3度の飯よりクルマが好き!

メルセデスベンツ最高峰「Sクラス」の実力とその魅力

「トップ オブ メルセデスベンツ」だけでなく、世界の高級セダンのお手本となるのがメルセデスベンツSクラスです。

2013年に8年ぶりのモデルチェンジを受けた現行Sクラスは、「最善か無か」というメルセデスベンツの有名なフレーズ通り、クルマに要求されるすべての性能に対して中途半端や妥協は一切排除して開発されています。

一方でSクラスは少量生産のロールスロイスやベントレーとは異なり、年間7万台以上生産される量販モデルです。

ラグジュアリーな装備でユーザーを満足させるだけでなく、現代の車に求められる環境性能なども高い次元でバランスを取った、最高級実用車でなければなりません。

6代目となったSクラスの全てに渡る最高性能をご紹介します。

Sクラスとはどんなクルマ?

Sクラスの内外装は、エレガントとモダンを兼ね備えたモダンラグジュアリーがテーマです。

エクステリアは伝統的で威厳のある堂々としたフロントマスクに、サイドのプレスラインが新鮮さとスポーティーさを表現し見事に融合しています。

インテリアはダッシュボードからドアパネルへと伸びやかな曲線でつながれ、本革やウッドパネルなど最高級の素材を丁寧に加工したトリム類が配されたゴージャスな空間です。

高級なナッパレザーなどを表皮に使用した立体的なフロントシートには、ホットストーン式マッサージ機能も組み込まれます。

一方で従来のメーターを廃し、12.3インチの液晶パネルを2枚横に並べたメータパネル、2本スポークのステアリングなどは近未来的なデザインエッセンスです。

さらにパープルやレッドなどを含む7色から好みの色を選べるLED間接照明や、専用の香水で室内を香りで包むパフュームアトマイザーなどエンタテイメント性にも配慮しています。

至れり尽くせりの後席

ショーファードリブンとしての利用も多い、ロングホイールベース仕様の後席は広大な空間です。

オプションのファーストクラスパッケージ(4人乗り仕様)を選択すると、43.5度までリクライニングする独立式の座席にレッグレストとフットレスト、枕のようなサイズのヘッドレストが装備されます。

10インチディスプレイが前席背面に設置され、地デジやDVDなどが楽しめるほか、大きなリアセンターアームレストには贅沢なつくりの格納式テーブルやクーリングボックス(冷蔵庫)も準備され、これ以上望むものはありません。

リアシートにはアクティブベルトバックルとSRSベルトバッグが組み込まれています。

乗員が乗り込むとシートベルトバックルが光り、自動でリフトアップしてシートベルトを着用しやすくし、衝突時にはシートベルト本体を膨らませて乗員の胸部にかかる衝撃を緩和します。

豪華さだけではなく、安全面でも手を抜かないSクラスらしい装備です。

Sクラスの魅力を解説

クルマとしての基本性能部分にも、メルセデスベンツの最先端テクノロジーが惜しみなく注ぎ込まれています。

インテリジェントドライブの名の通り、ミリ波レーダーはフロントに77GHzの長中距離用、前後バンパーの左右に25GHzの短距離用を4つ配置。

さらに高精度ステレオマルチパーパスカメラと赤外線センサーを合わせて車両の全周を的確に把握します。

センサーからの情報をもとにアラームによる注意情報の表示、ステアリングアシスト、エマージェンシーブレーキなどによって事故のリスクを軽減することが可能です。

オートクルーズ機能の「ディストロニックプラス」は全車速域での前車追従と合わせて、ステアリングと連動して自動で車線を維持します。

また、ステレオマルチパーパスカメラは「マジックボディコントロール」と呼ばれる世界初のサスペンションにも利用されます。

最大15m前方の路面の詳細な凹凸を検知し、サスペンションの油圧ユニットの制御を行うことで、段差を乗り越える際の衝撃や揺れを抑えることが可能です。

その名の通り効果は魔法のようで、特に後席のフラット感とスムースな乗り心地は格段に向上します。

Sクラスのセーフティ/インテリジェント性能は、現状で量産車に搭載可能なシステムがすべて搭載され、クルマの未来を感じる事ができます。

豊富なラインナップだが

パワーユニット、標準とロングのボディ違い、AMGとSクラスに統合されたマイバッハを含めてバリエーションは豊富です。

グレード エンジン 最大出力 最大トルク 燃費 (km/L) 価格 (万円)
S300h 2.1L直4ディーゼルターボ+モーター 204ps

51.0kgm

20.7 998
S300hエクスクルーシブ 20.7 1283
S300hロング 19.5 1353
S400h 3.5L V6ガソリン+モーター 306ps

37.0kgm

15.4 1123
S400hエクスクルーシブ 15.4 1346
S550eロング (プラグインハイブリッド) 3.0L V6ガソリン+モーター 333ps

48.9kgm

13.4 1638
S550ロング 4.7L V8 ガソリンツインターボ 455ps

71.3kgm

10.6 1638
S600ロング 6.0L V8 ガソリンツインターボ 530ps

84.6kgm

8.5 2318
AMG S63ロング 5.5L V8 ガソリンツインターボ 585ps

91.8kgm

9.0 2483
AMG S63 4MATICロング 8.9 2483
AMG S65ロング 6.0L V12ガソリンツインターボ 306ps

37.0kgm

8.1 3297
マイバッハS550 4.7L V8 ガソリンツインターボ 455ps

71.3kgm

9.4 2222
マイバッハS550 4MATIC 9.0 2222
マイバッハ S600 6.0L V12ガソリンツインターボ 530ps

84.6kgm

7.4 2626

ハイブリッドモデルでは表記のエンジン出力の他、27ps/25.5kgm(S550eは115ps/35.7kgm)のモーターパワーがプラスされます。

レクサスLSなどではハイブリッドモデルが最上級モデルになりますが、Sクラスの場合は量販されるエントリークラスにハイブリッドが搭載されます。

S300系は先代Eクラス220dに搭載されるディーゼルターボユニットに、モーターを組み合わせたハイブリッドです。

2トンを超える車重のボディをストレスなく走らせるだけでなく、コンパクトカー並みの燃費も魅力があります。

エコカー技術の最新トレンドのPHVに加え、高級車の象徴でもあるハイパワーなV8、V12エンジンもラインアップされ、富裕層のどんなわがままでもカバーします。

プライスリストには不動産並みの価格が並びますが、オプションもそれなりのプライスです。

300h用ラグジュアリーパッケージ(プライバシーガラス、エアパッケージ、サンルーフなど)が75.1万円。

その他もグレードの標準装備により価格が異なりますが、AMGライン(AMGエアロパーツ、19インチアルミ、ヘッドアップディスプレイ、ドリルドブレーキディスクなど)が51.5~73.8万円です。

後席の電動リクライニングなど快適性を向上するショーファーパッケージが84.7~91.7万円、後席が独立シートになるファーストクラスパッケージは58.3~150万になります。

Sクラスの気になる所

Sクラスをマイカーとして検討してみると、5,116mmの全長(ロングは5,246mm)と1,899mmの全幅はやはり大きく、日本の道路事情では取り回しに苦労するサイズです。

またハイブリッド以外のパワーユニットは”ヒトケタ燃費”で、プレミアムガソリン仕様ということもありランニングコストでも覚悟が必要です。

ドライバーズカーとしては、エントリーモデルのS300hは標準ボディで軽油を利用できることもあり、魅力的なモデルになります。

購入資金に多少余裕がありS300hエクスクルーシブが選べるのであれば、Sクラスらしい豪華装備を満喫することも可能です。

Sクラスを購入する際に年収の確認などありませんので、キャッシュさえあれば誰でも購入できます。

価格以上の価値があることは間違いありませんが、それでも998万~という価格は庶民にはハードルが高く、宝くじでも当たらない限りは114ページもある電子カタログを見るのが関の山です。

まとめ

高級車の世界には明確なヒエラルキーがあり、常に進化し続けていなければトップに君臨し続ける事ができないことをSクラスは教えてくれます。

質実剛健、安全第一のイメージを維持するだけでなく、エレガントでモダンな内外装デザインやエンタテイメント性に富んだ装備などで所有欲をかきたてます。

劣悪な燃費などもあり、環境面で世間の風当たりが強い大型高級車ですが、SクラスもハイブリッドやPHVを拡充し環境性能も向上させています。

高級車として不足するものは無く、どんな要望にでも応えられるSクラスはこれからも王者として君臨し続けるはずです。

スポンサーリンク