3度の飯よりクルマが好き!

デザインありきの日産ジューク!室内居住性はデミオ並?良くも悪くも個性的なクルマ!

juke

独特なスタイリングで好みがはっきりと別れる日産ジュークですが、デザインが全面に押し出されていて、肝心の使い勝手が価格の割にコンパクトカー並です。

個性的なデザインと豊富なカスタマイズ性はBMW MINIにも似ていますが、車格の割に割高なクルマと言うところまで似せなくても良かったのでは?と感じてしまいます。

ジュークの唯一の個性 デザイン

デザインの評価は?

横から眺めると、鉄アレイにも似たジュークですが、このデザインは賛否両論ですね。個性的なデザインというのは自ずと賛否が別れるのですが、ジュークのそれはかなりはっきりと分かれていますね。

MINIのように誰が見てもオシャレ・ハイセンスという評価を得られている個性的なデザインではありません。人によっては醜いとさえ形容されてしまうので、周りの目が気になる恥ずかしがり屋の購入は要注意です。

誰がなんと言おうとジュークのデザインが好きで、なおかつ自分の選んだクルマに自信と愛着が持てる人に買ってもらいたいクルマです。

デザインのメリハリがないゴチャゴチャしたフロント周りが好きじゃないです。カッコいいかと聞かれたら、微妙としか答えられません。

デザインのパーソナライゼーション

ジュークは車両に外装パーツを取り付けることで、オリジナリティをさらに高めることができます。

ミラーやドアノブ、室内シートやパネルのカラーを選ぶことで個性を演出することができるのですが、この色合がどうも派手すぎてオシャレというより下品に写ってしまい私はあまり好きではありません。

BMW MINIも同じようなカラーカスタマイズのパーツを用意していますが、もっと上質に纏まるよう、カラーが考えられています。

最近の軽自動車もカラーカスタマイズが豊富ですが、街並みにも溶け込みつつ個性をさり気なく演出する色使いに気を配っています。ジュークももう少し色使いに気を使ってほしかったですね。

確かにジュークのカラーカスタマイズも個性の一つですが、個性=奇抜性は一歩間違えたら悪趣味に受け止められますのでその点ジュークは突き抜けすぎてる印象をうけました。

ジュークのグレード

1.5シリーズ

約1.5tの車重に搭載される1.5L・114馬力・150Nmのエンジンは、スポーティーではないのですが、燃費と走行性能を両立をうまく両立しています。

公道で流れをリードするような絶対的性能はありませんが、2人でまったりドライブを楽しむにはちょうどいいパッケージングです。価格も200万円前後におさえているあたりジュークのグレードの中で、一番人気なのもうなずけます。

1.6ターボ

走行性能を高めた1.6Lターボエンジン搭載車です。
マルチリンク式のリアサスペンションを搭載することで、ハンドリングと、路面追随性を高めています。価格40万円アップ分の性能アップになっているのですが、ほとんどがエンジンや足回りにコストを割いているため見た目のグレードアップ感がありません。

4WDの走破性

ジュークは4WDのグレードもラインアップされているのですが、走破性を考えると雪道を走るくらいで、未舗装路やオフロードを走らせるのには勇気が必要ですね。

ウィンタースポーツや凍結路を通勤する人など、明確な目的がない限りはFF車でも十分です。路面走破性を気にする人は、ジュークのようなファッションSUVではなく、スズキのエスクード、三菱のパジェロなど本格オフロード車をオススメします。

ニスモモデル 他の車があるから選ばないほうが良い

日産自慢のNISMOニューニングを施したグレードです。NISMOとNISMORSの2種類がライナップされていますが、NISMOモデルは1.6LモデルにNISMOパーツをセットしたカスタムメイドモデル。

RSはエンジンにチューニングを施し214馬力まで引き上げ、ボディ補強やサスペンションなど走行に直結するスペックの底上げを図っています。
ニスモのレーシングテクノロジーを感じたいなら選ぶグレードはRS択一ですが、価格がネックですね。

あと、ミッションがCVTである点が残念でなりません。パワーの伝達ロスを考えたらCVTってどうなんでしょう。

デザインにスポイルされた後部座席

家族3~4人で使えるのか?

ジュークの後部座席はコンパクトカー並のスペースです。ファミリーカーとしての機能性は期待しない方がいいでしょう。

ベビーシートを乳児モードで取り付けるためには、前席シートの居住性やリクライニングを我慢しなくてはいけないでしょうね。

ジュークにかぎらずコンパクトカーは乳幼児向けのシートを取り付けると、前席シートとのクリアランスはほとんどなくなります。

ガマンすれば利用できるレベルですが、乗せ降ろしをする人の手間や労力もあります。子どもを乗せ降ろしする作業が容認できるレベルかどうかを配偶者としっかり確認してください。

荷室の広さ

ジュークはその個性的なデザインに引っ張られ、後部ハッチが大きく傾いています。その影響でトランクルームのスペースに制約が生まれ、荷物の積載のネックになっています。

ファミリーで利用する場合、ベビーカーや子どもの身の回り品とお出かけ荷物が増えてしまいがち。買い物かごやクラーボックスなど買い出し用品を積むためにはちょっとしたパズルを解いている気分になります。

後部座席を倒せば広大な荷室空間となるものの、後部座席を潰せば広くなるのはどの車でも同じことですから、特にジュークにたして有利に働く機能ではありません。

2人乗りとして割り切るなら車中泊もこなせる優秀なクルマなのですが、ファミリー層にはとにかくデザインがネックになって使いづらいと感じる事が多いでしょう。

同じコンセプトでもMINIのクロスオーバーはずっと使いやすい設計がされていました。デザイン=奇抜と処理してしまう悪い部分が出てしまったなぁと感じる残念な部分です。

中古で買うのもアリ!

中古市場には試乗車落ちや走行距離1,000km未満の新古車に相当する車両が豊富に出回っています。

ディーラーの認定中古車も豊富で、中古でも実車とほぼ同等の保証を受けられますので、中古車に絞って探してみるのもいいですね。

新車だとナビやETCは別売りで取り付けるだけでも20万円近い追加資金が発生します。が、中古市場ではナビ搭載の高年式車は新車価格の1割ほど割引されて販売されているのも見かけることができます。

中古であれば予算を落としてクルマが探せますし、希望のグレードに手が届くかもしれません。

現代のクルマにとって数百キロ程度の走行距離は誤差範囲ですから、クルマの機能が極端に劣ったりすることはないので、一つの選択肢として覚えて置いて損はないとおもいます。

値引き

クルマの値引きで、車両価格の20%が目標値引き額、という言葉があります。

日産ジュークはどうかといいますと、残念ながら20%の値引きはほぼありえません。20万円ほどの報告はしばしば聞きますが、オプション込みか否かわからないものも多く、その信ぴょう性は薄いものも。

最近のディーラーは値引きに交渉にとても敏感で、今までディーラーでクルマを買ったことのない人に安々と値引きを提示する営業マンも減ってきました。

ジュークで値引きをいくら引き出すのかを模索するより、下取りと買取店との相見積もりやローン金利の交渉など、値引き以外の部分での価格やランニングコストの交渉にエネルギーを割くことをオススメします。

それだけの時間と労力を使って15万円が20万円になったところで5万円しか変わらないなら、その時間残業していたほうがよっぽどお金になったことでしょう。

値引きは交渉そのものを楽しむエンターテイメントであって、節約するためのテクニクではありません。

値引きのこだわり過ぎは、サービスの質の低下にもつながりかねませんから程々にしましょうね。セールスやお店も人間ですからね~。

スポンサーリンク