3度の飯よりクルマが好き!

古い車、ボロボロの車の廃車!掛かる費用は?

古い車の廃車方法は?

hammer

もう車が乗れなくなってしまったり、新しい車を買い換えようにも下取りに出せるほどの価値が無い場合、古い車は廃車にするしかありません。

廃車とは、ナンバーを返上して、購入時に登録した車籍を抹消する手続きをいいます。

ボロボロの車はもう廃車しかありません。

ですが、廃車の手続きはどのように行えばいいのでしょうか?

一般的に、自分でナンバーを返上して手続きを行う方法と、専門業者にお願いする方法とがあります。

純粋に金額面だけでみれば、自分で手続きを行ったほうが何かと経済的なメリットがありますが、購入時の登録と違い、廃車は手続きが面倒です。

依頼した場合はいくらぐらいかかるのでしょうか?自分で手続きを行った場合と比較して見ていきましょう。

ボロボロの車を廃車にした場合の費用は?

自分で廃車にする場合と依頼する場合では、費用が異なります。

具体的には次で見ていきますが、まず、その車がちゃんと動くかどうかによっても予算が異なるので理解しておきましょう。

自走が可能で解体業者まで自分で走っていける場合ならば、レッカー代は無料ですが、そうでない場合はレッカー費用が必要です。

レッカーを使用して運んで貰う場合は通常、距離に応じて値段が決まりますので、なるべく車を止めている近辺の業者に運んでもらうようにするといいでしょう。

また、解体業者を選ぶ上でも注意が必要です。

無料で引き取ってくれる業者もあれば、10,000~20,000円程度の費用が発生する業者もあります。

自動車リサイクル法もスタートしているので、その自動車リサイクル料金の支払いも必要です。

通常は車を購入した時に支払っているものなのですが、未払いの場合もあります。

その場合は、自動車リサイクル料金の支払いが必要です。

自分で廃車手続きをした場合の費用

自分で廃車手続きを行う場合、必要書類等に若干ですが費用がかかります。

といっても、一時抹消登録の場合は抹消登録のための登録申請手数料350円と申請書代100円かかり、合計で450円です。

永久抹消登録の場合は、自分で行えば無料となります。

仮に、廃車にする車に1ヶ月以上の車検が残っていている場合は税金の還付が可能です。

受けられる還付額は、その残っている車検の月数に応じます。

自動車税は月単位で月末締めですので、廃車の手続きに時間がかかり、月をまたいでしまった場合は、その分キャッシュバックの金額が少なくなりますので注意が必要です。

必要な書類は

  • 車検証
  • 所有者の印鑑証明書
  • 所有者の委任状(名義が自分の場合は不要)
  • ナンバープレート

仮に車検証の所有者の住所と印鑑証明の住所が異なる場合は、引っ越しがわかるような住民票が必要です。

手続きの流れ

多少面倒ですが、必要事項を記入し、陸運局の登録受付窓口に書類を提出しましょう。

ナンバー返納窓口がありますので、そこでナンバーを前後の2枚返納します。

しばらくすると交付窓口から呼ばれますので、次に向かうところを聞いて次々と手続きを完了します。

書類一式が完成してから、ナンバープレートは提出してください。

ナンバーを返納しますと、手数料の納付書に対して返納の確認印を押してもらえます。

書類一式を提出して、窓口で特に不備がなければ、運輸支局での手続きは完了です。

永久抹消の場合は、自動車税の還付があります。

運輸支局内に自動車税を取り扱う窓口がありますので、そこの税務申告の窓口に、自動車税・自動車取得税申告書を提出してください。

この書類が正しく揃っていれば、自動車税が月割計算で還付されます。

自動車税の還付は通常、登録抹消の翌月末に通知書が発送されるのです。

通知書は、各都道府県の県税事務所から発送されてきます。

還付金は月割計算ですので、人によって戻ってくる金額が違う事を理解しておきましょう。

自動車重量税も戻ってきます。

こちらも還付までには手続き完了から3ヶ月程度かかるようです。

自動車税の場合とだいたい時期的には同じぐらいですが、自動車税のほうが若干ですが還付が早い傾向があります。

廃車手続きを依頼した場合の費用

では、廃車手続きを依頼した場合はどうなるでしょうか?

手数料や代行費用などがかかりますので、税金の還付はほとんどありません。

車検が残っていることによるメリットも無いのです。

廃車にかかる費用は、業者によってバラバラになっています。

なぜなら、廃車にしようとしている車をリサイクル資源として活用することができる業者では買い取ってくれるからです。

スクラップにするしかないと考えている業者でしたら、その分の手数料が増えて、廃車手続きを依頼した場合の費用は高くなります。

また、まだまだ修理して使えると思われた場合は、その分プラスで買い取ってくれるでしょう。

廃車にするはずの車が、数十万円の値段がついたりするのです。

それは見積もりに出してみないことにはわかりません。

古い車だからといって、持ち主本人は廃車にするしかないと思っていても、業者によっては価値を見つけ出すこともできるのです。

ですので、廃車手続きを依頼した場合の費用は簡単に

  • 引き取り代 3,000円程度
  • スクラップ代 最高で30,000円程度
  • 未納だった場合のリサイクル料金 7000円~20000円程度
  • 手続きの代行費用 10,000万円程度

廃車自体の手続き料金はかかりません。

最高で67,000円もの差が出てしまうのです。

自分で廃車手続きをした方が費用はかからないが・・・

これだけ見てみると自分で廃車したほうがお金はかからないし、処分費をなんとか工夫すれば、ほとんどお金をかけずに廃車手続きが可能です。

ですが、前述しましたとおりご自分で廃車手続きをする場合は、各種書類を揃えて、運輸局の窓口ですべての書類の内容を確認しながら提出する手間がかかります。

お金は工夫次第でほとんどかからないのですが、時間と手間がとてもかかるのが難点です。

見積もり次第で安くなるのでしたら、出来る限りやすい業者を探してそこに依頼したほうが、時間と手間の節約になるのではないでしょうか?

まとめ

廃車は自分でもできますし、手続きを依頼して行うこともできます。

自分で行う場合は費用はかかりませんが、大変な手間と時間がかかるのも覚えておいてください。

逆に、業者に依頼した場合は手間はかかりませんが、いくらかお金が必要な場合があります。

ですが、お金が貰える場合もありますので、廃車前に見積もりに出してみるのがベストでしょう。

費用を安く抑えるポイントとしては、やはり自動車を引き取ってもらう業者の見積もりを取ることです。

それも、一社だけでなく複数の会社から見積もりを取ってください。

一括見積り査定のサイトなどを使って、安くあげられる会社を探しましょう。

スポンサーリンク