任状を用意しましょう。

車検証、車庫証明も必要になります。

代行してもらうにせよ必要書類は多いですので注意が必要です。

ですが、代行してもらうと陸運局での手続きが不要になります。

非常に面倒なので、代行を依頼した方が良いです。

旧所有者が亡くなった場合の必要書類

旧所有者が亡くなられて相続で車を受け取った場合には以下の書類が必要です。

亡くなられた方の戸籍謄本(除籍謄本)

発行日から3ヶ月以内のもので、亡くなられた方の戸籍が残っている戸籍謄本が必要です。

相続で使いますので、戸籍謄本に相続人全員の関係性が記載されている必要があります。

市町村役場でもらうことができます。

一通あたり300円前後です。

遺産分割協議書

相続人の印欄に、相続人すべての実印が押されている必要があります。

以上が追加書類になりますが、相続の場合は話が複雑になりますので必ず陸運局に問い合わせてから書類を集めてください。

まとめ

非常に複雑な手続きで、なおかつ準備するべき書類も多いため、面倒な場合は代行業者に依頼すると良いでしょう。

ですが、代行業者に依頼する際も名義を変更する前の所有者と、新しく所有する新規所有者の委任状や印鑑証明などが必要です。

業者に依頼しても書類を集める手間はかかります。

ですが、陸運局運輸支局での手続きの手間が省けるのは大きな利点です。

ナンバーの変更がともなう際は車を持ち込む必要もあり、とても面倒になります。

そんな場合は代行業者に依頼すると良いでしょう。

代行業者の料金は15,000円~30,000円程度になります。

諸経費が込みなのか、別途負担なのかによっても異なるので説明して貰いましょう。

行政書士が手続きしてくれるケースがほとんどで、大変便利です。

業者は毎日のように名義変更していますので法改正などにも対応でき、スムーズに名義変更を行ってくれます。

また、新しい所有者に車の陸送をしてくれるケースもあり、ネットオークションなどで車を購入した場合などに便利です。

費用を抑えようとして自分で手続きをやったとしても、時間が掛かりすぎて損をする可能性があります。

ここでは必要書類について記載しましたが、自分で手続きをするのは正直言っておすすめしません。

特に始めて手続きをやると言う方は、その手のプロに任せた方がスムーズに事が運びますよ。

スポンサーリンク