3度の飯よりクルマが好き!

廃車手続きと流れ!税金の還付や代行について

廃車手続きに必要な書類は?

document

廃車手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録があります。

ここでは、自動車を完全に登録抹消し2度とナンバプレートを取れないようにする”永久抹消登録”に絞ってお伝えしていきます。

1.所有者の印鑑証明
2.車検証
3.前後のナンバープレート2枚
4.業者から受け取った「移動報告番号」と「解体記録日」のメモ

が基本的に必要です。

その他の書類は、当日に現地(陸運局)で準備出来ます。

とくに、所有者以外の方が陸運局に出向く場合は

所有者の委任状

が必要となり、これには印鑑証明に登録されている印鑑が押されている必要があります。

自分で廃車する場合の手続きと流れは?

自分で廃車を行う場合、普通乗用車と軽自動車によって流れが異なるので注意が必要です。

普通乗用車の場合

普通乗用車の廃車の場合は、陸運局へ行きます。

陸運局でまず、書類「第3号様式の3」を購入しましょう。

車検証をチェックし、必要事項を記入します。

業者から受け取ったメモを見ながら、「移動報告番号」「解体記録日」も忘れずに記入してください。

その後は、ナンバープレートを返却窓口に返しに行きます。

返却したら「第3号様式の3」の用紙にマークして、書類を提出。

そして、あとは順番通りに提出して行ったら、廃車手続きは完了です。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、管轄の軽自動車協会へ行きましょう。

軽自動車協会では、まず書類「軽4号様式の3」を購入します。

車検証をチェックしながら必要事項を記入し、業者から受け取ったメモを見て、「移動報告番号」「解体記録日」も忘れずに記入してください。

その後は、ナンバープレートを返却窓口に返しに行きます。

返却したら「軽4号様式の3」の用紙にマークして、書類を提出。

あとは順番通りに提出して行ったら、廃車手続きは完了します。

重量税の還付がある場合のみ「自動車重量税還付申請書表」が発行されますので、それを受け取って終了です。

廃車手続き後に税金の還付を受けれる!

車を廃車手続きしたあとは、税金の還付を受けることができます。

自動車税や重量税は前納しており、廃車時点での車検が一ヶ月以上残っていれば税金が還付されて戻ってくるのです。

この手続を忘れないようにしましょう。

自動車税も重量税も還ってきますが、軽自動車税に関しては還付されませんので注意が必要です。

期間は、だいたい2ヶ月後~3ヶ月後に戻ってきます。

廃車の手続きをされる際には、口座番号のメモを忘れないようにしてください。

代行依頼は、業者が還付金を受け取ることも

代行依頼は便利なのですが、見積の際に業者が還付金を受け取る前提で見積もりを出される可能性があります。

代行依頼は格安になるか、こちらにいくらかプラスになって戻ってくるケースが多いのですが、その場合は還付金を業者が受け取る前提になっていることがほとんどです。

もしも還付金がどうなるか知りたいのであれば、見積もりを取る段階で還付金のことを業者に聞いてみましょう。

誠実な業者であれば、隠さず教えてくれます。

もしもそこで不誠実な態度を取られてしまったら、その業者に依頼するのはやめたほうがいいでしょう。

やはり何事も誠実に商売をやっている方に、お願いしたいものです。

ですので、還付金をこちらに還してくれるのか、それとも業者が受け取るのかは、後々モメないためにも、あらかじめ確認しておくことが大切だと言えるでしょう。

自分で廃車する場合のデメリット

自分で廃車すると還付金が受けられるのですが、それも車検がまだまだ残っている場合に限ります。

手続きの面倒臭さや、時間がとられることを考えたらデメリットはおおきいでしょう。

仮に事故の直後だった場合などは、怪我をしている可能性もありますし、廃車手続きに時間を取られている場合ではないのかもしれません。

仮に時間に余裕があって、暇なので廃車手続きをしても問題は発生しないとか、事故直後とかでない場合は、自分で廃車を行ってもいいでしょう。

わずかですが還付金も受け取れますし、スクラップ費用以外をとられることもありません。

それに、業者に還付金を持っていかれる心配も無いからです。

業者に廃車の代行を依頼した方が良いの?

業者に廃車の依頼を代行してもらった場合、時間がかからないのが最大のメリットです。

スクラップからナンバーの取り外し、返納、税金の手続きなど、すべて行ってくれます。

あとは車を引き渡して必要書類を渡すだけで廃車手続きが完了したら連絡がくるのを待つだけです。

ですがその代わり、本来ならば戻ってくるはずの税金が差し引かれますので、還付を受けることはできなくなります。

車検を受けたばかりで廃車にするとなると、結構な額の還付金が業者の手元に入ることになります。

時間はかからないのですが、戻ってくるはずの税金が差し引かれるのが難点です。

自分で廃車する場合と業者への代行依頼は一長一短

廃車を任せる場合と、自分で行う場合。

両者はどちらも一長一短で、どちらがいいとは言えません。

これは、廃車にしたい車の所有者が、どちらを重んじるかです。

時間が取られる代わりに還付金が帰ってくる方を選ぶか、それとも還付金は戻ってこないが、時間が取られずスムーズに手続きできるか。

両方にメリット、デメリットはありますので、しっかりと比較検討してみてください。

廃車するのにオススメの業者

廃車専門のカーネクスト

カーネクストはレッカー代や書類代行が無料の全国対応の廃車買取サービスです。

事故車でも水没車でも古くて動かない車でも、0円以上の買取保証がついています。

世界中で車を再活用しますので、他社ではスクラップ代金がかかると言われた車でも、有料で買取してくれるのです。

査定は愛車のメーカーと車種、走行距離などを入力し、名前と電話番号を入力するだけで無料で査定が出来ます。

廃車は日本全国で対応しており、レッカー代なども廃車にまつわる料金はすべて無料です。

廃車のプロが、責任を持ってサポートしてくれるので安心できます。

受付は年中無休でやっておりますので、廃車にしたいと思ったら、その場で査定をすることが可能です。

突発的に故障した車、動かない車も、カーネクストでは全国対応で無料でレッカーします。

追加費用は一切なく、事故車でも軽微な傷、大破していても年式が比較的新しい事故車は高値で買取が可能です。

評判は上々で

「動かない車で他社では3万円かかると言われたが、カーネクストだと10万円で買い取ってくれた」

「レッカー代も無料で、お金が一切かからなかった」

など、たくさんの好評の口コミなども見受けられます。

スポンサーリンク