3度の飯よりクルマが好き!

見た目重視ならeKカスタム!走りに物足りなさがあるのは残念!

eKcustom

三菱自動車のeKシリーズは「良い軽を作りたい」と言う思いから語呂合わせでeKとなりました。

カッコいい車に乗ってみたい!と思うのは車好きであれば当然ですが、スポーツカーは高くてなかなか手が出ないですよね?

三菱・eKカスタムは軽自動車ながらカッコいい見た目と、スポーツカーには遠く及びませんがまずまずの走行性を持っています。購入・維持コストを抑えたい方も検討の余地ありです。

ここではeKカスタムの特徴を簡単にですが紹介したいと思います。

インパクトの強いフロントバンパー

2代目アウトランダーで採用したフロントデザインのダイナミックシールドを導入し、バンパーの大型化・大型クロムメッキグリルを装備しています。

サイドリヤダム・リヤスポイラーと合わせて、がっしりした力強いデザインになっていて、どの方向から見ても中々カッコ良いです。

私はフロントバンパーのインパクトを強く感じました。

気になる走りについて

ただハンドルを握ってアクセルを踏むだけでなく、やはりMTで運転したい方も多い筈です。

ですが、残念ながらeKカスタムはトランスミッションが全車CVTで、MTはラインアップにありません。折角見た目が良いのですから、用意しておいて欲しかったですね。

エンジンのパワー

ハッキリ言って、ターボエンジンでなければパワーが無くて話になりません。

街乗りメインで使用するのであれば問題ありませんが、ノロノロ走り出す感じや坂道でのパワー不足は大きなストレスを感じるレベルです。

燃費性能を求めるのであればターボエンジンはオススメ出来ませんが、30.4Km/L→26.2Km/Lに下げて快適な走行を手に入れるのか、2割程燃費の良い方を選びストレスと戦い続けるのか・・・あなたならどちらにしますか?

走りを求めるならスズキアルトワークス

上述したようにターボエンジンを搭載すれば、快適な走行を愉しめますがCVT所以の操作の物足りなさがあります。

MTで走りに特化した車と言えば、スズキ・アルトワークスでしょう。

5速MTでターボエンジン搭載、車重はeKカスタムよりも110Kg~200Kg軽い(グレードにより差がある)ので走りに拘った軽自動車の一台です。

走りを求めるのであればアルトワークスが有力ですが、eKカスタムよりも室内が狭くなっています。また、eKカスタムが134万円から選べるのに対し、アルトワークスは150万円と若干高めの価格です。装備を充実させた場合は殆ど差がありませんが・・・。

私はアルトワークスの見た目がどうにもしっくり来ないので、見た目重視でeKカスタムを選びます。

バンパーに弱点が・・・

多くの報告が上がっていますが、大型のフロントバンパーが壊れやすい・取れやすい・脆いと言われています。

カッコ良さを演出してくれるフロントバンパーですが、気を使わないといけないので、マイナス要素の1つにもなってしまうのです。

特に雪が降り積もった道をかき分けながら走ろうものなら・・・想像するだけで恐ろしいですね。

最後に

カッコ良さを求めるのであればeKカスタム、走りに特化するのであればアルトワークスを選びましょう。

アルトワークスには劣りますが、eKカスタムのパワーも低いわけではありません。見た目と走りを両立できる点はeKカスタムが勝っていると言えます。

バンパーが脆いと言う弱点を背負っていますが、他に大きなマイナス点を抱えているようには感じませんでした。

一度検討してみては如何でしょうか?