3度の飯よりクルマが好き!

車売却時にローンが残っていても車は売れるの?

愛車のローンが残ってても売って新しいクルマを買える?

carloan-zan

車を買う時はボロボロになるまで乗り回す。

そう思ってローンを組んだ方も多いでしょう。

しかし、使っているうちに新しい車が欲しくなって、車を買い換えたいと思った事はありませんか?

そんな時、ローンが残っている車を売ることができるのか?と疑問に思う筈です。

基本的には車を売却する際はローンを全て返済しなければ売却することができません。

ですが、ローンが残っていても車を売却する方法はあるので、その方法をご紹介します。

ローン残のある車を売る方法

ローンが残っている車を売却する際に、確認すべき所があります。

それはローンが残っている車の所有名義が自分の名前なのか、ローンを組んでいる会社の名義なのか。

車の名義人が誰なのかで売却の方法が変わってきます。

車の名義が自分の名前だった場合

車の名義人が自分の名前だった場合、ローンが残っていても普通に売却できます。

もちろん売却をしたからと言ってローンがなくなるわけではありませんが、ローンが残っていない車と同じ手続きで問題ありません。

車の名義人がローン会社の名義だった場合

さて、車の名義がローン会社のものだった場合、少し手間がかかります。

車の名義が自分の名前ではないので、普通に車を売却できません。車の名義が自分の名前でなければ、たとえ買取店に持って行っても売却をする事が出来ないのです。

売却するためには、車の名義を自分の名前にする必要があります。その手続きがこちらです。

所有権保留解除

ここでは詳しい部分までは触れませんが、簡単な流れを紹介します。

  1. 自動車税の完納
  2. 所有権解除書類の取得 
  3. 名義変更手続き

以上の3点になりますが、本人が新所有者になる場合と第三者に譲渡する場合では手続きが少しだけ違います。

ですが、少し違うだけで面倒な手続きが増えると言う訳ではありません。後は特別な手続きなしで売却や譲渡が可能になります。

最後に

ローンが残っている車を売却する際は、一旦ローンを完済してから売却するのが最も手間がかからず簡単です。しかし残りのローンを一括で完済できる人は中々いないでしょう。

そんな時は、大手の中古車買取店に持っていくことをオススメします。

車の売却金額がローンの残高よりも大きい場合はローンの残りを一括返済する手続きを取ってくれたり、差し引いた金額が手元に返ってきます。

また、売却金額がローンの残高に届かない場合でも一旦ローンを清算し、新しいローンとして組み直してくれるので、ローンが残っている車でも売却することができます。

所有権保留解除も一緒に行ってくれるので、ローンが残っていてもスムーズに対応してくれますよ!

スポンサーリンク