3度の飯よりクルマが好き!

燃料電池車は、ハイブリッドカーやEVと何が違うのか?

ミライ

地球温暖化や環境破壊について良く騒がれているのを耳にすると思います。自動車各社が様々な知恵を絞って、低燃費化・排ガス低減によるクリーンな車作りに取り組んでいるのはご存知かと思います。

昨今の車はハイブリッドカー・PHV・EV・そして燃料電池車をラインナップに加えています。

ハイブリッドカー・PHVと聞いたら「プリウス」と答える人が大半でしょう。EVなら三菱「i-MiEV」、日産「リーフ」が挙げられます。そして燃料電池車と聞いたら「ミライ」ではないでしょうか?

それぞれ何が違うのか?簡単にではありますが、特徴を見ていきましょう。

ハイブリッドカー

プリウス

ハイブリッドカーは「低燃費&低排出ガスで地球にやさしい。」と言われていますが、それでも、地球温暖化の原因の一つであるCO2(二酸化炭素)や排気ガスは出ます。エンジン+モーターによるシナジー効果で低燃費・低排出ガスを実現しました。PHV(プラグインハイブリッド)も同様です。昨今はモーターの性能が向上し、とてもパワフルな走りが出来るのも特徴となっています。

EV

リーフ

EV車は電気の力で走るので、排気ガスが出無い=「環境に優しい」ですが、国内産EVの走行距離は90~200Km程度と言われています。通勤や買い物等にはこれだけ走行距離があるのなら問題は無いでしょう。

ネックになるのは走行距離の問題。

片道300~400Kmの遠方にEV車で行くのは至難の業です。仮に一回の充電で150Km走るとして、道中で2~3回の充電が必要になります。エアコン等の運転以外に電力を使用し、更に冬場は走行距離が落ちると言う課題を抱えているので、走行距離は落ちる事があるのです。

長距離運転をしない・通勤やチョイ乗りにしか使わない等の限定的な使用方法であれば、燃料費(電気代)は安く、使い勝手も良いので全く問題はありません。家庭用の100V・200Vで充電が可能なので、家で寝ている間に満充電できますね。旅先でも道の駅や駐車場にEVの充電所を設けている場所も増えてきているので、電力補給面のデメリットは薄れつつあります。

燃料電池車

水素+酸素が結びつくことによって発電し、それを動力に変えて車を動かします。発電時に出る排出物は水で、CO2等の排出ガスは一切出ません。EVと同様、クリーンな車なのです。

燃料電池車の特徴として、以下の項目があげられます。

 一充填での走行距離がガソリン車並み

② 一回の充填時間が約3分程度と短い

③ 排気ガスは出ず、排出されるのはH2O(水)だけ

順番に見ていきましょう。

① 満充填での走行距離がガソリン車並み

現在販売されている燃料電池車「ミライ」の燃費は、一充填650Kmの走行が可能と言われています。ホンダのFCXも販売されていますが、こちらはリース販売となっており、アメリカ・日本で約20台程がリース販売されました。燃費は一充填430Km程です。

EVに比べて走行距離が倍以上に伸びていて、ミライに至ってはガソリン車と大差ありません。燃費が○○Km/Lの表示で無いのは圧縮水素はガソリンの様に数量を決めて充填する事が出来ないからです。

② 一回の充填時間が約3分程度と短い

PHVやEVは、電源からの充電で数時間~数十時間かかります。PHVはエンジンを回せば走れますが、EVは充電しなければ走れません。急速充電でも15分で8割程度しか充電できないため、電池を使い切った場合、暫くの間運転する事が出来ません。

対して燃料電池車は、充填を開始してから3分程度で終わります。カップラーメンが出来る時間待てば、また長距離の走行が出来るのです。

③ 排気ガスは出ず、排出されるのはH2O(水)だけ

水素+酸素の結合時に発電し、それをエネルギーとして使用します。ガソリンなどを使用している訳では無いので、排出されるのは水だけ、とってもクリーンな車ですね。

今の技術力では、水素を作り出す為に化石燃料を使っていますが、自然エネルギーを使って水素を作り出す技術開発が進んでいます。始まりから終わりまでのサイクルが、環境に優しいものとなる日も近いのです。

意外にデメリットが多い

良いこと尽くしに見える燃料電池車ですが、意外な程にデメリットと感じる部分が多いです。

製造コストが高い

ホンダ・FCXやトヨタ・FCHVはリースやリース販売のみでしたが、仮に購入しようとすると数千万~数億に到達するのでは無いかとまで言われていました。

以上の事から、「コストが高い」が挙げられます。トヨタの「ミライ」は有名ですが、一般販売向けといっても、723.6万円と大衆車としては高額です。アルファードやヴォクシーの上位グレードが買えますね。

燃料電池車がこの価格!と言われても高いものは高いです。

水素ステーションが少ない

これは今後増えていくのは確実ですが、今は補給するためのステーションは多くはありません。設置されている場所も限定的で、必ず資格を持ったスタッフが充填しなければならず、セルフスタンドの様に、自分では補給する事が出来ないのです。

水素ステーションの場所が限られるが故に、田舎に出向いた際「燃料が少ないから補給しよう」と思っても、近くにスタンドが無くて動かなくなってしまった・・・という可能性も十分考えられます。走行距離が長いのが仇になる事もありそうですね。

水素=爆発するというイメージ

水素+酸素の結合による発電!排出ガスは0で水しかでません!と声を大にして言われても「水素=爆発する危険物」という負のイメージを抱いてしまっている人がいるのも事実です(実際私もそうです)。

トヨタ公式HPのミライに関するページでは、安全性について説明をしています。圧縮水素を使ってる訳ですから、事故を起こしてタンクから水素が漏れたら・・・そんな疑問に対しての説明がしっかりとしてあります。

なかなか負のイメージと言うのは消えないので、解消するためにどうすればいいのか・・・頭を悩ませているのでしょうね。

納期が長い

2016年現在、一般販売されている燃料電池車はトヨタ自動車のミライだけです。

この車を購入する上での最大の敵はコストではなく、「非常に長い納期」と言えるでしょう。今すぐ発注したとしても、納車時期は2019年以降になり、長すぎて買ったのも忘れてしまうレベルです。一つ一つ手作りで、厳密な品質チェックを行って作り上げている為、今の生産能力では一日数台が限界だとの事。

2014年の発表から国内だけで400台の販売がされていますが、納期が長い為に、買うのを控えている人は大勢いるのではないでしょうか?私もミライの納期が早ければ購入を考えていました。首を長くして待っている人の為にも、頑張って欲しいですね。

購入コストを下げる方法

デメリットの一つである購入コストの高さを、少しでも下げる方法があります。

クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を受ける事です。これは車両価格から202万円(ミライの場合)の補助を受ける事が可能で、エコカー減税等と合わせると合計で約225万円安くなります

723.6万円ー225万円=約500万円になり、レクサスや高級外車のセダンを購入するのとあまり変わらない金額になりますね。

少々手続きは面倒ですが、補助金制度はしっかりと使ってお得に買いましょう。

最後に

ハイブリッドカー・PHV・EV・燃料電池車と簡単な特徴を見てきました。

現在はハイブリッドカーが主流ですが、今後はPHV→EV・燃料電池車の時代に変わっていくのではないでしょうか?自動車各社は燃料電池開発に向けて、積極的な技術提携と開発を進めています。

2014年、世界初の量産型燃料電池車「ミライ」が販売され、近々ホンダが新型燃料電池車のリース販売を目指しています。国内、国外の自動車メーカーが燃料電池車をラインナップに備える日も、そう遠くは無いかもしれませんね。

スポンサーリンク