3度の飯よりクルマが好き!

どっちがオススメ?ホンダ・ヴェゼル VS マツダ・CX-3を徹底比較!

コンパクト・クロスオーバーSUVの双璧ヴェゼルとCX-3

CX-3&ヴェゼル

最近人気のある車として、SUVの力強さを持ちながらも居住性と使い勝手のいいクロスオーバーSUV。

このジャンルは、ヨーロッパを中心にセダン・ワゴンに代わる新しい市場ととして、世界中のメーカーが力を入れています。

日本国内では取り回しが良く安価でコンパクトカーの燃費の良さを併せ持つ、1.5LクラスのクロスオーバーSUVに人気が集っており販売台数も増加傾向です。

その中でも人気を二分するのがホンダのヴェゼルとマツダのCX-3ですが、この2車は同じコンパクトクラスのクロスオーバーSUVながらも大きく異なる性質を持っています。

ヴェゼルはフィット譲りのハイブリッドを設定して低燃費を強調し、1.5L車は安価なSUVとして日常使い出来るコンパクトカーとしても人気を高め、販売台数ではクラストップの座に輝いているのです。

対するCX-3はクリーンディーゼルエンジン専用車種として独自の世界観を目指し、スタイリッシュなデザインと優れた走行性能で非常に評価の高いクロスオーバーSUVとしています。

似て非なるふたつが国内のクロスオーバーSUVの双璧と言えますが、買うならどちらを選ぶのが良いのでしょうか。

各項目ごとに比較してみましょう。

ヴェゼルの特徴

ヴェゼル2

コンパクトカーのフィットをベースにフィットの持つ使い勝手や低燃費性能はそのままに、力強さと最低地上高も高くされたデザインといったSUVテイストを盛り込んで登場したのがヴェゼルです。

しかも居住性能はフィット同等の広さと使い勝手を備えており、少しシートポジションが上がった運転姿勢により見晴らしも良くなるなどSUV化したことで、かえって女性ユーザーにも高評価を受けています。

もちろん低燃費性能はSUVとしてはもちろん、コンパクトカーとしてトップレベルであり、ハイブリッド車はFF車で27.0km/L、ガソリン車の1.5Lでも20.6km/Lと身近な足として使えるSUVとしているのです。

おすすめオプション 「前席用 i -サイドエアバッグシステム+ サイドカーテンエアバッグシステム」税込32,400円

ヴェゼル_エアバッグ

せっかくHonda SENSING付き車を選ぶなら、側面衝突時の安全性を高める為にも装備しないと片手落ちと言えるでしょう。

胸部へのダメージを低減するサイドエアバッグと、頭部や頚部を保護するサイドカーテンエアバッグがセットになっています。

※ハイブリッドモデル、ガソリンモデルの最安価グレード以外は全て標準装備です。

CX-3の特徴

CX-32

CX-3はデミオと多くの部分を共有していますがそのスタイリングは、SUVらしさ満載である兄貴分のCX-5とはかなり異なるスタイリッシュなものになっています。

CX-3はクロスオーバーSUVではありますが、車高は低くスポーツクーペと呼んでも違和感はありません。

エンジンは国内ではマツダのみが推し進めるクリーンディーゼルエンジンのみを採用し、ガソリンエンジンを設定しないという徹底ぶりがマツダらしさといえます。

また、4WDシステムも精密な制御を可能にするマツダ独自の「i-ACTIV・AWD」により、走行性能を前面に押し出しています。

おすすめオプション 「LEDコンフォードパッケージ」税込86,400円

CX-3_LED

このオプションはクルーズコントロールやオートライトシステムなど実用的な装備6点をセットしたもので、標準グレードの「XD」には是非装備したいオプションです。

ヴェゼルとCX-3の比較

サイズの違い

車種 全長 全幅 全高
ヴェゼル 4,295mm

(ハイブリッドRSは4,305mm)

1,770mm

(ハイブリッドRSは1,790mm)

1,605mm
CX-3 4,275mm 1,765mm 1,550mm

ヴェゼルとCX-3のボディサイズはほぼ同じで、ヴェゼルの方が20mm全長が長いですが、CX-3は全高が55mm低く、立体駐車場の使用が可能な高さに抑えています。

また、CX-3の最低地上高160mmに対してヴェゼルが25mm高く、見た目の印象も大きく異なります。

室内広さ・シートアレンジの違い

車種 室内長 室内幅 室内高
ヴェゼル 1,930mm 1,485mm 1,265mm
CX-3 1,810mm 1,435mm 1,210mm

ヴェゼルはCX-3より室内長が120mm長い分、室内スペースとラゲッジスペースに差が出ており、特に後席の足元スペースは余裕があります。

シートアレンジでもセンタータンクレイアウトを採用するヴェゼルの方が良好です。

ダイブダウンし、ほぼ水平になる後部シートは座面がチップアップするなど多彩なアレンジが可能になっています。

CX-3はサポート性と運転姿勢に優れたシートやペダル配置にもこだわるなど、運転席を最優先にした造りこみはクラス上のCX-5と比較しても遜色はほとんどありません。

走行性能と燃費の比較

ヴェゼルとCX-3の走行性能は両車ともにベースとなったコンパクトカーより優れているのですが、意のままに車を操り運転を楽しむという点ではCX-3が上回ります。

ドイツ車を思わせる入念に造りこんだ足回りでありながら乗り心地も良く、重量感さえ漂わせるところは最近のマツダ車ならではです。

ヴェゼルは軽快に走るという印象で、どんな人にも抵抗なく運転できる親しみやすさがあります。

そしてヴェゼル最大の特徴であるハイブリッドによる低燃費性能は、CX-3に大きなアドバンテージを持ちます。

また、モーターの強力なアシストによるパワーとトルクは1.8L車並みの動力性能を発揮します。

ヴェゼルの「SPOT HYBRID i-DCD」はFF車で27.0km/L、4WDで23.2km/L、ガソリン車の1.5Lでも20.6km/Lとコンパクトカーとしての普段使いに十分な低燃費性能を持っています。

CX-3の採用するクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.5」は、なんと言ってもその強烈なトルクが魅力です。

最大トルク270N・mという数値は、同じくマツダのアテンザセダン2.5L車の250N・mを上回っています。

そしてこのエンジンを全車に搭載していることを忘れてはいけません。

燃費に関してもFF車で最大25.0km/L、4WD車で23.4km/Lと、ヴェゼルハイブリッドに遜色がない数値です。

ですがこれはMT車のことであり、AT車ではそれぞれ23.0km/Lと21.0km/Lになるのでハイブリッドには及びません。

しかしディーゼルの燃料である軽油の価格はガソリンよりも15~18円/Lほど安いという利点があります。

月に1000km走行したとすると、ヴェゼルハイブリッドの燃料代は4,444円、CX-3の燃料代は4,565円という計算になり走行コストでは互角と言っていいでしょう。

(ガソリン120円/L、軽油105円/Lで計算)

安全性能の比較

ヴェゼルには「Honda SENSING」CX-3には「i-ACTIVSENSE」というそれぞれ独自の衝突回避支援システムを設定していて、その性能も甲乙つけがたいものがあります。

それぞれの特徴としてはCX-3は斜め後方を走る車両も検知する「ブライト・スポット・モニタリング」があり、ヴェゼルには道路標識を認識してディスプレイに表示する「標識認識機能」が備わっています。

この価格帯の車種に装備出来る十分な性能を持っていますが、スバルの「アイサイトVol.3」と比べるとやや見劣りしてしまいます。

人気度の比較とリセールバリューの違い

ヴェゼルとCX-3には大きな販売台数の差があります。

人気が販売台数でのみ判断されるとは思いませんが、実際にユーザーが選んだのはヴェゼルなのです。

2016年1~6月度累計販売台数の実績

車種 2016年1~6月度累計販売台数
ヴェゼル 39,183台
CX-3 12,429台

ヴェゼル・CX-3車両価格比較

車種 ディーゼル ガソリン ハイブリッド
ヴェゼル 設定なし 192万円~239万円 227万円~288万円
CX-3 237万円~302万円 設定なし 設定なし

車両価格の差が一番の要因と見られ、1.5Lガソリン車の設定がないCX-3はどうしても割高になってしまうのです。

またクロスオーバーSUVといえども燃費が最優先される日本の自動車市場では、軽油による経済性よりもハイブリッドの燃費性能の方がわかりやすいという側面もあるようです。

リセールバリューについては両車ともまだ十分な情報量はないのですが、人気のクロスオーバーSUVでしかも需要が多く見こまれるため、非常に良い相場になっています。

ヴェゼルとCX-3おすすめするなら

どのような目的で購入するかによっておすすめする車種は異なります。

上質なSUVが欲しくてその走行性能を存分に楽しみたいのならCX-3、ただし1人か2人での乗車が条件です。

あくまで日常の足としての使用状況ですが、ありきたりのコンパクトカーでは面白くないと思われる方ならヴェゼルでしょう。

こちらなら後席の余裕もありラゲッジスペースもCX-3以上に使えるので、ファミリーカーとして十分活用できます。

また、購入価格も安価な1.5L車を設定するヴェゼルの方が選択肢が多いのも、おすすめ出来るポイントとなります。

まとめ

見た目とスペックだけで判断するとまさに格好のライバル同士のヴェゼルとCX-3なのですが、実際には性格はかなり異なります。

ヴェゼルはファミリーカーとしての立場を超えずに、比較する車種もベースとなったフィットなのでしょう。

CX-3はSUVとしての走行性能とディーゼルの動力性能を追求し、ライバルは大型のSUVであり決してデミオではありません。

この小型SUVクラスには他にスズキ・イグニスもあり、これからトヨタも新型を投入してくるのでますます面白いクラスになりそうですね。

スポンサーリンク