3度の飯よりクルマが好き!

クラリティとMIRAIを比較!ホンダとトヨタの燃料電池車の違いとは?

燃料電池車って何?

現在の自動車販売ではエコカーでなければ販売できないほどに程に風潮が変化してきました。

全世界で取り組まれている地球温暖化の抑止、枯渇が叫ばれる限りある化石燃料の問題もあり、自動車業界もその大きな流れに乗らざるを得なかった状態の中で変化を起こしてきた結果です。

エコカーの主流と言えばなんと言ってもトヨタ・プリウスに代表されるハイブリッド車なのは誰もが御存じでしょう。

それもまた時代の変化を迎える中での過渡期の技術であるのは、各自動車メーカーの技術開発を見ても明らかです。

化石燃料を全く使用せず、温暖化の原因となるCO2を排出しない電気を使用してモーターで駆動する車への切り替えが促されつつあります。

そんな中で今後の自動車の本命と目される燃料電池自動車がトヨタ、ホンダの2つのメーカーから発売され、次の時代の到来も遠くないでしょう。

そもそも燃料電池車とはなんでしょうか。

ここで、どのような車を燃料電池車と呼ぶのかご紹介します。

駆動系統の違い

mirai_performance

現在の自動車は主にガソリンや軽油を使用してエンジンによって燃焼させる事により駆動力を得ています。

これに対し燃料電池車ではエンジン自体を全く使用しないのです。完全にモーターのみで駆動力を得ています。

モーターを回すには電気が必要となりますが、燃料電池車ではこれを自己発電によって生み出していて、この発電のシステムが燃料電池と呼ばれるのです。

電気自動車の様に充電した電力で走行する訳ではありません。

燃料電池の仕組み

燃料電池ではガソリンを給油する代わりに水素を補給します。

水素を空気中の酸素と結合させて水を生み出す事によって生まれる電気が車を動かす力となるのです。

わかりにくい方もいらっしゃるかもしれませんが、中学の理科の授業で習った「水に電気を与えると水素と酸素に分解される」という化学変化の実験の逆の原理になります。

つまり燃料電池車ではCO2を全く発生させずに車を電気で動かして水のみを排出するという、地球温暖化抑止には夢のような技術です。

ただしここで問題となるのは水素をどこで補充するのかという事と、かつて巨大飛行船をも爆発させた水素の危険性です。

補充に関しては既に一部のガソリンスタンドにおいて販売を行っておりますが、まだまだ十分なインフラが整備されているとは全く言えません。

危険性についても根本的な解決には至っておらず、安全性に試行錯誤する中で一般普及が進められようとしている燃料電池車は、期待と不安の両方を持ち合わせたままでの販売となりそうです。

クラリティフューエルセルとMIRAIの比較

では今回燃料電車として販売を開始した2台を見ていきましょう。

まずはホンダクラリティフュエールセルですが価格766万円、一充填走行距離750km、現在はリース専用車となっています。

clarity_fuel_cell

clarity_fuel_cell_side

デザインはNSXやS660を思わせるインラインタイプの9灯式LEDヘッドライト、旧型のインサイトのようなリアタイヤを一部隠してしまうようなボデイ形状と一目でホンダ車とわかる感じになっています。

ただ言われなければ燃料電池車とはわからない普通のセダンです。

メーカーも「燃料電池であることを意識しないで普通に乗ってほしい」と言っていますのでそういう意味では狙い通りと言えます。

唯一燃料電池車だとわかる部分としてはトランク部分の大きな出っ張りだけでしょう。

この部分にはタクシーのガスタンク同様に水素を充填するタンクが格納されています。

燃料電池の各部品の配置はメーカーの苦心が伺いしれますね。

低床を売りにしてきたホンダらしい一台に仕上がっていると言えるでしょう。

みらい

一方トヨタMIRAIですが、価格は723万6千円、一充填走行距離は650km、こちらは一般販売を行っています。

デザインは現行の新型プリウスと似た感じではありますがLEDヘッドライトが4灯横に並べられ、両サイドに大きく切込みのように広げられたグリルが特徴的です。

それ以外にトヨタで販売されている車と大きな違いは見受けられません。

ホンダと同様に知らなければ燃料電池車である事は伺い知る事は不可能です。

ラゲッジにおいてはホンダのような大きな出っ張りは見受けられないものの、車体下のリアタイヤに挟まれた部分に丸い出っ張りが見られます。どうやらラゲッジの出っ張りを嫌いタンクを車両下部に配置をしたようです。

多少アンダークリアランスが気になるところですね。

そしてホンダとの最大の違いは5人乗りをあきらめ4人乗りと割り切った室内空間になります。

mirai_interior_seat

その分リアシートの足元部分にも余裕が見られ、分割されたシートもキャプテンシート的な優雅さを感じます。

2台を比較した時に大きな違いとなるのは価格と一充填走行可能距離と乗車人数ですが、最大の違いとしてはクラリティフューエルセルは官公庁や関連企業へのリース専用車でMIRAIは一般販売モデルという点につきます。

購入を決めても今は手に入らない?

クラリティフュエールセルは一般向けの販売は行っていない事もあり、あなたが「さあ購入しよう」と考えてもそれはまだまだ先の話となります。

ところがMIRAIも一般販売を行っているモデルながらそんなに簡単には手に入れる事は出来ません。

なぜなら納車まで3~4年待ちという状態が続いているからです。

これはトヨタの年間製造台数が年間700台、一日に3台しか製造されていない事が原因となります。

3,000台以上の受注を受け2016年には2,000台、2017年には3,000台と生産台数の拡大をトヨタが表明していますので、やがては少しずつ納車までの期間も短縮されていくでしょう。

しかしこの状態では当たり前のように燃料電池車を街で普通に見かける事ができるのは、まだまだ遠い将来のようです。

利用する車が少なければ、それに伴うインフラの整備もなかなか進んでいないのも当然だと言えます。

国からの補助金も出るので要チェック

他のエコカーや電気自動車と同様に燃料電池車も国からの補助金の対象となっています。

  • 自動車重量税は約3万円減額
  • 自動車取得税は約18万円減額
  • 自動車クリーン税制により購入翌年の自動車税が約2万2千円減額
  • クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金で最大約202万円返還

MIRAIを例にとると723万6千円の車両本体価格から202万円の補助金を受ける事で521万6千円で購入が出来る事になります。

ただ補助金には条件がいくつかあります。

例えば購入4年間の保有義務があり、車両登録1ヶ月以内に補助金の申請用紙を申請後審査に承認されると補助金が受けられるなどです

つまり購入時には通常の車両価格での契約が必要で、後日補助金で返金される形式となっています。

それに補助金全体の金額が予算超過時には補助金額が変動する事もあります。

補助金を受けられる際には細かい確認が必要になるのを肝に命じておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク