3度の飯よりクルマが好き!

フレアクロスオーバーはハスラーOMEの高性能な軽SUV!性別問わず乗れる粋なクルマ!

マツダ・フレアクロスオーバーはフレア、フレアワゴンに続くフレアシリーズの第3弾で新ジャンルの軽SUVモデルです。

マツダの開発ではなく、スズキ・ハスラーのOEM供給になります。

「クロスオーバー」は車のカテゴリのひとつで乗用車をベースにオンロードだけでなく、雪道や山の砂利道なども気にせず快適に走れる性能を持つモデルを指します。

フレアクロスオーバーも名前の通り、アウトドアやスポーツをイメージしたキャラクターです。

気になるのはハスラーとの違いですが、フレアクロスオーバーの詳細も含めて調べてみました。

フレアクロスオーバーってどんな車?

flair_crossover

フレアクロスオーバーはハスラーとほぼ同じタイミングの2014年1月末に販売開始されています。

先代モデルはマツダ・ラピュタ(スズキ・KeiのOEMモデル)といわれていますがネーミングも含め、実質的には全く新しいジャンルのブランニューモデルです。

ワゴンRをベースにサスペンションストロークの変更を行い、大きめの15インチホイールを採用することで最低地上高を180mmまで上げ、オフロードイメージを強調しています。

バンパーやフェンダーアーチモール、サイドスプラッシュガードは無塗装の黒色でAピラーを立て、ルーフを伸ばした直線基調で力強い印象のデザインです。

全体のスタイルとは対照的に丸形ヘッドランプとシルバーのバンパーガーニッシュ、小さめのグリルを使ったフロントマスクは可愛いらしいイメージになっています。

ボディサイドはブリスターフェンダー風の処理でチープさありません。

ルーフをホワイトやブラックで塗り分けた2トーンのボディカラーもよく似合うスタイリングです。

センターパネルをパイプでつないだようなインパネの造形や運転席の単眼メーターなど、シンプルで道具感の高いデザインで特徴的なヘッドライトをモチーフにしたウィンドウ側のエアコン吹き出し口など遊び心もあります。

flair_crossover_inpane

インパネとドアトリムはアクティブイエローやパッションオレンジ、ピュアホワイトの3色があり、シートのパイピングもホワイト、ブルーやオレンジ、イエローの4色がボディカラーに合わせて組み合わされます。

質感には目をつぶる必要がありますが、ポップなデザインとカラーリングで好感が持てるインテリアです。

テーブルとして使えるインパネボックスや助手席シートバックテーブル、シートアンダーボックスなどアイデアにあふれた装備があり、トレイやポケットなどが各所に配置され収納にも抜かりはありません。

リアシートは大人が足を組めるほど広く、左右独立スライド&リクライニング機構が付いています。

flair_crossover_interia

ラゲッジフロアは汚れを拭き取りやすい素材でカバーしてあるので、アウトドアでの使い勝手も良好です。

フレアクロスオーバーの性能

エンジンは自然吸気VVT(可変バルブタイミング)付のDOHC658ccエンジンとインタークーラーターボ付658ccエンジンの2種類になります。

駆動方式はFFとフルタイム4WDが選択可能で、ミッションは副変速付きCVTのみです。

4WDはビスカスカップリングを使ったスタンバイ方式で、前輪が空転すると自動的に4WDに切り替わります。

ジムニーほどの本格的なオフロード性能はありませんがアプローチアングル28度、デパーチャーアングル46度と本格的オフロード車並みの数値で、ある程度起伏のある路面でもボディが接地する事はありません。

4WDモデルには下り坂でブレーキを自動で介入させ速度を7km/h以下に保ち、ハンドル操作に集中できる「ヒルディセントコントロール」を軽自動車で初搭載し、悪路での発進性能を高める「グリップコントロール」も標準装備です。

足回りは柔らかめですが、全車のフロントにスタビライザーを装着しているのでコーナーでのふらつきもありません。

サスペンションストロークに余裕があるためオンロードでの乗り心地も良好です。

燃費も優秀でNAモデルが30.4km/L~32.0km/L、ターボモデルは26.2km/L(FF)~27.8km/L(4WD)になります。

新型エンジンの省燃費性能に加えてモーター機能付き発電機(ISG)と小型のリチウムイオンバッテリーを搭載し、エンジンアシストと発電を行う「S-エネチャージ」を全車に標準装備しました。

時速13km/h以下になるとエンジンを停止する「減速時アイドリングストップシステム」と空調ユニット内に蓄冷材を内蔵し、アイドリングストップ中の室内温度の上昇と再始動の回数を抑える「エコクール」も標準で装備されます。

こんな人にオススメ

フレアクロスオーバーのエクステリアは可愛らしく、力強いユニセクシャルなデザインで老若男女誰が乗っても様になります。

オフロード性能を持った軽SUVとはいっても、日常使いでネガティブな面はないので普通の軽自動車として便利に使えるでしょう。

特にお勧めしたいのは積雪が多い地方にお住まいの方です。

4WDモデルは雪道に強く最低地上高が高いので、普通の軽自動車では通れないような深い轍(わだち)でも問題なく走る事ができます。

運転席&助手席シートヒーターにヒーテッドドアミラー、リアヒーターダクトなど寒さに強い装備が全車標準です。

ハスラーは大人気ですがフレアクロスオーバーも人気が高く、目標の6,000台/年を超える8,000台以上が売れています。

個性的なスタイリングですが、もっと個性を出したい場合には豊富なアクセサリーでカスタマイズすることも可能です。

フレアクロスオーバーの価格

グレード構成はシンプルでNAエンジンが2モデル、ターボが1モデルの3種類になります。

  • XG:133.8万円(FF)~146.4万円(4WD)
  • XS:147.2万円(FF)~159.8万円(4WD)
  • XT:155.8万円(FF)~168.4万円(4WD)

グレードによって安全装備である衝突回避ブレーキシステムが変わります。

XGではレーザーレーダー式の「レーダーブレーキサポート」に対し、XSとXTでは「デュアルカメラブレーキサポート」となり、ステレオカメラ方式を採用し、車だけでなく歩行者も認識できるようになった為、作動速度域も拡大されました。

誤発進抑制、車線逸脱、ふらつき警報や先行車発進お知らせ機能など幅広く安全運転を支援するシステムです。

更にアルミホイールとフォグランプ、オーディオリモコン付き本革巻きステアリング、6スピーカーがXSとXTに追加され、XTのみフロントディスクブレーキがベンチレーテッドディスクになります。

ナビとオーディオはすべてディーラーオプションでメーカーオプションはボディカラーの指定のみです。

スズキ・ハスラーとの違いってあるの?

hustler

機能・外観・内装などはマツダのエンブレム以外に変更点はありません。

ディーラーオプションのボディデカールのみがフレアクロスオーバーのオリジナルになります。

フレアクロスオーバーはシンプルなグレード構成ですが、ハスラーはバリエーションが豊富です。

ハスラーに設定があり、フレアクロスオーバーで選択できないものは、

  • レーダーブレーキサポートを省いた107.9万円(FF)~の廉価グレード”A”
  • キャンディピンクメタリック/ホワイトの2トーンルーフ、ポジティブグリーンメタリック/ブラックの2トーンルーフ、スチールシルバーメタリック、シフォンアイボリーメタリックのボディカラー4色
  • 5速マニュアルミッション(NAエンジンモデルのみ)
  • 車体の4つのカメラで俯瞰映像や死角をディスプレイに表示する「全方位モニター」とメモリーナビのセット(メーカーオプション)

となります。

ハスラーには専用メッキグリルやクルーズコントロールなどを装備した「JstyleⅡ」という特別仕様車がありますが、マツダへの供給はありません。

車両価格については、XG(ハスラーG相当)で約6.5万円、XSとXT(ハスラーX、Xターボ相当)で約1万円ハスラーより高くなります。

まとめ

フレアクロスオーバーはクラスレスな雰囲気で、軽SUVとしての趣味性と実用性を両立しています。

普通車からのダウンサイジングでも足代わりの2台目としても楽しく使え、満足度が高い車です。

フレアクロスオーバーとハスラーのどちらを選ぶかは悩ましいところですが、ハスラーしか設定のないグレードやカラー、特別仕様車でなければフレアクロスオーバーでも性能や装備は変わりません。

ディーラーでの値引きやサービス、営業マンの対応で選ぶのが正解です。

スポンサーリンク