3度の飯よりクルマが好き!

走行距離10万キロの中古車は購入してもいいの?

走行距離の長すぎる中古車は購入に向かないの?

longdistance

中古車の価格、価値は年式もさることながら、走行距離の長さも大きく影響してきます。

ですから車の購入費用を用意するのが難しいという方ならば、販売価格が安価な走行距離の長い中古車を購入するのも一つの手でしょう。

しかし、車の品質がそのまま販売価格に反映されているわけですから、購入後に故障等のトラブルが発生する確率が高くなってしまうことは否めません。

では安いからといって、走行距離が長い中古車を安易に購入するのは控えた方がいいのでしょうか?

普通に考えれば購入後に故障に悩まされるよりも、多少高くても走行距離が短い中古車を購入した方が安全です。

しかし、実際には一概に言い切ることはできないのです。

一般的に車は走行距離が10万kmを超えてしまうとエンジンやミッションなど、高額となる修理が発生すると言われています。

ですから、長く同じ車に乗っている方の買換え時期の一つとして広く紹介されているのです。

ですが全ての車がそうなるわけではありません。

ちゃんと定期点検などメンテナンスをしておけば、この修理を回避することは可能なのです。

また使用されているパーツや部品が高品質な高級車ならば、その時期はずっと後に訪れることになります。

ですから、走行距離が長いからといって、購入するのを控えた方がいいという考えは条件次第で当てはまらなくなってくるのです。

車の寿命は走行距離で判断できる?

一般的には走行距離が10万~15万kmを迎えると、車の一番主要な部分であるエンジンに何らかの故障が出始めると言われています。

ですからエンジントラブルが多くなったこの時期が車の寿命と言えるでしょう。

しかし、日本で車の製造販売を行うメーカーによって構成される自工会(日本自動車工業会)は30万kmまで大丈夫とという見解を出しています。

ということは設計構造上、車は30万kmまでは走れるように製造されているということになるのです。

実際、海外では10万kmの日本車は新車同然という声があるほどです。

ですから走行距離で寿命を計ることはできますが、走行距離10万~15万kmが寿命というのはあくまで一つの目安と考えておいた方がいいでしょう。

車はメンテナンス次第で10万kmと言わず、さらに多くの走行が可能となってきます。

しかし、走行距離が長くなればなるほどパーツや部品の摩耗や劣化が酷くなってくることも確かです。

摩耗や劣化をメンテナンスせずそのまま走っていれば他の箇所にも負担がかかってしまい、車自体の耐久性を下げてしまうことになるのです。

ですから車検時以外に車に何の手もかけないという人の車は、10万kmを待たずして寿命を迎える可能性は大いにあります。

ですが、定期的なメンテナンスを受けている車ならばそれを防ぐこともできるのです。

寿命を走行距離で計ることは可能ですが、メンテナンス次第でその寿命を延ばすことも可能だということをよく理解しておきましょう。

中古車の走行距離の許容範囲

購入価格を抑えたくて、敢えて安価購入できる走行距離の長い中古車を買う方も少なくありません。

しかし、走行距離が長い車は故障頻度も多くなる可能性があるので、購入時にはどれくらいまでの距離数が許容範囲なのかの判断が重要なポイントとなってきます。

一般的に中古車の査定は5万kmで最後の大きな下落を迎え、10万kmを超えると驚く程安くなり、査定がつかない場合も少なくありません。

つまり、5万kmと10万kmの時点で以前よりも故障頻度が多くなると判断されて、車の査定価値が下げられるというわけです。

ですから購入する際の許容範囲としては10万km未満の中古車がオススメとなってくるでしょう。

しかし、再三申しましたように10万kmを超えた車でも、定期的にメンテナンスを受けている車なら問題なく走行でき、驚く程の安価で購入することができます。

これは素人が判断できることではありませんので、前オーナーがどういう乗り方をしていたのか、メンテナンスはどうなのか、車の状態がどうなのかを購入先業者に相談するようにしましょう。

走行距離が長すぎる中古車購入のメリット・デメリット

いざ走行距離の長い中古車を買うとしても、ただ安いからだけでは購入後に後悔することにもなりかねません。

新車を購入するわけではありませんから、購入する際にはメリットだけでなくちゃんとデメリットも理解し、納得した上でないと後悔することにもなります。

それでは走行距離の長すぎる中古車を納得して購入してもらうために、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

走行距離が長すぎる中古車購入のメリットは

  • 購入価格が安い
  • メンテナンスがしっかりされている

の2点です。

車は走行距離が長いほど査定金額は安くなります。

ですから走行距離が長すぎる中古車は査定価格は安くなるので販売価格も安く、手頃な価格で購入することができます。

また、走行距離が長いと言う事は前オーナーがちゃんとメンテナンスを行っていた証とも言えます。

メンテナンスなしでは故障が多くなり、とても長すぎる距離を走行することはできません。

日本車はメンテナンスさえしっかりと受けていれば10万kmと言わず30万kmでも走行可能です。

よって、長すぎる走行距離だとしても走行することのみが目的なら、問題なく走行することができるのです。

デメリット

走行距離が長すぎる中古車購入のメリットは、やはり故障トラブルが多くなる危険性があるという一点に限ります。

いくらメンテナンスをちゃんとしていたとしても、必ず故障トラブルがなく走行できるとは限りません。

ですから、幾ら程度のいい中古車を購入したとしても、故障トラブルに悩まされる可能性はなくなったわけではないのです。

走行距離が長すぎる中古車でも状態の良い車なら、安く購入できて、走行も安心ですが、「もしかすると…」という危険性もはらんでいることはよく理解しておきましょう。

安いけど故障が心配という方には認定中古車がオススメ!

長い走行距離の中古車は安いけれど、購入後に故障が多発する恐れが全くないわけではありません。

購入する方はこの点を重々納得しているのですが、中には心配になって購入を控える方もいるでしょう。

そんな方は自動車メーカーお墨付きの認定中古車がオススメです。

元々は輸入車に対して(ベンツやBMW、VM等)始めたものでしたが、自動車メーカーも”認定中古車制度”を積極的に導入しました。

認定中古車は自動車メーカーの基準の元に整備・補修して、保証をつけて販売しているコンディション優良な中古車です。

販売価格は高くなってしまいますが、走行距離が長いものならばもとが安いので無理なく購入することができるでしょう。

中には10万kmを超えた認定中古車もあるので、走行距離の長い中古車を購入検討とする際には、認定中古車も是非検討対象に入れてみて下さい。

スポンサーリンク