3度の飯よりクルマが好き!

ローンが残っている車を買換えるにはどうすればいいの?

car-money

車はどうしても高額な買い物になるため、一括で現金購入できる方はごく一部となってしまいます。よって、ローンを組んで購入するという方が大半でしょう。

しかし、ローンが完済できない状態で、

  • 故障頻度が高くなった
  • 新しく欲しい車が出てきた
  • 家族構成が変わった

などの理由からローンが残った状態で乗換えが必要になった場合、お得に買換える方法はあるのしょうか?

何度も買換えをしたことがある方ならいざ知らず、初めての車がまだローンが残っている人ほど、頭を悩ませることでしょう。

本来ならばローンは完済してからの買換えの方がおすすめなのですが、どうしても仕方がないという場合にはローン途中でも買換える方法がないわけではありません。

ローン残がある車を下取りしてもらうには?

ローン残がある場合でも

  • ローンを完済してから下取り
  • 新しい車のローンに、ローン残金を組み込んでもらう
  • 下取り買取の査定額でローン残債を完済する

いずれかの方法で下取りしてもらうことは可能です。

しかし、ローンは途中解約は基本的にできないことになっているので、ローンの残債をすべて完済することが条件となってきます。

つまり、ローン残債を上記の3つどれかの方法で完済する必要があるのです。

ローンを完済してから下取り

この方法は残りのローン残債額が少ない場合に向いています。

ローン残債があと数か月という状態だと、預金やボーナスなどで完済することも可能です。

しかし、ローン残債が100万円以上のように自分で捻出できない金額の場合には向いているとは言えません。

現状どれくらいの蓄えがあるのかにもよりますが、懐具合によって利用するかしないかの判断となってきます。

新しい車のローンに、ローン残金を組み込んでもらう

この方法はローン残債が多い場合に向いています。

新車を再びローンで購入し、ローン残債をそのローンに組み込んで契約を結ぶのです。

この場合は、「新車購入代金 + ローン残債額」の合計金額で新しくローンを組むこととなるために、毎月支払うローン金額が高額になることが予想できます。

ただしこの方法は、新しくローンを組めても、毎月の支払額が家計を脅かすような金額になってしまったら、支払いが困難になる諸刃の剣です。

支払額が高額になると遅延に繋がり、次回から新しいローンが組めなくなることにもなりかねません。

そうならないために高額な支払額になる購入は避けることが肝心です。

また、あまりに高額なローンとなると、審査に通らないケースも出てきます。

この点をよく理解して、無理のない範囲内でローンを組むよう心がけましょう。

下取り・買取でローン残債を完済する

新車購入時には今乗っている車は下取りしてもらうのが普通ですが、その下取りで得た資金でローンを完済するのも一つの手です。

車は年式・走行距離によって下取り査定が大きく変わってきます。

まずは自分の車が一体幾らになるのかを知るため、ディーラーや中古車買取業者から見積もりを取るようにしましょう。

また見積もり価格は業者によって変わってくるので、一括査定サイトを利用してできるだけ多くのところから取ることをおすすめします。

ここでローン残債と見積もり査定額が同金額ならば、下取りしてもらった資金でローンを完済してしまえばいいのです。

少しくらい足りないくらいなら自費で賄うことができますから、ローン残債と見積もり査定額に大差がない場合にも十分利用できます。

ローン残債を買取や下取りで完済する場合は、高額査定が重要です。

買取価格が高ければ、残債だけでなく自動車購入費用もまかなえるのですから、数万円の査定の違いが大きな差となります。

買取は一括査定サイトを利用することで、一番条件の良い買取店をを見つけることができます。

車一括買取査定サイト上手に活用して、ローン残債プラスαの査定額を狙ってみましょう。

ローンの種類と所有者名義は要チェック!

車をローンで購入する際は、どんなローンを利用するのかで中途売却の方法が大きく変わっていきます。

オートローンは、銀行系か信販会社の2つのどちらかです。

両方ともローンの審査を受けてそれに通過することで車の購入代金が融資されるのですが、実はこの2つには似て非なる点があるのです。

それは所有者名義がどうなっているかです。

所有者名義は

  • 銀行 本人
  • 信販会社 信販会社

となります。

銀行でローンを組めば所有権は本人のものとなりますが、信販会社でローンを組んだ場合所有権は信販会社が持つこととなるのです。

これはローン完済途中で車を買換えるとなると、その手続きにも大きく影響してくることになります。

銀行ローンの場合

車を売却する際には、所有権の変更が必要になってきます。

ですから、所有者名義が本人となる銀行ローンであれば車は自分の所有物ですから、誰に許しを請うことなく売却することが可能です。

つまりはローンが完済できていない状態でも売却することが可能なのです。

しかし、車を売却したからといって、銀行へ毎月の返済をしなくてもいいというわけではありません。

売却して得た金額で支払うか、残りのローンを今まで同様に完済するまで支払い続けなくてはならないのです。

売却はいつでも可能ですが、ローン返済義務がなくなったわけではないという点はよく理解しておきましょう。

信販会社ローンの場合

信販会社ローンは銀行ローンとは違い、基本的にローン完済となるまでは所有権は信販会社名義となります。

車を売却するには信販会社の所有権解除が必要となってくるので、信販会社がそれに応じるローン完済までは車の売却は不可能になってきます。

しかし

  • 下取り金額
  • 預金
  • 新しいローンに上乗せ

などの方法でローン完済すればローン会社は所有権解除に応じてくれます。

しかし、ローン完済する方法がない場合には、ローンを解約することもできませんし、車を売却することもできません。

信販会社で車のローンを組んだ場合には、完済する当てがなくては買換えが不可能ということなのです。

無理な借入は絶対にNG!

銀行にしても信販会社にしてもローン途中での車の買換えは可能です。

しかし、そうするには今の残債をどう処理するのかが重要なポイントとなってきます。

銀行ローンのように未完済でも売却可能といっても、完済できてない状態のまま新しいローンを組めば2つのローン支払いが必要になってきます。

また信販会社ローンでは完済しなければ売却できませんから、最悪の場合、ローン残債を新しいローンに組み込むこととなり、毎月の支払額が急騰してしまうこともあります。

となれば、買換えする方法があるとしても、新しく支払うローン金額が身の丈に合ったものであるかないかが重要になってくるわけです。

支払いが遅れたり、滞ったりすれば自分の信用情報を汚すこととなり、将来スマホの月賦購入や住宅ローンが組めなくなる事も。

数年後に家族構成が変わって負担でなかった支払いも負担になってくることだって考えられます。

だからこそ、将来を見据えた支払い計画をたててローンを利用してください。

買換えを検討する際には、「決して無理な借入はしない」ことが一番重要になってくると肝に銘じましょう。

所有権解除手続きはどうやればいいの?

信販会社で車のローンを組んだ場合、所有権は本人ではなく信販会社となります。

これはローンの返済途中で支払い不能となった場合、車を引き揚げて転売し、損失に充てることが目的だからです。

これを所有権留保といいます。

よって信販会社でローンを組んだ車は、所有権は完済するまで本人のものとはならないので勝手に、売却や譲渡ができません。

「それじゃあローン途中で買換えする場合はどうすればいいの?」ということになってきますよね。

その場合には、ローン残債を処理した上で、信販会社へ所有権解除の申請を行います。

所有権を解除してもらい、車の所有権を本人に変更する手続きが必要なのです。

所有権解除の流れ

所有権解除の手続きはディーラーや中古車買取業者が代行してくれるので、個人売買以外ならば個人で行う必要はありません。

ですから、手続きの方法については詳しく知る必要はないのですが、簡単にどんな流れになるのかを説明しておきましょう。

所有権解除の流れは下記の通りです。

  1. 信販会社へ所有権解除の申請をする
  2. 所有権解除に必要な申請書類が信販会社から郵送される
  3. 郵送された申請書類に必要事項を記入
  4. 必要書類を持ってナンバーを管轄している運輸支局に出向く
  5. 運輸支局に必要書類を提出
  6. 新しい車検証が交付される(所有権の譲渡が完了)

所有権解除を行う場合、次の所有者の登録が必要になります。通常、所有権解除の申請は名義変更の申請も同時に行われるのです。

信販会社の所有権解除と、新オーナーへの所有権移動が同時に行われるというわけです。

今回は本当に簡単に流れだけを説明しているので自分でもできそうだと思った方もいるでしょう。しかし、書類の書き方や運輸支局での申請は素人には面倒な作業となります。私も自分で名義変更手続きをしたことがありまが、節約になるから自分でやりましょうとはとても言えない面倒臭さがありました。

また平日しか窓口が空いていませんので、お仕事を休んでいく必要もあります。

どうしても個人で行わなければならない際には、行政書士など代行サービスをしているところに委任した方がいいでしょう。

所有権解除に必要な書類は?

所有権解除は基本的にディーラーや中古車買取業者が代行してくるので、本人が用意するものは実印と印鑑証明書くらいです。後は委任状を記入して、車に積んである車検証のコピーを取るくらいです。

他の書類は所有権解除をする信販会社とディーラーや中古車買取業者が用意してくれるので、個人が改めて用意するものは何もありません。

ディーラーや中古車買取業者が用意するのは

  • 車検証のコピー
  • 委任状
  • 自動車税の納税証明のコピー
  • 完済証明のコピー

の4つで、これに本人が用意した印鑑証明書を添付して信販会社へ送ります。

委任状は今回の所有権解除の手続きをディーラーもしくは中古車買取業者に委任する旨の証明をするもので、ここに使用者の実印での捺印が必要となってきます。

印鑑登録証明書が必要になるのもここに捺印した印鑑が実印であることを証明するためです。

送った書類に不備がなければ信販会社からは

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書

の3つが送られてきます。

譲渡証明書は所有権を譲渡することを証明した書類で、委任状はその手続きをディーラーもしくは中古車買取業者に委任する旨を証明をするもので、両方に信販会社の実印で捺印がされています。

面倒な手続きはディーラー、買取店任せでOK!

所有権解除までの流れを簡単に説明しましたが、必要書類をきちんと提出しないと信販会社から所有権解除に必要な書類は送られてきません。

また、信販会社から書類が届いて初めて所有権解除の申請を運輸支局にできるようになります。運輸支局も様々な手続きが必要となってくるので、一般の素人の方には少々困難でしょう。

ディーラーやお店に手続きを依頼すれば、自分で用意するのは印鑑証明書だけで、信販会社とのやり取りも陸運支局での申請もディーラーや中古車買取業者がやってくれるのが一般的です。

車の売却先がどちらでも、所有権解除と名義変更手続きはノータッチというのが基本です。

車検証や自動車税の納税証明書が紛失している場合は再発行の手続きが必要となりますが、これら再発行の手続きも業者任せでかまいません。

中には個人で用意してくれというところもあるようですが、それはごくまれな話です。

個人店自動車屋はそんなことがあるようですから、前もって確認しておいた方がいいでしょう。

売却してもローンが残りそうなら?

loan

売却した車で得た金額が残りのローン残債よりも多い場合は問題ありませんが、少ない場合には足りない金額を個人で用意するしかありません。

銀行のカーローンならローンが残っていても売却できますが、信販会社のカーローンは完済しなければ売却することはできません。

そこで売却してもローン残債が残ってしまった場合の対処方法には、

  • 現金で支払う
  • 銀行のフリーローンなどでローンを組み直す
  • 新しいクルマのローンに組み込んでもらう

の3つが考えられます。

現金で支払う

この後にローン組み換えによる方法も説明するのですが、これが安全な一番おすすめな方法と言えるでしょう。

車の売却で充当できなかったローン残債を預貯金などから補います。この方法を取るのは、ローンが残り数か月程度という方が多いようです。

ただし現金を使う場合は家族としっかり相談してからにしてください。今使って大丈夫なのかよく話し合って利用するようにしましょう。

貯金の切り崩しは、生涯設計に支障が出ないように計画的に!

銀行のフリーローンなどでローン組み直す

銀行には目的を限らず自由に使えるフリーローンが存在します。

ローン残債を金利の低いフリーローンを使って返済するのも一つの手といえるでしょう。

しかし、いくら金利が低いといっても必要な金額に金利を支払って借入することに違いはありません。

このフリーローンと新車購入で利用するローンの毎月の支払いが余裕をもってできるものなのかどうかをまず検討してください。

ローン支払いに困るような状態では問題です。

利用するかしないかは個人の判断次第ですが、無理な買換えとなるような場合には買換えを先に延ばした方が賢明でしょう。

新しいクルマのローンに組み込んでもらう

ローン残債があるけれど、どうしても買換えしなければならない方がよく使う方法です。

支払いきれなかったローン残債を新しく購入する新車ローンに上乗せしてローンを組みます。

このローンの特徴は残金を上乗せして一本化できるので、フリーローンでローン残債の借り入れをするよりも支払いやすくなる点です。

なんといっても支払い忘れがありません。

しかし、ローン残債を上乗せするわけですから、その分、毎月の支払いは高くなってしまいます。

上乗せする金額にもよりますが、前の1.5倍以上の支払いになるなら、注意が必要です。

生活がローンの支払いで圧迫されかねません。

支払いに困るような月額になる場合には、フリーローンと同様に買換えを先送りした方が賢明でしょう。

ローンが残っている車でも買換えは可能!

ローン残債が残っている車でも買換えは可能です。

しかし、いくら買換えできるからといっても、何の考えもなく買換えするのは危険です。

  • 買換え後の毎月の支払は余裕があるか
  • 預貯金を完済に充てても将来設計に支障はないか

の2点は必ず考慮に入れましょう。

車は決して安価な買い物ではありません。

このポイントをクリアしていなければ、買換え後に必ず後悔することとなります。

最後に

車の買換えで重要なのは、買換えできるかどうかではありません。ローン残債が残っていても買換えする方法はいくつもあるからです。

買換えできたとしても、その買換えが後々デメリットを生むことにならないかどうかが重要なのです。

買換えする際にはこの点をよく理解して、無理のない買換えを心がけるようにしてください。

スポンサーリンク