3度の飯よりクルマが好き!

トヨタハリアーG’sの評判は?ノーマルの外観・内装・走行性能の違い

ハリアー。メーカーチューンドモデルG’s

harrier-f

今回実物を見る機会がありましたので、その外装内装の質感や車としての雰囲気をお伝えできればと思います。

正直な感想ですが、デザインにアクのある外装なので、好みがはっきりと別れるモデルかなと思います。

反面、自動車としての重厚感や高級感のある演出などは、さすが世界トップの販売台数を誇るメーカーのクルマづくりを感じさせます。

G’sモデルとは?

すべての人にスポーツカーの楽しさを。のキャッチコピーでトヨタ車のカスタム・ドレスアップモデルを純正で提供するモデルラインです。

トヨタのチューンといえば、トヨタテクノクラフトが提供するTRD-トヨタレーシングディベロップメント-が有名ですが、それよりはずっとラグジュアリーよりの性格が強いですね。

TRDはレーシング方面に特化して開発するのですが、G’sモデルはスポーツユースのセッティングよりも、街中での取り回しや、外装やを良くするために力をいれているようです。

ハリアーG’sは専用のサスペンションやボディの強化も同時に行われており、ノーマルモデルよりもスポーティ寄りに振られています。

とはいえシティユースのSUVの正確に合わせてマイルドに、運動性能や制動力が強化されているので著しい乗り心地の低下などはなさそうです。

今回は現車をみて、スタッフに違いを聞いたレベルですので、走行性能への明言は避けさせていただきます。

レーシングドライバーの可夢偉氏も、ノーマルとは違う点を強調していました。その点からも看板倒れのモデルではないことが伺えます。

ハリアーG’sモデルのエクステリア

ハリアーといえばスモークグレーのフロントフェイスに鷹のエンブレムが印象的なミドルサイズSUVです。

エンブレムのデザインは賛否ありますが、比較的好意的に受け入れられているデザインだといえます。

G’sモデルはエンブレムを廃して、すっきりしたアッパーグリルに仕立て上げています。これはハリアーにかぎらず、プリウスや86でも同じコンセプトです。

メーカーや車種を正面に出さず、デザインで勝負したいようにも受け取れますが、個人的には歴史あるハリアーのエンブレムを配した点において、あまり評価できるデザインとは思えませんでした。

G’sモデルのデザインは良く言えばシンプル、悪く言えば能面のような出で立ちです。

ハリアーのエンブレムは、曲線が多くボンネットが広いハリアーの雰囲気を引き締める役割も有りましたから、それがなくなったことでのっぺらぼうのような出で立ちになってしまっています。

G’sらしさといえばそうですが、個人的にハリアでも高い完成度誇るフロントデザインを改悪してしまったような印象を受けてしまいました。

harrier-rh

リアバンパーはハニカムの意匠をあしらって軽量感を演出しています。

マフラーも専用のデザインに変更されサウンドもチューニングしているため、マフラー交換を考えている人の一つの選択肢になるのではないでしょうか。

近年は騒音規制が厳しく、マフラーを交換することも大変でお金のかかることです。

また最近の車は燃費性能を確保するため、コンピュータによる燃焼系の制御から、エキマニ・マフラーまで一つのユニットとして設計されています。

安易なマフラー交換は大幅な性能低下や燃費性能の悪化につながりますので、メーカーがスペックを保証してくれる純正のチューニングはコスパのいい選択になります。

外装の好み次第ですが、全体をドレスアップする外装パーツとマフラーチューニング、そして純正で19インチホイールを装備しているだけでもノーマル+50万円分の価格アップも納得できる外装カスタマイズになっていますね。

ハリアーG’sのインテリア

harrier-st

インテリアは革巻きステアリングや、ステッチがあしらわれた革・カーボン風パネルなど高級外車を意識したデザインでまとめてあります。

シートもサイドサポート付きのレカロ風シートでスウェード調の素材と、価格としてはかなり凝った内装ですので満足感はかなり高いです。

harrier-in

ドレスアップ不要といえるレベルで内装を仕立てていますので、外装も含めてデザインが気に入れば+50万円の価値は十分にあるといえます。

harrier-in2

ただトヨタ車らしいシートの微妙な柔らかさは、レカロ風シートの良さをスポイルしてるのかな?と感じてしまいました。あらゆる体型に対応できるためか、サイドサポートのホールド性もイマイチで安心して体を預けられるシートとは感じられませんでした。

前席側では不満が大きかったものの、後部座席はフットスペースも確保してゆったり座れるおかげで全席ほどの不満は感じませんでした。

リアエアコンも高級車を意識した良い演出だと思います。

開口部が大きく広いカーゴルーム

harrier-r

荷室は広くフラットで、開口部も大きくフルフラットにしたら車中泊も可能でしょう。

ミニバンと違いリアハッチが短く軽いため、狭い駐車場で後ろの車に気を使わず、女性でも開け閉めできる点がいいですね。

使い勝手はノーマルのハリアーと変わらないため、外装や装備に50万の価値を見いだせない人は、ノーマルのモデルを検討しても良いかもしれません。

車としての完成度はノーマルハリアーでも十分高いですからね。

ハリアーG’sモデルの走行性能

harrier-m

ハリアーG’sモデルは、コーナーリングの性能向上のために剛性アップのための金属板・ブレースを要所要所に配置して低コストで高いリターンの得られるカスタマイズを施しています。

車体の左右をつなぐブレースは、大きな開口部の強化には向きませんが、ボディのたわみやねじれを少なくしてボディの剛性をアップさせるもっとも手軽で効果の高い手法となっています。

ブレースでボディのねじれを食い止めつつ、要所にスポット溶接を施すことで乗り心地とハンドリングのバランスを両立させています。

開口部分のスポット増し

多くのスポーツチューニングモデルは、ボディ強化のために、スポット増しと呼ばれる溶接量のアップを行います。

これはドアやボディの接合部分の強度アップに絶大な功を発揮する反面、工数が大幅に増えてしまうことから製造コストが跳ね上がるデメリットが有ります。

また乗り心地が固く、ボディへの衝撃がそのまま構造体に伝わるため車の寿命も下がりがちです。

サーキットを視野に入れたスポーツモデルならいいのですが、ハリアーのようなデイリーユースとなると、極端な補強は逆に仇になります。

そこでG’sはスポット増しを開口部の大きなハッチやドア部分にとどめて、性能と乗り心地ののバランスを考えた補強となっているのが印象的です。

G’sオリジナルのサスペンション・ブレーキ

h-s

ボディを補強してもサスペンションやブレーキの性能が低いと車は姿勢を保つことができません。特に背丈の高いSUVとなるとそれが顕著になります。

ハリアーG’sモデルはフロントバネレートを1.48倍・リア1.13倍に高めることで重心移動をスムーズしトラクションが必要なコーナリングにも対応できるようにしました。

単純にスプリングを強くするだけでなく、アブソーバーの減衰力も見なおして、ボディの強度に見合った追随能力を担保しています。

このG’sモデルの足回りはある意味トヨタらしくない、シャキッとした足回りといえるでしょう。

可夢偉氏のパイロンスラロームの動画を見ると分かりますが、車体の姿勢も安定していることからも足回りの素性の良さが見て取れます。

全高も-35mmローダウンされているので、もともとロングノーズで低く構えたハリアーによく似合います。この-35mmは子供の乗せ降ろしにも大きな差として現れますので、ファミリーが検討してもいい車です。

シャキッとした足回りは、一見酔いやすそうに見えますが、バネの収束が速いため揺れにくく実際は酔いにくい点も、子持ちの家庭におすすめする理由となります。

チューニング全体の傾向を見ると、G’sモデルはシティユースをメインに、ドライブフィールを高めて車の高級感を増す方向性のチューニングに力を注いでいるように感じました。

G’sハリアーのデメリット

G‘sハリアーの持つ特有のデメリットは、何よりもそのデザインです。個人的な意見として、ノーマルハリアーでも十分完成されたデザインだと思います。

そこに手を加えて、ヤンチャなイメージで仕立てられているため、中身は気に入っていても外見が好みじゃないと選びにくいモデルでもあるのです。

車はデザインも重要ですから、性能に惹かれても外見が好みじゃないと選びにくいものです。そういう点はデメリットだといえるでしょう。

反面デザインが気に入ってしまえば、足回りからボディ補強、外装内装の架装込で+50万円ほどですから、かなりお買い得なモデルなのです。

ノーマルから+30万ほどで走行性能だけカスタムしたハリアーG’sモデルが出て欲しいのですが、叶わぬ夢でしょう。

まとめ:ハリアーG‘sモデルは買い?

harrier-f

ハリアーの中でも純正カスタムモデルとしてノーマルから、外見・外装・内装を大きくカスタマイズされたG’sモデル。

走行性能はマイルドながらも、しっかりと底上げされた点に加え内外装にもしっかり手を加えていることからデザインが気に入ればお買い得なハリアーのモデルです。

最高グレードのHYBRIDモデルも悪くはありませんが、クルマの基本的な楽しさが詰まったG’sモデルも選択肢に加えていいモデルだと思いました。

最近トヨタは、クルマづくりをかなり頑張っています。ドアの締まり音や室内の静寂性も、ヨーロッパ車に引けを取りません。

レクサスRX導入と同時に、一度はカタログ落ちしたモデルですが、根強い人気からふっかつを果たしたハリアーですから、将来の買取価格も期待できます。

価格が安いからと歴史の浅いクルマを選ぶより、ハリアーのような人気のあるモデルをあえて選ぶことも一つの戦略です。

スポンサーリンク