3度の飯よりクルマが好き!

ETCを前車から載せ換え費用やセットアップ手数料はいくら?

買換え時にETCを載せ換える時の注意点

etc

車を乗換かえる時にもったいないから使えるものは載せ替えたいと考える方は少なくないでしょう。

その載せ換えの一つとなるのがETCです。

ETCは製品機能を求めるものではありませんから、尚の事載せ替えて使いたいという方は多いのではないでしょうか?

しかし、ETCの載せ換えには気をつけなければならない点が一つだけあります。

それは再セットアップです。

ETCには車輌情報が設定されており、それがORSE(一般財団法人道路システム高度化推進機構)で管理されているので単に載せ替える作業だけでは利用できないのです。

ETC載せ換え時の注意点

それではETCを載せ替える際の注意点について簡単に説明していきましょう。

車の査定金額には車についているオプションが加味されているので、ETCを載せ替えるならば査定時に申告しておかなければなりません。

ETC自体がそんなに高額なものではないので、全く査定に影響していないというケースも多いのですが、売却先とトラブルにならないためにも申告しておくことをオススメします。

またETC自体そんなに複雑な構造ではないので自分で載せ替えようとする方もいるようですが、これはオススメはできません。

確かにオーディオシステムのように必ずしも業者に依頼しなければならないものではありませんが、個人の載せ替えは故障や感電のトラブルが懸念されます。

載せ替え費用は何万円もするものではありませんから、必ず業者に依頼するようにしましょう。

再セットアップを忘れないで!

前に乗っていた車が軽自動車で普通車に変えたとしましょう。

その際、旧車のETCを載せ替えてそのまま利用すれば、高速道路の利用代金は旧車の軽自動車料金の金額となってしまいますよね。

これは明らかな犯罪です。

道路交通法の罰金どころか、犯罪になってくるので捕まってしまいます。

基本的には車体の長さを判断してバーが開くようになっているので、軽自動車情報のまま普通自動車に載せ替えてもバーが開くことはありません。

しかし最近は軽自動車と変わらないような大きさのコンパクトカーも出てきています。

中にはバーが開いてしまう可能性もあるのです。

よって、載せ換え後は必ず自動車情報を変更しなければなりません。

再セットアップはETC販売店やディーラーなどで行えます。

セットアップ店はオンラインセットアップが出来る所と出来ない所があるので、注意が必要です。

オンラインセットアップが出来る所ならばORSE(一般財団法人道路システム高度化推進機構)とのやり取りをインターネットで済ます事ができるので短時間でセットアップが可能です。

しかし、出来ない所は郵送でのやり取りになるのでその分時間がかかるのが難点です。

急いでいる方は必ずオンラインセットアップが出来る所に依頼するようにしましょう。

また再セットアップにかかる費用は3,000円ほどです。

そこに工賃がかかってくるので、セットアップ店によっては新しいETCを購入するのと変わらないというケースも出てきます。

まずは再セットアップの費用が幾らになるのかを見てから考えて下さい。

スポンサーリンク