3度の飯よりクルマが好き!

事故車のリスクとデメリット、注意点を把握して購入しよう!

事故車のリスクって何? 

事故車の最大のリスクは、事故にあったときに車体が受けたダメージの影響がどれほどあるのか、実際に乗ってみるまでわからないことです。

そして、どれほど綺麗に修復したとしても、事故車(修復歴車)が100%事故前の強度を回復することはほぼないと言ってもいいため、車体が弱くなっている可能性もあります。

技術が高い業者ならば、アライメントなども非常に厳しく点検し、事故の跡が素人目には全くわからず、修復の際につくビスを脱着した跡すらわからないように塗装することもできるのです。

しかし、それほど技術が高い業者に依頼すると高額なので、よほどその車自体に思い入れがあるオーナーでない限りは、事故車(修復歴車)でない車と同等レベルまで修復されている可能性はほぼないと見ていいでしょう。 

長く乗り続けようとした時、修復した個所に掛かる負担など、事故車には未知の領域が多くありますし、事故車のほうが修復歴なしの車よりも故障しやすいというリスクはあります。

修復箇所と規模によってはダイレクトに足回りに影響しますので、そこを考えて買うべきです。 

事故車のメリットとデメリットは?

メリット

事故車を買う最大のメリットは、気に入った車を通常の中古車の相場より安く買えることです。

修復の規模がどうであれ、事故車(修復歴車)は事故歴なしの車よりも安く販売されることになっています。

ですから、駐車場でバックに失敗し柱に少しぶつけただけという事故車(修復歴車)に出会えた場合は、直接性能に影響する可能性が極めて低いにもかかわらず、同条件の車より安く買えることになり、お買い得です。

それに、どうしてもこの車種がほしいと思った場合、修復歴のある事故車はそれだけで安くなるので、事故車(修復歴車)を選択肢に入れれば手に入る確率が高くなります。 

デメリット

事故車のデメリットは、事故車を修復して長く乗り続けた場合、修復箇所や車全体にどのように影響が出てくるかを読み切れないことです。

事故車(修復歴車)は修復した個所を示さなければならないことになっているので、その部位によってどんな影響があるかはある程度想像できますが、修復の規模は詳しく聞かないとわかりません。

業者を通じて過去のオーナーさんに尋ねたり、業者のコンディショニングノートを開示してもらってどれほどの規模の修復を行ったかを知ることができますが、それでも実際にどんな影響が出るかは、乗ってみるまでわからないのです。

複数のオーナーさんを渡り歩いた車の場合、修復歴があっても直前のオーナーさんがその修復について知らないこともあるので、実際にどのような修復が行われたか自体がはっきりとはわからないこともあります。

修復の規模が小さいものならば、事故車(修復歴車)はかなりお買い得とはいえますが、その影響がどのような形で出るかは実際読み切れないので、よく業者とコミュニケーションを取って購入を決めてください。  

注意点を把握して購入しよう!

事故車(修復歴車)を購入するのなら、絶対に見ておくべきところがあります。

それは、修復をした箇所です

修復の規模にかかわらず、フロントのコアサポートより奥やピラーに影響が出ているものは、避けたほうが賢明です。

ぱっと見た感じはそう見えなくても、アライメントなどが狂っていたり、足回りに影響が出ていることがあります。

事故車(修復歴車)を買う際に見ておくべきポイントは 

  • 左右対称になっているか。ホイールベースの長さ、エンジンルームの左右など
  • ドアの立て付けの隙間は一定の幅になっているか
  • 車体の上と下で幅が変わっていないか
  • 実際に乗ってみて、ブレーキを掛けたときにステアリングが動かないか
  • 直進走行時、左右にブレがないか 

です。

ひとつでも当てはまる場合、車体にかかった歪みが解消できていないため、走行性能に難が出てくることがあります。

また、どこを修復したかにかかわらず、修復の規模を確認するのも絶対に必要です。 

まとめ

事故車は、修復歴のない車よりも安く流通します。

ですから、修復の規模が軽微で、走行性能に影響がない程度の損傷のものが見つかれば、とてもお得に購入することが出来るのです。

ですが、長期的に見て修復した個所に出てくる影響が未知数なこともあり、事故車(修復歴車)を購入することにはリスクも伴います。

場合によっては、購入してすぐ故障する可能性もないわけではありません。

そのリスクをなるべく回避するためには、損傷がどのくらいでどのように修復したのかを、業者のコンディショニングノートや以前のオーナーさんに業者から聞いてもらうなどして詳しく把握することと、何よりも実車に必ず試乗することが大切です。

車は本来左右対称のもので、わずか数ミリの狂いが走行性能に大きく影響します。止まりきれない、曲がりきれないという足回りへの影響は深刻で、安全に運転できる車ではないことを意味します。

ドアを取り付けた隙間の幅が一定か、フェンダーとタイヤの幅は一定か、そういう細かいところまで必ず見るようにしましょう。

違和感を感じたら、その時は購入を見送る時です。

安さだけに目がくらむのではなく、修復歴があるからという理由だけで避けるのでもなく、正しい知識を持って実車をよく観察すれば、事故車の購入に対する不安も減るものです。

スポンサーリンク