3度の飯よりクルマが好き!

車の廃車に必要な物や書類は?廃車手続きと流れついて!

車の廃車に必要な書類は?どこで手に入れるの?

廃車に必要な書類と入手場所を

廃車に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 所有者の印鑑証明
  • 所有者の委任状
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 移動報告番号と解体報告記録がされた日のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久登録抹消申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 住民票
  • 重量税還付のための金融機関名と口座番号のメモ
  • 重量税還付のための委任状
  • 窓口へ出向いた方の身分証明書
  • 窓口へ出向いた方の印鑑
  • 住民票
  • 戸籍謄本(氏名が異なる場合)

2.所有者の委任状

ご自身で廃車手続きをされる場合には、2の委任状は不要になります。

委任状が必要な場合は、車の名義人以外が廃車手続きを行う場合です。

その場合は、1の印鑑証明と同じ印鑑が押されている必要がありますので注意してください。

3.車検証・4.ナンバープレート前後2枚

車検証や、ナンバープレートがどうしても準備できない場合は、代わりに理由書を添付することで代用できます。

5.移動報告番号と解体報告記録がされた日のメモ書き

メモ書きは、解体をちゃんと行ったかの証明です。

リサイクル券に記載されている移動報告番号と、解体処理が終了したことをリサイクル業者から連絡が来た日のメモ書きをしている必要があります。

仮に、災害等で車が失われた場合は、代わりに罹災証明が必要です。

9~13は車検が残ってる場合に必要な書類

9~13は、車検が1ヶ月以上残っている場合で、重量税の還付を受けたい場合の提出書類になります。

車検証登録時の住所が印鑑証明の住所、氏名と異なる場合に必要な書類

14と15は、車検証に記載された所有者の住所・氏名が、印鑑証明の住所・氏名と異なる場合の必要書類です。

車の廃車手続きと流れ

廃車は、自分で手続きする場合と業者に依頼する場合で、手順がまったく異なります。

自分で手続きをする場合

1.書類の記入

上記の必要書類を持って、運輸局に出向きます。

6~8は、当日現地で準備出来ますので、それ以外の書類を持って、最寄りの運輸局に行ってください。

6~8の書類を入手して、必要事項を記載します。

記入方法は運輸局内にサンプルがありますので、見本を見ながら記入していってください。

運輸局周辺には、代書屋がありますのでそこで依頼することも可能です。

その場合は、書類をもらう必要はありません。

2.ナンバープレートの返却

書類一式が完成したら、運輸支局内のナンバープレート返納窓口に前後のナンバープレート2枚を返却しましょう。

返却すると手数料納付書に、印鑑を押してもらえます。

3.窓口へ書類を提出

運輸支局の窓口に、書類一式を提出します。

ここでモレ等がなく、正しく書かれていてその他の書類もそろっていれば運輸局内での手続きは完了です。

4.自動車税の還付の申請

運輸局内部には、自動車税事務所の税申告窓口があります。

そこに自動車税・自動車取得税申告書を提出しましょう。

あとは4月を基準にして、自動車税が月割で計算されて還付されるので、それを受け取るだけです。

だいたい、3ヶ月程度かかります。

5.自動車保険の還付の申請

自動車保険も保険期間が一定以上残っている場合は、申請することによって保険料の還付が行われます。

詳しくは、加入している保険会社に聞いてみましょう。

業者に依頼する場合

1.依頼する業者を決めること

まず、どの業者に廃車を依頼するか決める必要があります。

一括見積もりを使って、一番高く買い取ってくれる業者を依頼すると良いでしょう。

また、ディーラーや自動車整備工場、中古車販売会社、スクラップ工場などさまざまな業者が廃車を請け負っています。

基本的には、普段から付き合いのある業者に依頼すると良いです。

しかし、そういった業者がない場合や、少しでも高く売りたいと思う場合は、一括見積もり登録を使って依頼する業者を決めてください。

2.引取方法の決定

動くか動かないのかにもよりますが、自動車の引取方法を決めます。

動かないのであれば、レッカーを使うことになりますのでレッカー代がかかりますし、動くのであれば自分で運転して、運ぶ費用を省くこともできます。

3.必要書類を集める

免許証のコピー、車検証などの必要書類を、業者に提出します。

4.業者が廃車の手続きを代行する

ここで、必要書類の受け渡しと廃車にしたい自動車の引き渡しが完了したら、あとは、業者側で廃車の手続きを代行してくれます。

廃車の手続きは早くて数日、長ければ1ヶ月程度かかりますので注意が必要です。

業者にはあらかじめ、どのぐらいの期間がかかりそうか聞いておくと良いでしょう。

5.抹消登録証明書の受け取り

廃車の手続きが完了すると抹消登録証明書が送られてきますので、それを受け取った時点で廃車の手続きは完了したことになります。

廃車手続きを自分でやるのが良い?

自分で手続きをする場合のメリット

自分で手続きをする利点の大きなものとしては、金銭的な負担が軽くなることが挙げられます。

手続きそのものは無料で行えますし、廃車にかかるレッカー代や処分代もできるだけ節約して行うことで、かなり安く挙げられます。

税金や保険料も戻ってきますので、還付の分だけ資金面でのゆとりがでます。

自分で手続きをする場合のデメリット

自分で廃車を行った場合のデメリットとしては、上述した書類をすべて集めてわざわざ陸運局まで行き、すべての手続きを自分で行う不便さが挙げられます。

廃車手続きは、とても手間がかかるものです。

時間を取られすぎるため、「これなら最初から業者に頼んでおけば良かった・・・!」と思われることもあるでしょう。

廃車手続きを依頼した場合のメリット・デメリット

廃車手続きを依頼した場合のメリット

廃車の手続きを業者に任せる場合、そのメリットはなんといってもラクなことにつきます。

手続きが非常に楽ですべて任せるため、車と必要書類を渡すだけで、あとは廃車の通知が送られてくるのを待つだけです。

廃車手続きは、上で見てきました通り非常に手間のかかります。

ですので、それをプロに任せることで時間の節約になるのです。

手間も買えますので、事故直後などの精神的に動揺があるタイミングや、多忙な際は依頼した方が良いでしょう。

また、あまりに廃車手続きが煩雑で面倒を感じる場合など、業者に依頼することで手続きが非常にシンプルになります。

お金を渡して、あとは車の引き渡しと書類を渡すだけで廃車手続きは完了です。

廃車手続きを依頼した場合のデメリット

廃車手続きを依頼した場合のデメリットとしては、やはり予算がかかるということです。

また、業者によっては税金などの還付も受けることができません。

業者が代わりに受け取ってしまうからです。

税金や保険料などの期間がだいぶ残っていて、車検の期間がまだまだあるという場合は、還付される額も大きくなってきます。

その場合は、自分で手続きしたほうが金銭的なメリットを得る事が出来るでしょう。。

必要な書類や費用がかかる

なんといっても一般的に考えて、得られる金銭の額と手間を考えると、業者に依頼したほうが圧倒的にお得です。

その分の時間を使って本業で稼いだほうが、よほど手元に残るお金は多いと考えることもできます。

自分で廃車手続きを行うには必要な書類は非常に多く、また、手間も時間も掛かるからです。

一方で、業者に依頼するのは費用がかかります。

そして還付も受けられませんので、このメリット・デメリットのトレードオフで、自分で手続きするか業者に依頼するかを考えるといいでしょう。

まとめ カーネクストがオススメ!

カーネクストのホームページはこちら!→カーネクスト

カーネクストは、廃車専門の業者です。

還付金も受け取ることができます。

事故車や動かない車など、どんな車でも、0円以上の買取保証がついていますので、高値で買い取って貰えるからです。

また、申し込みから廃車の手続きまでは一切無料で、レッカーの引き取り代やスクラップ費用、書類手続きの代行料などはすべて無料となっています。

必要書類と車を引き渡すと後は買取額と還付金が振り込まれるので、完了の報告を受けるのを待つだけです。

カーネクストではどんな状態のボロボロの車でも、0円以上の買取保証を行っており、廃車にまつわる費用は一切無料になっています。

日本全国を対象としており、廃車のプロによるあんしんのサポートと年中無休の受付で好評です。

他店では費用がかかると言われた車も、カーネクストならば無料で引き取り手続きを行ってくれる場合があります。

独自の販売網を持っているため、他店で買取不可能と言われた車でも10万円などの価値がつくことがあるのです。

一部離島をのぞき、動かない車でも全国引き取りに来てくれますので、オススメの廃車専門業者となっています。

スポンサーリンク