3度の飯よりクルマが好き!

コペンとS660どちらを買うべき?完全な好みで比較してみた

road

電動ハードトップを搭載したオープン2シーターという独特な存在感で、プレミアム軽自動車としてのジャンルを確立したダイハツのコペン。

初代の英国車のような丸みを帯びたデザインから一転、角ばった攻撃的なデザインをまとって登場した2代目は当初ネガティブな印象持たれていました。

しかし初代をリスペクトしたセロが登場し、トラッドなデザインも選択可能となりデザインを楽しむクルマとしての存在感を増してきました。

防犯性に優れたハードトップは時速30km以下でも開閉できるため、信号待ちのタイミングで手軽にオープンに移行できます。

維持費の安い軽の経済性と相まってセカンドカーとしての需要が高いコペン。その比較対象として常にライバルとされているのがホンダのS660です。

2シーターのプレミアム軽カーとして、人気を2分するコペンとS660は、どちらが買いなのでしょうか?筆者の完全な好みで比較してみました。

この記事は滅茶苦茶S660に偏っています!

コペンとS660どちらが良い?

copen

ダイハツコペンの直接的なライバルは、ホンダが生産するS660です。

コペンがオープンエアを満喫する、ラグジュアリーカーとしての特性が色濃く出ているクルマに対して、S660は攻撃的なデザインとエンジンをクルマの中央に積んだミッドシップカーとしてスポーツ性が前面に押し出されています。

コペンは日本の気候にあわせて、雨漏りの心配が少ないメタルトップを搭載。

そして車内のスイッチ操作だけで自動的に開閉できる機構を搭載しているので、急な天気の変化に瞬時に対応できる懐の広さを持ち合わせています。

コペンのオープンに搭載されている機構は、国内外の高級オープンカーが搭載しているものと同じで、信頼性の高い部品を採用しスムーズな開閉を可能です。

屋根の開閉はトランクが開き、ハードトップが折りたたまれて収納され、再度トランクが閉じるという、高級オープンカーと同じシークエンスで行われます。

この機構は外から眺めている方が楽しいギミックで、メカ好きにはたまらないですね。

また駆動系式FFなので、クローズ時のトランクスペースがそこそこ確保されています。2人分のスーツケースや小さめのゴルフバッグが積載可能です。

オープンにするとトランクルームに屋根が収納されますから、ハンドバッグほどのスペースしか残りません。なお荷物を入れたままオープンにすると故障の原因となりますので、トランクルーム内のスペースは常に把握しておきましょう。

コペンの性能

2シーターのオープンカーですが、走行性能はいたって平凡です。アルトワークスのような圧倒的軽さもなく、S660のような安定したコーナリングも期待できません。

ハードトップとオープン機構のため重たく重心も高いため、目を三角にして峠を攻めるような使い方は向かないでしょう。

コペン・ローブやXRAYは攻撃的なスタイリングをしていますが、クルマ自体はマイルドで景色を楽しむのに向いています。クルマの性格を考えると初代コペンやコペン・セロのデザインが1番キャラクタにあっていると思います。

ミッドシップマシン・S660

s660

対するS660はエンジンを車体の中央に搭載し、居住性を犠牲にしてでもクルマの性能を優先したミドシップカーです。トランスミッションも軽自動車としては珍しい6MTモデルをラインアップしています。

S660の居住性は最悪と言っても差し支えないくらい狭いです。コペンと比べてもその差がはっきりと分かるくらい違います。

コペンは狭いながらもドリンクホルダーや荷物置き場も確保されていますが、S660はドリンクホルダーはセンタートンネルの一番後ろ、運転席左の壁際にホルダーが1個だけ。

かろうじてスマホを入れるだけのスペースはありますが、使い勝手が良いとはいえません。

乗降性もかなり悪く、身長が高い人は天井に頭をぶつけてしまうでしょう。

ミッドシップカーの宿命として後ろのトランクルームは存在せず、ボンネット側にほんの僅かなスペースがお情け程度に用意されています。

ここから荷物を取り出すときに周りに反応を楽しめるミッドシップカーオーナーに許されたスペースなのですが、S660はレジ袋を入れるのにも難儀するスペースしか確保されていません。

しかもこのスペースは、S660の取り外したソフトトップの収納スペースの役割もあるので、オープンエアにすると何も入りません。実質助手席が荷物スペースとなってしまいます。

エンジンの搭載位置からして、人や荷物を積載して移動するクルマではなく、運転することそのものを楽しむクルマとして割りきって乗るクルマです。

走行性能は?

ではそこまで切り詰めたクルマとして、他の車をカモれるほど圧倒的な性能かといえば実際そうでもなく、自主規制の64psエンジンとMTモデルで830kgの車重は軽自動車でも特別軽くはなく、0-100mの直線加速はプリウスにも負けてしまいます。

そのかわり後方から響いてくるエンジン音の演出や、後輪にかかる強力なトラクションを武器にしたコーナリングの楽しさはミッドシップマシンでしか味わえません。

200万円という価格で、本来高級車しか採用されないMRカーを運転する経験ができるのことこそがS660の持つ価値です。

狭いウルサイ速くない、それでもS660は乗る価値のある車だと私は考えます。オープンカーはいつでも乗れますが、ミッドシップカーはそうそう乗れませんから。

買うならS660

コペンのオープンエアは魅力的ですが、クルマを操る楽しさはS660が圧倒的に上です。

コペンはS660と同じく走行性能はせいぜい1.5L車並か、それ以下です。重心が高いためアイポイントが低いにもかかわらず、ミラ・イースやミラジーノとあまり変わらない乗り心地ですから、ちょっと物足りなく感じました。

S660は加速やスピード感でヴィッツやマーチに劣ったとしても、サウンド演出やMR特有のコーナリング性能で運転していて楽しいと感じられるクルマでした。

日常の使い勝手を満たしつつ非日常をボタン一つで楽しみたい人はコペンです。S660を選んだらうるさい・挙動が不安定な危なっかしい・運転して疲れるだけのクルマですので間違いなく後悔します。

逆にブレーキングによる重心の移動や、アクセル操作による後輪トラクションの微調整、コーナリングからの立ち上がるまでの一連の動作が楽しくて仕方がないクルマ馬鹿は間違いなくS660を買うべき人です。

まとめ

私個人はコペンよりもS660のほうが魅力的に感じているので、S660寄りの内容になってしまいました。

コペンもいいところがあります。普段使いならコペンのほうが断然使いやすく、乗りやすいクルマです。

それでも、どちらを買うのか決まっていない人にはS660を選んで乗って欲しいと思っています。

ミッドシップの運転する楽しさを知ってほしいのです。

スポンサーリンク