3度の飯よりクルマが好き!

事故車って黙ってても査定時にバレるの!?

そもそも事故車の定義って?

事故車の定義とは、「事故や災害で自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またその修復歴のあるもの」です。

その骨格部分に当てはまるのは、

  1. フレーム (サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエターコアサポート

で、このうちネジ止め部分に欠陥があっても事故車(修復歴車)にはなりません。

私たちのイメージからすると、「ドアがへこんだため板金した」だけでも事故車だと思ってしまいがちですが、本来の事故車の定義からするとドアを直したくらいでは事故車にはならないのです。

事故車は素人目でも分かる?

もし修復していないのならば、骨格部分に修復が必要なほどの事故車なら素人でも気づきそうなものですが、修復済みの事故車(修復歴車)は素人目にはわかりません。

インターネット上では、フレーム修正機の後やボルト部分のサビなど、事故車を見分けるコツが載っているサイトを多く見かけます。

しかし、鈑金や塗装の技術は年を追うに従い、向上しています。

それに、百戦錬磨、さまざまな状態の自動車を見てきた専門家である査定士とは圧倒的に経験が違いますから、事故車を素人目で見抜くのはとても難しいのです。

綺麗に直して査定に臨んでもバレる?

結論から言えば、どんなに綺麗に直したとしても、査定でバレる可能性は極めて高いでしょう。

技術が高い査定士にあたってしまえば、塗装やビスの脱着、わずかなサビの出方などで簡単にバレます。

鈑金塗装業者の中には、非常に高い技術と高級車にも使われるような塗料を使って修復後が全くわからないように直すことができる業者もあります。

しかし、そういった業者の場合は費用や工賃ももちろん高くかかります。

長く使い続けたい愛車を修復するならともかく、売却して手放そうと思っている車をそこまでして直すのは、逆に損になるでしょう。

後になって事故車だとバレたら?

売却後に事故車だとバレたら、告知義務違反になって減額されるばかりか、最悪の場合は買い取り契約が無効になり代金の請求をされることも。

ですから、骨格部分を修理している場合、つまり修復歴車の場合は、知っている限りそのことを査定士に伝えておいたほうがいいでしょう。

ただ、ドアのへこみやバンパーのかすりを直した程度では事故車とはなりませんから、修復歴にあたらない部分は必ずしも告知する必要はありません。

悪質な買取業者の場合は、「ドアを交換していますから事故車ですよね」と言ってくる場合がありますが、それは厳密な意味での事故車(修復歴車)に該当しないので、「ピラーやフレームには全く影響ありません」と反論してOKです。

正直に事故車だと言うべき?

厳密な意味での事故車(修復歴車)ならば言うべきです。

ただ、査定前の時点で聞かれなくても「事故車なんです」と正直に言ってしまうと、査定士が先入観を持って査定に入ることがありえますから、まずは聞かれないかぎりそのまま査定してもらいましょう。

大抵は修復、修理の跡を査定士が見つけ、確認するはずです。

しかし技術の高い査定士でもミスはあります。

もし修復歴があることがわかっていて、それに査定士が気づかなかった場合は、伝えなければ売り手側の告知義務違反になってしまうので、正直に事故車だと言いましょう。

車が本当に好きな人の場合、大きく損傷した車でも、優れた技術を持つ業者に持ち込んで跡が全くわからないように板金、塗装してもらった上、引き続き乗ることもあります。

そうした趣味の車を買い取って乗っていた場合は特に、前のオーナーさんの時の修復歴にも注意しましょう。

事故車は修復歴車とはちょっと違う

事故車というと、私たちは単純に「事故にあったことがある車」と思ってしまいがちです。

しかし事故車の正しい定義は、骨格部分にダメージを受けたことがあり、それを修復したことがある車です。それを修復歴車と呼ばれています。

ですから、単純に「ドアミラーを折ったから交換した」程度の修理歴では事故車(修復歴車)になりません。

鈑金塗装の技術は常に向上し続けているため、修復跡自体をほぼ完全に消すことも費用をかければ可能でしょう。

ですから、綺麗に直した事故車を素人目で見抜くのは難しいです。

しかしどんなに綺麗に直していても、熟練の査定士はそれを見抜きます。

査定に臨むときは、必ずしも修復歴のことは聞かれなければ言わなくても構いませんし、ましてやドアやバンパーを直した、フロントガラスを交換した程度の、厳密な定義の事故車(修復歴車)に該当しない修理歴はいう必要はありません。

ただ、査定士でもミスはするので、査定で事故車(修復歴車)であることに気づかれなかった場合は必ず伝えましょう。

査定士にバレなかったから大丈夫、と思ってそのまま売却すると、告知義務違反になって買取価格が大幅に下げられてしまうか、場合によっては売買自体がキャンセルになることもあります。

一口に事故車と言っても、厳密な意味での事故車(修復歴車)に当てはまるのかどうかを知れば、悪質な業者に買い叩かれたりすることも防げますし、事故にあったことがあるからといって不安にならずにすみます。

事故車の正しい定義を知り、査定に臨みましょう。

スポンサーリンク