3度の飯よりクルマが好き!

下取りで引き渡す車のガソリン量は満タン?空っぽ?

下取り査定にガソリン量は影響してくるの?

gas

下取りの査定をできるだけ高くしたいと願うのは当たり前の話です。 ですから査定が高くなるポイントは何なのかを知っておくことは重要なポイントとなってきます。

それではガソリン量は査定を高くするポイントに含まれるのでしょうか?

査定時には、

「ガソリンは満タンにしておいた方がいいの?」

「ガソリン量は多いいほど査定にプラスになるの?」

「下取りに出すときのガソリン量の常識は?」

と戸惑う方は少なくないはず。

それでは安心して査定に臨んでもらうためにも、今回は下取り査定とガソリン量の関係について詳しく説明していくことにしましょう。

下取り車のガソリン量は査定に影響してくるの?

下取り査定時のガソリン量を気にする方が多いのは、「ガソリン量が査定に影響してくるかもしれない」と考えてしまうからでしょう。

しかし、結論から言うと査定ポイントにガソリン量の項目はありません。

ガソリン量が査定に影響することはまったくないのです。よって、査定前にガソリンを給油する必要はないというわけです。

もし下取りに出す前に誤って満タンにしてしまった場合にはガソリンスタンドで抜いてもらい、新しく購入する車に利用することをおすすめします。

下取り前には無駄な給油をすることがないよう注意してくださいね。

引き渡し時のガソリン量はどれくらいあればいいの?

いくら査定に影響しないからといっても引き渡し時にガソリンがほとんどない状態だと、「相手に失礼だ」と考える方もいるようです。

実に日本人らしい考え方ですが、実際にはそんな気遣いは無用です。

引き渡し方法にもよりますが、引き渡し時のガソリン量は引き渡し先のディーラーや販売店まで走行できる量があれば十分です。

しかも、引き渡し先もガソリン量は少ない方が嬉しいのです。

すでに転売先が決まっている場合ならまだしも、通常は転売先が決まるまで下取り車はディーラーや販売店で管理されることとなります。

その際、管理期間にもよるのですが、走行せずに放置しておくとガソリンがタンクを傷めてしまうことも考えられます。

ですから引き取り手としては持ち帰った時点で殆どガソリンがない状態の方が都合がいいということになるわけです。

エンプティランプが付いたばかりの状態くらいが丁度いい状態です。

車種によって違ってきますが、エンプティランプが付いてからの走行可能距離は50~100㎞が一般的といえます。

エンプティランプが付いてからどれくらいの距離を走行したかにもよりますが、30㎞を目処に、自宅から下取り先まで走行できるくらいのガソリン量があれば十分なのです。

スポンサーリンク