3度の飯よりクルマが好き!

ミニクロスオーバーは環境に優しい頼れる相棒!ディーゼルで軽快な走りを実現?

mini-cross

天気が良いから出掛けよう!と思い立ちドライブに

しかし何気なしにドライブに出掛けたあなたは突然壁にぶち当たります。それは快適なドライブを阻害する坂道・・・登らない、速度が落ちる、イライラする。アクセルを踏み込み長い坂道をエンジンが叫びながら車が走っていく、そんなあなたのイライラを解消してくれる頼もしい相棒を紹介します。

その名もミニ クロスオーバーです!

ミニと言う先入観を打ち破るワイルドさ

ミニ クロスオーバーはドイツ自動車会社BMWが2001年に設立した自動車ブランドが作り上げ、2011年1月13日に発表・発売したクルマです。

BMWが設立した自動車ブランド ミニのクロスオーバー・・・私は始めてこの名前を聞いた時に、軽自動車の様な可愛らしい車と思い込んでいましたがそんな事はありませんでした。

その理由については後程お伝えしたいと思います。

欧州ではカントリーマン!日本ではクロスオーバー。

欧州ではカントリーマン(何かカッコいい)の名称で発売されているクロスオーバーは、発売当初ワンクーパー、クーパー、クーパーS・4WDの3モデル、後にハイスペックモデルのJCWが設定されました。

2014年9月8日のマイナーチェンジによりクーパーSが廃止され、ディーゼルが追加されました。残念なことにディーゼルはAT限定となり全車種全グレードでMT選択ができません。

実はクロスーバーは4枚ドア5人乗り車でも全グレードMT選択可能という、とても貴重な車種だったのでとても残念です。

ディーゼルがラインアップに加わり、ワン、クーパー、クーパーSD、クーパーDで4WDも設定されていてエンジンはディーゼルが2.0Lとなり力強い軽快な走行が可能になっています。

では何故この車がイライラを解消してくれるのでしょうか?

感じた事のない運転感覚

ミニのクリーン・ディーゼルはガソリンエンジンよりも高いエンジントルクを、幅広い領域で発生することで力強い走りを生みます。

一度はほぼ絶滅したディーゼルエンジンのあのパワフルな走りが、環境性能をクリアして再び体験できるのです。

20世紀末のRVブームでを経験した人なら、あの背中から蹴り上げられる力強い加速に一種のノスタルジーすら感じるかも知れません。

信号待ちからのスムーズな発進、坂道を軽やかに登って行く感覚はあなたのドライブライフに革命をもたらしてくれることでしょう。

大きく見えて大きく乗れる

どこぞのキャッチフレーズの丸パクリですがまさにこの言葉通りだと言えます。

全長4メートルを超えるボディ、室内の広さにも驚くこと間違いなく、ラゲージスペースの広さは大して広く無いかと思いきやリアシートを倒すと驚きの最大容量1170Lと大荷物など物ともしない頼もしさ。

その日その時にフレキシブルにパワフルに対応してくれる。ミニ クロスオーバーという名前の先入観を消し去るワイルドな車なのです。

自分好みの相棒に飾ろう!

クロスオーバーは通常リアシートは独立タイプが標準だがオプションで3人乗りベンチシートも選ぶことも可能でスライド機構とリクライニング機構を備えているのでラゲージスペースが最大1170L確保できる訳です。

エクステリア、インテリア共にオシャレに仕立てることも可能ですし、スポーティーなカスタマイズだって何のその。

特有の装備としてMINIセンターレールを採用、小物入れやドリンクホルダー、外部オーディオ機器などを自由に装着可能であなたのカーライフの欠かす事の出来ない相棒となる事でしょう。

ただしオプション料金は国内メーカーと比べて割高なので、アレコレ盛りすぎるとワンがクーパーに、クーパーがSDに・・・とグレードアップ沼にはまり込むので、予算オーバーしないように気をつけてください。

ミニクロスオーバーの欠点は一体?

正直なところミニクロスオーバーは非常に高額であること以外の欠点が見つかりませんでした。

敢えて言うのであればディーゼルエンジン=環境に悪いと言う負のイメージが根強く残ってしまっている事くらいでしょうか?

最近はドイツ車のディーゼル不正が発覚し、ディーゼルの環境性能神話が崩れつつあります。

ですがクロスオーバーのエンジンは、世界でも最も厳しい排ガス基準の日本で認められたディーゼルエンジンとのことで、その心配も幾分かは和らぐでしょう。

本来クリーンディーゼルは厳しい規制をクリアした環境に優しいエンジンです。黒煙も殆ど出ず有害物質もとことん削減しガソリンエンジンを凌駕しています。

燃費も同じガソリン車と比べ、格段によく、低速から盛り上がるトルクのおかげで町中でも運転しやすいことから、ディーゼルエンジンを支持するドライバ-も少なくないくらいです。

ミニクロスオーバーは環境に優しく、室内の空間も広々でエクステリアも最高にクールと良いこと尽くしではないでしょうか?