3度の飯よりクルマが好き!

自動車保険の保険料を安くする為のポイント・コツは?

自動車保険を選ぶ時、何を一番の基準にするでしょうか?

「保険料の安さ」と答える人は多い筈です。

特に昨今、インターネットでも申し込める「ダイレクト型保険」が業界に参入してから、ますます「安い」というポイントが注目されるようになりました。

そこで自動車保険料を安くするにはどうすればいいか、分かりやすくまとめてみました。

保険会社を替える

現在のあなたが従来の代理店型自動車保険に加入しているのであれば、ダイレクト型保険に乗り換えるのが一番簡単な方法です。

殆どの場合、それだけで月々の保険料が安くなります。

何故安くなるのか

  • 代理店を通さないので代理店の手数料や人件費が少なくなり、それが保険料に反映される。
  • インターネット割引や年間走行距離が少なければ保険料が安くなるなど、ダイレクト型保険独自の割引ポイントがある。

以上が主な理由です。

実際にどれくらい安くなるか知りたい人は、ダイレクト型の保険会社に見積もりを依頼しましょう。

ダイレクト型は安いといっても保険会社ごとに保険料は違います。

そのため自動車保険一括査定サイトを利用するのが一番賢い方法です。

数社のダイレクト保険会社から見積もり結果が送られてきますので、一番安い保険会社がすぐ分かります。

補償内容を見直す

現在加入している保険会社を替えたくない、替えられないという事情がある場合は、補償内容を見直してみるのも一つの方法です。

保険証券をよく読みこんでみると、補償が重複していることに気付くというケースもあります。

たとえば、「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の両方の保険に加入している人も少なくありません。

この二つは事故の時に運転者や同乗者のケガなどを補償するものですが、補償内容が重複している場合があります。

搭乗者傷害保険は契約車両に乗っていた人が事故でケガなどをした場合、その部位や症状、治療や通院にかかった日数などに応じて保険金が支払われるものです。

そして一方の人身傷害補償保険は、過失割合にかかわらず損害額に応じた保険金が支払われます。

契約内容によっては保険の加入者本人とその家族に限り、バスやタクシー、あるいは自転車に乗っている時の事故や歩行中の自動車事故でも補償の対象となるものです。

つまり搭乗者傷害保険より人身傷害補償保険のほうが範囲も広く、手厚い補償が受けられるということですので、思い切って搭乗者傷害保険をカットするというのも保険料の削減には有効な手段になります。

車両保険を見直す

日頃から「自動車保険が高い」と愚痴をこぼしている人は、車両保険も併せて加入していませんか?

実は自動車保険の保険料は車両保険が占める割合が特に大きいです。

車両保険を見直した結果、保険料が半分程度になることも少なくありません。

車両保険の種類は次の4種類です。

  • 一般車両保険(オールリスク)
  • 車対車特約付き車両保険+車両危険限定A(エコノミータイプ+A)
  • 車両危険限定A(車両危険限定担保特約A)
  • 車対車特約付き車両保険(エコノミータイプ)

もし一般車両保険に入っているのなら、エコノミータイプに切り替えただけで保険料は相当安くなるでしょう。

まだ新しい高級車に乗っているのなら、一般車両保険に加入しておいたほうが安心ですが、「このクルマもかなり古くなってきたし、今度ぶつけたら廃車にするか」なんて場合はエコノミータイプか車両保険を外すのもありです。

車両保険を見直す際は「免責金額」にも注目しましょう。

一番保険料が高額になる免責タイプは、「事故1回目0円・事故2回目10万円」という「免ゼロ特約」です。

これ以外にも「1回目5万円・2回目10万円」や「1回目10万円・2回目10万円」などの種類があり、免責の金額が上がるほど保険料は下がります。

「自分の愛車に車両保険は必要なのか?」という判断をする際は頭の中で、「もし事故を起こしたら」をシミュレーションしてみるといいでしょう。

念頭に入れておく必要があるのは

  • 事故で車両保険を使ってしまうと等級がダウンし、来年から保険料が割り増しになる
  • 車両保険の免責金額

の2点で、その上で考えるのは、

  • 板金修理で10万円かかる事故の場合は車両保険を使うべきか?
  • 自損事故で全損の場合は、車両保険を使うか使わずに廃車にするか?

などのケースを想像してみれば自分の愛車は、どの程度の補償が相応しいかが見えてきます。

自腹で修理したほうが良いという結果が出たとしたら、思い切って車両保険を外しましょう。

要らない特約は外す

自動車保険の契約を見直してみると、特約というものが沢山あるのに気付きます。

必要な人にはとても助かるけど、不要な人には全く役に立たないものです。

特約を付加することによって支払う保険料もアップしますので、今まであまり契約書を読まなかった人も、この機会にチェックすることをオススメします。

保険料アップにつながる特約

ファミリ―バイク特約

125cc以下のバイクを運転中に起こした事故を補償する特約です。

自分のバイク以外を運転している時の事故に対しても補償されますが、当然バイクに乗らない人には必要ありません。

身の回り品補償特約

車中に置いていたカメラなどの身の回り品や、トランクに積んであったゴルフクラブなどが盗難に遭った際の損害を補償する特約です。

貴重品を車内に置かない人には必要ないでしょう。

個人賠償責任補償特約

日常生活における事故によって他人をケガさせたり死亡させた場合や、物を壊してしまった時の損害を補償する特約です。

具体的には自転車事故やボール遊びをしていて人や物を損傷してしまったり、飼い犬が他人に噛みついてしまったケースなどが補償範囲となります。

損はありませんが、個人賠償責任補償特約は生命保険や火災保険の特約としても付加されている場合があるのです。

もし自動車保険以外にも何かの保険に入っている人は、それらの契約書もチェックして重複していたら外しておきましょう。

弁護士費用特約

一般的な交通事故の場合、保険会社の自己担当者が解決に尽力してくれるので、まず弁護士の出番はありません。

ただし停車中に追突された場合など、100%相手方の過失となる事故の場合はこちらに非がないため、補償はすべて相手方の保険で行われます。

つまり自分の自動車保険は使用できなくなるので、自分の保険会社に示談交渉を頼めません。

相手方が示談に応じない場合も保険会社は介入できないため、弁護士に依頼するしかないのです。

弁護士費用特約は弁護士への依頼費用を補償してくれます。

万が一の備えとして加入する事をオススメしますが、少しでも保険料を節約したいのなら外しましょう。

キャッシュバックで一月あたりの保険料が1,000円以下になった!

ここからは正攻法ではなく裏ワザの紹介です。

実際に私個人が実践している節約方法で決して違法ではありませんが、将来的にずっと使えるかどうかは保証できませんので、もし実行される場合は自己責任でお願いします。

インターネットを利用されている人であれば「お小遣いサイト」「ポイントサイト」などと呼ばれるサイトに登録している人も多いでしょう。

そのサイトを経由してネットショッピングやオークションでお金を使ったら、その何%かがポイントで還元されるというものです。

今回私が使ったのは、某家電メーカーが運営するサイトを利用した節約術になります。

若い時にクルマを購入して以来、20年以上ずっと同じ会社の自動車保険に加入していました。

その理由は「友人の父親が代理店をしていたので、他に乗り換えられなかった」ということです。

最後の方は車両保険も外して一番安価なプランにしていましたが、それでも月に4,000円近く払っていました。

ネット保険のCMを観るたびに「安いなぁ」とため息をついていたのですが、ある時友人の父親が高齢を理由に代理店を閉めたのです。

私は待ってましたとばかりにダイレクト型保険に乗り換え、あまり細かいことまで考えず保険会社を決めたのですが、一気に保険料が半分以下になりました。

しかし色々情報を調べてみると、もっと得をする方法を発見したのです。

それが「キャッシュバック」になります。

キャッシュバックの方法

やり方は前述の家電メーカーのサイトにログインし、そこからKというサイトの自動車一括見積もりを利用して見積もり結果を待ちます。

後日見積もりが届いたら、その中から気に行った保険会社と契約すればいいだけです。

私はその家電メーカーのサイトで「S社の自動車保険と契約すれば初回特典2,000ポイントバック」と宣伝していたので、そこに決めました。

そして後日、Kの比較サイトから3,700ポイントも進呈されたので、合計5700ポイントが払い戻された計算です。

そのポイントは、色々なサイトで「1ポイント=0.95~1円」として交換できるので、現金とほぼ同じですね。

最終的に私の見積もり保険料は、年間で15,830円(20等級・車両保険なし)でした。

その上で5,700円のキャッシュバックを差し引くと年間で10,130円。

一月あたりの保険料は、約844円という驚きの金額になったのです。

4,000円近く払っていた時のことを考えると嘘のような金額でした。

裏ワザの注意点

私の事例を紹介しましたが、同じサービスがいつまで提供されるは不明ですし、キャンペーン時期などの関係でキャッシュバックの金額が上下する可能性もあります。

しかも前年と同じ会社と契約したら「初回特典」が受けられないので、保険料を節約するには毎年保険会社を替えなければなりません。

いつこの方法が使えなくなるか分かりませんから、こまめにチェックする必要があります。

ひょっとすると、私のケースよりも更に得をする方法があるかも知れません。

あなたも自動車保険の満期が近づいてきたら「キャッシュバックの特典はないか?」等の節約方法をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク