3度の飯よりクルマが好き!

オフロード性能は総合でランクルが上?ダートは4輪独立懸架のパジェロ!

パジェロはランクルと比べて良い車なのか?

pajero

三菱パジェロといえば、1990年代から2000年代初頭かけてパリダカラリーを7連続優勝総合優勝12回の飾った華やかな実績のあるオフロード車として、定番の4WD車でした。

対するランクルも2014年にパリダカラリーで市販車部門で1.2フィニッシュで優勝するなど、高級化が加速しラグジュアリーカーのイメージが付いてしまっているものの、オフロード性能の高さもまだ失われていません。

価格は違えどオフロードフィールドではランクルやジムニーと肩を並べて走るパジェロは、どういう人が購入するべきなのでしょうか?

性格が違う2車種

パジェロは生粋のクロカンマシンで、走破性能の多くはドライバーのテクニックに依存しています。

パジェロはランドクルーザーのようなマルチテイレンセレクトやクロールコントロールによる、ドライブアシストがありません。悪路にトライするときは常に路面状況を自分の五感で感じながら走らなくてはいけないのです。

オフロードの楽しみは自分で乗り越える楽しさにありますから、そこをコンピューターがアシストすると面白みがなくなるという意見もあります。

パジェロはその辺りの装備を極力削ることで、悪路を乗り越える楽しみを優先したクルマとなっています。

オフロード車の基本性能とも言えるアプローチアングルを36.5°、デパーチャーアングルをLONGモデル25°~SHORTモデル35°も確保。

あらゆる場面でドライバーが自分で判断して走るクルマです。

電子制御のランクルとドライバーのパジェロ。この辺りは機械制御のランエボとドライバーのインプレッサとは真逆の関係ですね。

独立懸架サスペンションはネガティブ意見が多い

パジェロは4輪独立懸架式のサスペンションを採用しており、路面追随性が良いと言われているます。しかしこれは未舗装道路や砂利の多い道の話であって、凸凹の多い本格的なオフロードにはデメリットが多いものです。

コアなオフロードファンは独立懸架式採用を残念がっているのも、パジェロが純粋なオフロード車からシティコミューターに舵切りしたからなのかもしれません。

対するランクルは、足の伸びも良くそれでいて一般道路でも違和感のない足回りの作りは、さすがランクルと言える完成度です。

内外装は高級車ですが、本気のオフロードもできるギャップがランクルの魅力かもしれません。足回りから装備まで良くもここまで1台の車に詰め込んだものです。

パジェロは歴史と名声を持つ稀代の名車であるのにそれを上手に活かしきれていないもどかしさがあります。

三菱自動車さんがやる気が無いのか?と疑ってしまう程度には、パジェロが次第に空気になってしまっているのが残念です。

デザイン

pajero2

現行モデルが10年近くまえのデザインなので、あらゆる面で古臭さが感じられます。モデルチェンジも近いでしょうから、購入するならモデルチェンジを待ってからの方が良さそう。

新型パジェロになってもランクルほど多種多様な機能がつくかと考えると、可能性は低そうですけどね。

今のラインアップなら私はパジェロよりも、多少無理してでもランクルを選ぶと思います。オフロード性能もさる事無がら、ブランド力に使い勝手の良さも加味したら100万円以上の差額はあります。

オフロード車を待ちで乗り回すのは一種の見えですから、見栄を十分に満たしてくれる車のほうが良いですからね。

パジェロはいい車なんですけど、中途半端なラグジュアリーと無骨さが同居してて、どっちつかずの中途半端な車にしか映らないのが残念な部分なのです。

女性受けもあまり良くありません…と言ったらファンの人に怒られそうですが、無骨でも女受け狙うならjeepのほうがよっぽどアグレッシブですし。

逆に50~60代のRVブーム経験してるおじさんにはモテます。あの三菱マークの4駆はその時代のおじさんたちにはあこがれの車でしたからね。

ディーゼルエンジン

ただしエンジンだけは別です。

パジェロは点火システムが必要のないディーゼルエンジンもラインアップしていますが、このエンジンはオフロード車にとってもっとも重要な装備の一つとも言えます。

点火システム不要なのでエンジンが水に沈むような走行をしても、機関へのダメージを最小限に食い止められるため本格的なクロカン走行との相性は抜群です。

またディーゼルによる分厚い低速トルクとランクルより300kg以上軽い車体とあいまって、スタックしやすい悪路を走り抜けるだけの軽快さを備えています。

クリーンディーゼルはクリーンエネルギー自動車等導入促進対策補助金によって、実質的な値引きを得られるメリットも有ります。

ディーゼル車に乗りたいのであるなら、本格的なオフ車で採用されているのはパジェロのみです。国産ではエクストレイルや一部のライバル車種もディーゼルを採用していますが、悪路走破性の面で言えばパジェロの上を行くオフロード車はありませんし、ランクルやジムニーなど特殊なクルマを除けば、後出しのオフ車はパジェロの敵ではありません。

ディーゼル+オフ車というくくりでエクストレイルと悩んでいるなら、迷わずパジェロを購入することをおすすめします。

まとめ

pajero2

オフロード車として価格と性能のバランが取れているパジェロ。国産ライバルがジムニーやランクルと、どちらも極端なライバルばかりです。

片や気軽に野山にかけ出せる軽オフロード、片や高級車でありながら慢心せずオフロードの性能を磨き続けるランクル。

そこを見るとパジェロは遅れを取ってしまっているのかな?と感じるほど華がなくて残念でなりません。

悪い車ではないので、次回のモデルチェンジに期待したいですね。

スポンサーリンク