3度の飯よりクルマが好き!

安全装備が充実のムーブは値引きは渋い?でも将来の下取りが期待できる人気車種

MWN

人気の軽自動車の中でも、ムーブとワゴンRはトップ二強です。そこに割って入ってきたのが、N-BOXという構図です。2014年に、ムーブは〝もっと軽に出来ること〟をテーマにフルモデルチェンジを行い、主に安全性能の強化で二車種を引き離しました。スマートアシスト(衝突回避支援システム)がさらに強化され、後方の誤発進(ブレーキとアクセルの踏み間違いなど)も抑制します。

ワゴンRも同等の安全性能を備えていますが、後方の誤発進に対する機能は無く、安全機能が備えられているのも2モデルのみとなり(標準装備はFZモデルのみ)、ムーブの3モデル標準装備には敵いません。

N-BOXは、安全性能のレベル自体がムーブに及びません。追突防止システムの作動条件が約30Km/h以下であるのに対し、ムーブは50Km/hまで機能します。

Move 安全

感知方式もワゴンRはレーザーレーダー、N-BOXがレーザーセンサーに対して、ムーブは単眼カメラ+レーザーレーダー+ソナーセンサー(上図)と他を圧倒していて、安全性能に特化していると言えますね。

ムーブは二車種と比較して何が違うのか?

現在、軽自動車への要望は、安全面や広い室内空間など普通乗用車レベルのものが求められています。

今人気の軽トールワゴン(全高1.6m程度まで)、スーパーハイトールワゴン(全高1.7m以上)もそうした背景から出来たジャンルです。

ムーブ・ワゴンRは前者、N-BOXは後者です。後者は、より広い室内空間とラゲージスペースを求めている人が辿り着く車ではないでしょうか?

N-BOXと比較した場合、ムーブの室内空間や、リアシートが完全にフラットにならない所(積荷が不安定になる)がデメリットになります。また、同じジャンルのワゴンRとの比較では、加速が劣る点がデメリットと捉えられますが、安全性能の高さが際立つために、気になる程ではありません。

いずれにしても、現在の軽自動車の熾烈な技術競争のおかげで、細かい部分の優劣で力関係が逆転してしまいます。

僅かな変化が違いとなるほど、今の軽自動車のパッケージングは完成されているのです。

ムーブはどれくらいの値引きが期待できるの?

一番知りたい値引きのお話。具体的にいくら引いてくれるのでしょう?

どこでも言われますが、軽自動車の値引きは、基本的に厳しいです。

もともとの車体価格が安く、また製造コストが高い(最近の軽自動車の充実した装備のため)ので、利益率が低いというのが原因です。

付き合いの長い営業マンなら利益度外視で引いてくれるでしょうが、だいたい10万円引きが限度でしょう。

上限までどう詰めるかが交渉術であり、その材料の一つとして合い見積もりがあげられます。

効果的な値引きの方法

ワゴンRを対象にする場合、一番の競合なのでそれなりに効果はあるでしょうが、大きな期待はできません(ワゴンRの値引きも同じ)。

合い見積もりをした上での、ムーブの最大割引額がおよそ13万円に対し、ワゴンRが10万円程度になります。車両価格では限界があるので、あとはオプションでの値引きをいかに乗せられかが上手な戦略です。

オプションを色々と付けて高くなったとしても「これだけオプション付けたんだから、値引きして!」とお願いすれば意外と値引いてもらえます。弱気に交渉すると足元を見られるので、譲れないラインを作って攻めていきましょう。

ディーラーオプションのナビはディラーへのマージンが高く、そこから値引きが引き出しやすいことから、軽自動車の値引き交渉によく使われるオプションです。

他にはローンの金利を下げてもらったり、エンジンオイルをリザーブしてもらうなど、サービス面の値引きを交渉するといいでしょう。

あまりゴネすぎるとディーラーも商売なので、面倒なお客様として相手にされなくなってしまいますから注意してくださいね。クルマは買ってからお付き合いが始まる商品ですから。

また、新車の値引きが厳しいので、新古車の人気も高まっていますが、人気車種に限っては一概にお得とは言えません。特に、ムーブは新古車市場では人気が高く、特に値引きしなくても勝手に売れていくので新車に負けないプライスタグが下がっていることもあります。

最後に

強豪ぞろいの軽自動車市場で、上位を維持するムーブは高い安全性能と燃費性能を誇ります。

上記した性能上のデメリットはありますし(大きく気になる所ではありませんが)、満足する程の値引きをして貰えない可能性もあるでしょう。

そこで競合車の見積もりを出し、値引き交渉で上手に活用して、なるべく安く手に入れたいものですね。他のディーラーで見積もりを出して争わせるのも効果的です。

スポンサーリンク