3度の飯よりクルマが好き!

ディーラーの下取りはどうして安いの?その理由は?

ディーラーで下取りを出すメリットとしては、手続きが楽であったり、車を所有していない期間がないことが挙げられます。ですが下取り価格が安くなるとディーラーへ下取りを出すのはためらわれますよね?

一般的に車を売る際はディーラーに下取りを出すよりも買取専門店に出したほうが買取価格が高いと言われています。

ではなぜディーラーの下取り価格が安いのでしょうか?それはディーラーと買取店の業態の違いに有るのです。

その理由について触れていきたいと思います。

ディーラーの下取り査定が安い理由

ディーラーの下取り価格が安くなる原因については主に以下の理由が挙げられます。

  • 査定基準

ディーラーは買取専門店と査定基準が違います。

ディーラー・買取店で同じ査定基準は、年式・年式・型番・修復歴の有無です。

ディーラーにとって重要な査定基準は、その車が自社できちんとメンテナンスを受けていて、なおかつ純正であることです。

中古車として販売するにも、ディーラーは保証をつけなくてはいけません。

メーカー保証と同等の保証をつけるには、新車と同じパーツが取り付けられている車でなおかつ、きちんとした整備を受けている車でないとダメなのです。

パーツを社外品の良いものに交換していてもプラス査定されることはありません。よくて通常と同じ査定、場合によっては純正品ではないのでマイナス査定をされることもあります。

  • 販売ルート

買取専門店はディーラーと比べて販売ルートが大きく違います。

海外への輸出、オークション、パーツのバラ売りなど、通常に売る以外にも様々な販売方法があります。なので車に合わせて最適な販売方法のノウハウがあります。それを買取価格に還元しているのです。

それに比べてディーラーは販売方法あまり多くありません。ディーラーは自社製品を売るのが非常に重要なので、下取りをした車の販売ルートが買取専門店ほど広くないのです。

もちろんカーオークションにも出品しますが、専門で売買している買取店と比べるとどうしても値段の正確性が劣ります。

  • 競合の違い

買取専門店は競合が非常に多く競争が激しい業界です。他社よりも優位に立つ最大の方法は1つ、買取金額をあげることです。

査定金額を出し渋っていると、車を売ってくれる人が減ってしまいます。オークションに出品する車が手に入らないと、買取店は商売になりません。

それに比べてディーラーは買取が本業ではなく、自社製品のファンに向けて車を売っているので、買取という点で競合は多くありません。車を売るのが本業ですから査定金額にシビアになる必要がないのです。

むしろ下取りで損をしたくないと思っているので、高い金額を提示するのは避けたいことなのです。

下取り査定と値引きの関係

ディーラーは下取りをする際に最初から新車を大幅に値引きすることはあまりしません。値引きは契約頼めの交渉材料になりますので、営業も落とし所を探ってきます。

そこで重要になってくるのが下取りの価格です。

買取サイトが一般化することで知られるようになりましたが、今でも下取り価格を低く見積って見積もった分車体値引きに見せかけて見積書から引くスタイルが横行しています。

愛車の適正な価格で売却するためにも、下取り査定だけでなく車一括査定サイトで見積もりをとって相場を知っておくことが重要です。

値引きと査定額は別物

ですから値引きと下取りの査定額のアップには何の関係ありません。

時折それを値引きと表現する人もいますが、あなたの資産の査定がアップしているだけで、その新車からは何も値引きされていません。

値引きは値引き、査定は査定と分けて考えることで、新しい車を最もお得に手に入れることができます。

買取店が高くなるわけ

  • 買取店はオークションの相場を知り尽くしている

買取店は、販売ルートが多くあります。流行の車、流行のパーツやカスタマイズなど多くの情報を持っています。その情報を元に、車の相場や値動きを予想して買取を射ているのです。オークションで人気のものは高い値段で売れることから強気の査定が可能になります。

ディーラーは自社で販売することが多く長期保証やメンテナンスの面から、たとえ流行っているものでも、社外品だと査定を低くせざるを得ないことも少なくありません。

  • 買取店のお客は世界、ディーラーは個人

そもそもディーラーは自社の新車販売を個人に販売するのが仕事です。下取り査定はメインのお仕事ではありません。

買取店は世界中の人が参加するオークションで、グローバルに車を売っています。想定する顧客が違うため、そもそもが畑違いなのです。

  • 買取店は販売ルートが広い

ディーラーは買取専門手に比べて販売ルートが狭いので、売る手段が限られてしまいます。

買取専門店は多くの販売ルートを持っていて、その車を売るのに最適なルートを選択できるので不良在庫になる可能性が低く、査定額を高く見積もることができるのです。

  • 買取店は全国に販売店舗で直接販売も手がけている

買取店はカーオークションで車を売るだけでなく、状態の良い車に関しては自社の販売店でも売っています。それも限られた地域ではなく、全国数百店舗の直営店で取り扱っているのです。

在庫を全国で共有していることから、九州で売れた4WD車を、四駆のニーズが高い北陸や北海道の顧客に提案することも可能です。

自社仕入れの自社販売のため中間マージンを取られることがありません。その分を査定額に還元できる強みもあります。

車一括査定サイトを利用して高く売る

ディーラーで下取りをする際は、必ずネットで無料一括査定を行いましょう。ディーラーの下取り価格は相場よりも低いことが多いです。これはディーラーの販売戦略ですから仕方がない部分もあります。

他のお店で見積もりの経験がなければ、下取り価格が適正価格と勘違いしてしまうでしょう。

車は月ごとに相場が変わってきます。ディーラーと交渉する際は、この相場を知らないと価格の交渉が難しいのです。

正しい相場を見るためには、数社の買取業者に見積もりをしてもらってください。

今はインターネットから、一回の申し込みで複数の買取店に見積もり依頼を出してくれる無料一括査定サイトがあるので、愛車の相場を知るにはうってつけです。

無料査定をして相場を知ってもらうことで、ディーラーに下取りを出した際に交渉をするカードになります。上手に交渉して下取り価格を高くしましょう。

下取りと買取どっちらで査定するべき?

答えを最初に言いますと、買取店です。買取店で先に査定をしてもらうとその車の相場がわかります。

相場を知っていると下取りに出した際に、すぐに交渉に入れます。先に下取り査定に出してから買取店に持って行って買取相場を知って、またディーラーに持っていく必要があるので手間が1つ増えてしまいます。

社会人の貴重な時間を無駄にしないために、先に買取店で査定してもらいましょう。

まとめ

  • ディーラーの下取り査定を鵜呑みにしない
  • ディーラーに持って行く前に、買取査定をしてもらい相場を知る
  • 買取査定を交渉材料として、査定額を適正値まで引き上げる
  • 買取査定は、ネットで車一括査定サイトを利用する!

スポンサーリンク