3度の飯よりクルマが好き!

ルノーカングーゼンの値引き額はいくら?AT・MTの違いと魅力は?

kangoozen

フランス製のミニバンでファニーなデザインで日本市場でも大人気のベストセラー車ルノーカングー。

前に張り出したノーズに箱をそのまま取り付けたノスタルジックなデザインは、個性的でありながら実用性も損ないません。普通のミニバンでは満足しないおしゃれな子育て世代からも支持されている車なのです。

今回はおしゃれで実用的なカングーのオススメのオプションと、オプションを加えた値引き額がどれくらいなのかを調査したので是非購入の参考にしてください。

カングーゼンの魅力

ルノーカングーは日本に導入された当初は、あまり売れる見込みはなかったのだそうです。

ですがヨーロッパらしいポップでハイセンスなカラーリングと、映画の中から飛び出してきたようなスタイリングが人気を呼びたちまちルノージャポンの看板モデルとなりました。

日本のミニバンのような、機能重視で箱にタイヤをつけた走るリビングではなく、生活をするための道具として割りきった内装やむき出しのパネルが装飾過多にうんざりしていた層に高く評価されたのです。

それからカングーシリーズは、ヨーロッパを感じられるバンとして、ミニバンが苦手なお父さんにも選ばれるクルマにもなりました。

MTモデルが選べるクルマ

デザインが優れたカングーですが、このクルマのユニークな部分は現在に至るまでMTモデルが用意されているところです。

ヨーロッパでは商業バンとしてのニーズが強いカングーですから、MTモデルがあるのは当然ですが、AT主流の日本市場でしかもファミリー向けのミニバンにMTを準備しているところにルノー・ジャポンのこだわりを感じさせられます。

輸入車を選ぶ人の中には、ヨーロッパ車のMTに憧れる人も少なくありません。せっかくインポートカーを選ぶのですから、妥協したくない気持ちもあるのでしょう。

それにMTに拘る人はとことんこだわりますから、ファミリーカーでもマニュアルが譲れない人にとってカングーは救いの船でした。

デザインは女性にも好評ですので、家族の理解が得られやすいのもありますしね。

そして何より価格が安いのも魅力といえます。国産のミニバンと比較すると、どうしても割高になりますがインポートカーの中でも割安な部類に入るクルマです。

それでいて荷物もたくさん積めるし、人も5人までゆったり座れて室内も広いことから、カングーのコスパは非常に高いのです。

フランス車としての故障リスクは0ではありませんが、新車保証やメンテナンスパックでその心配も限りなく低くすることが可能になります。

ルノー・カングーゼンとなってからも見栄を張らない等身大のヨーロッパ車として、AT・MTの2種類をラインアップして選びやすいクルマであるといえますね。

ルノーカングーゼンのグレード

○○パッケージが目白押しで、何を選んだらお得なのか分かりづらい輸入車マーケットの中で、カングーゼンはATモデルとMTモデルの2グレードしか用意していません。

  • ATモデル 241万5千円
  • MTモデル 247万円

とその価格差は5万5千円ですが、

  1. 4点式エアバッグ→6点式エアバッグ
  2. プライバシーガラス
  3. 可倒式助手席
  4. スタート&ストップ機能
  5. ECOモード
  6. エナジースマートマネジメント
  7. クルーズコントロール
  8. ヒルスタートアシスト
  9. ワンタッチ式フロントパワーウィンド
  10. フロントシートバックテーブル

と、あらゆる面でMTモデルのほうが装備面で豪華になっているのがわかります。

価格差5.5万円以上の価値があると言っていいでしょう。特にカングーの開口部の広いガラス面にプライバシーフィルムを施工しようとしたらそれだけでも数万円必要になってしまいます。

環境が許してくれるならMTモデルを選ぶほうが、お得ですね。

MTは1.2Lターボ

しかもカングーゼンのMTモデルは、1.2Lダウンサイジングターボエンジンを採用しているので、自動車税がATモデルよりも安くなります。

ルノーはAT率9割を超える日本市場でどうしてここまでMTを優遇するのか、正直わかりません。

ですが1.6Lエンジンよりも高い馬力と2000回転で最大発生するトルクで、非常に乗りやすいクルマに仕上がっています。

燃費はあまり良くない

カングーゼンの燃費ですが、ユーザーの実燃費報告を聞く限りリッター10km前後となるようです。

日本のスモールミニバンたちと比較すると、燃費の悪さとプレミアムガソリンのコスト高が目立ってしまいますね。

カングーというクルマを選ぶか、燃費を選ぶかによって満足度が変わることでしょう。

MTモデルはアイドリングストップ機能やエコモードを搭載して、燃費性能向上に取り組んでいます。しかし、省エネ運転を心がけないと今時の車に珍しいリッター10km切りなんてことも起こりそうですね。

燃費性能はやっぱり日本車が世界でもトップクラスです。経済性を考えるなら、デザインや走りやすさを捨ててでも国産コンパクトミニバンを買うほうがいいでしょうね。

カングーゼンの値引きは?

人気車種ですがルノーの売れ筋モデルですので、値引き額はそこそこ大きく15万程になっています。

とは言え諸経費を考えると微々たるものですので、あまり値引きに期待し過ぎないようにしましょう。

低金利キャンペーンが狙い目?

外国車ディーラーは頻繁に提携カーローンの大幅な低金利キャンペーンを展開します。

ルノーも時期によっては0.9から1.0%ほどの金利で借りられることもありますので、総支払い額で考えたら20万以上の差額が生まることも。

無茶な値引きを要求して消耗するなら、低金利のローンで総支払額を少なくするほうが時間も手間もかかりません。

クルマを安く買いたいなら愛車の資産価値を知る

外国車ディーラーは基本、自社以外のクルマを高くは買い取ってくれません。そもそもルノーのディーラーにプリウスを買いに来る人なんていませんからね。

ですからディーラーの下取りは最初から期待せず、一括買取査定サイトに登録して早々に愛車の価値を知り購入予算をはっきりさせてください。

ディーラーに予算はいくら、と明確に伝えられれば向こうも値引き交渉のフィールドに乗りやすく話し合いもスムーズに進みますので。

特に国産車から乗り換える場合はの下取りの期待はしないほうが良いでしょう。

本来はディーラーの下取りと買取店の見積で競わせるのですが、それがあまり望めません。

かならず一括査定サイトで複数買取店に相見積もりをしてもらい、高額査定をしてもらってくださいね。