3度の飯よりクルマが好き!

奇抜な色には要注意!N-BOXはボディカラーは下取りも考えて決めよう

N-BOX

よく見てみると街中で見かける事が多いかと思います。
売れ行きが落ち気味だったホンダの軽自動車を見直し、市場ニーズに合わせてN-BOXは作られました。
四角いデザインが、とにかく軽自動車とは思えない室内の広さを感じさせます。というか実際広いです。

室内長が218cmと軽自動車クラスでは屈指の広さを誇り、並みの乗用車に匹敵、 後席に座っても足元が広いのも特徴の1つです。

そして、リヤハッチを開けるとフロアが低く、後席シートを倒せば自転車等の大きな荷物も積み込むことが可能になります。
スライドドアも装備され、後席の乗り降りがしやすく、ファミリーカーとしてこれ1台で間に合うと思わせる車です。

N-BOXのオススメカラー

N-BOXですが、ボディカラーも様々に用意されていて、 単色から2トーンカラーまであり、20色もの設定があります。
20色ともなると車の色を決めるだけで悩んでしまいますね。

N-BOX B

一番売れている色は、プレミアム・ホワイトパール(ページ最上部画像)と言われています。続いてスマートブラックの順で、迷ったらこの2色のどちらかにするのもアリでしょう。

どっちも捨てがたいと言う方に、オススメするならば2トーンルーフで、ホワイトパールをベースに、ルーフをブラックにすることで、両方の色を使う事も出来て、見た目も特別な感じを味わうことができます。確かにカラフルな色もいいですが、1番飽きが来なくてオシャレな感じがしますね。

N-BOX P

他に単色ならば、プレミアムベルベットパープル・パールも個人的にはオススメで、深い紫が見た人を惹きつける魅力を感じます。

色合いが濃く、更にこのボディカラーを選択するのに、若干お金が掛かってしまうので、車の購入費用を少しでも抑えたい!と言う方はお財布と相談しましょう。

また、かわいい感じで乗るなら、プレミアムディープモカ・パールに、ルーフがホワイトの2トーンカラーもオススメ。カワイイ&オシャレなこのカラーは一考の余地ありではないでしょうか?

手入れは面倒だけど、汚れの目立ちなどが気になる方には、ポリッシュドメタル・メタリックがいいでしょう。 一番手入れが楽な色ですね。

個性的なカラーを選ぶと・・・?

しかし、後々の下取を考えるとカラフル過ぎると買い取り価格が低い、なんて事もあります。数年後の車の買い替えで、下取りや中古車販売店での売却を考えた場合、予め中古車市場を調べておきましょう。白と黒は人気が高く、買い取りの査定にプラス効果を与えます。

どの色が売れているのかを知っておけば、購入する際のボディーカラー選択に苦労しないかもしれません。しかし、折角車を買うのですから、妥協案での購入はやめた方が無難です。車を買う前から手放す事を考えるのは楽しくないでしょう。それに数年後もその予想が当たるとも限りません。考えるだけ無駄に終わることもあり得ます。

子どもの乗せ降ろしは楽々!その理由

N-BOX Int

さて、話は変わってN-BOXはファミリー層に特に人気があります。(ファミリー層を狙っているから当然だとは思いますが)

両側スライドドアのため、子供もお年寄りも楽に乗り降りが出来ます。狭い場所でも楽々、スライドドアの開口幅が64cmと、ミニバンクラスと遜色ありません。

更に、室内高は140cmもあり、130cmくらいの小さな子どもなら、立って着替えも可能です。例えば、サッカーの試合に向かう途中に車の中で着替えて登場、なんて場面もあるかもしれません。ですが、絶対に走行中の着替えは危険ですのでやめましょう。

他には、グレードにもよりますが、リヤシートがスライドするタイプもあります。
これだと、チャイルドシートに乗せた子どもを乗せ降ろしする時に便利で、シートを前寄りにスライドさせておけば、乗りこまなくても乗せ降ろしが楽です。

それだけ、小さな子供がいるファミリー層の事をN-BOXは考えて作られています。

最後に

小さな子供がいるお父さんお母さんに特にオススメ出来る一台だと言えますので、車の購入を検討されている際は選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?家族の事を考えてくれているN-BOXは軽自動車とは思えない活躍をしてくれるに違いありません。

スポンサーリンク