3度の飯よりクルマが好き!

自動車ローンを借りようと思うあなたへ。借りるのが面倒くさくなるローンの話

carloan

一般的に、大きな買い物をする場合はローンを利用するケースが多いですよね。家やマンションは勿論ですが、新車を購入する時にも、現金で一括払いするよりローンで支払う人が大半でしょう。

どちらが得なのかと言えば、単純に考えれば当然現金で払うほうが得なのです。いくら金利が低くても、ローンを組むと必ず利息が発生しますからね。

ただ、数百万の現金をポンと出せる人はそう多くありません。ですから、仕方なくローンを組むわけですが、ディーラーに行って「ローンでしか払えないんですが……」なんて恐縮する必要は一切ありません。

胸を張って「ローンでお願いします!」と言えばいいのです。

自動車はローンで買うのが当たり前?

数百万円をキャッシュで払っても屁でもないお金を持っているなら、現金が望ましいと思います。

年間数%の金利でも百万円単位だとしたら馬鹿になりませんし、毎月通帳から数万円単位のお金が引き落とされるのはプレッシャーに感じる人もいるでしょう。

また現金払いをすればディーラーはすぐにお金が手に入るから、ローンを組むより値引きを期待してしまいます。

しかし私たちの思惑とは裏腹にディーラーにとって一番ありがたいのは、現金でポンと払ってくれる人より、「自社のローンを利用してくれるお客様」なのです。

だから、現金で払うよりローンで買う方が多く値引きしてくれる場合もあるのですよ。

ディーラーのローンは各社がそれぞれ独自の金利を設定しています。

とはいえ、何も自動車会社がローン業務を行っているのではありません。

実質は信販会社などが業務を代行しているのです。

そして、その利息の何割かが信販会社の儲けになり、残りの分がディーラーの取り分になるのです。

ですから、現金で払う場合よりも値引きができるわけですね。

ただし、目先の値引き額につられて、セールスマンに言われるがままローンを組んではいけません。

マイカーローンにも様々な種類があるのです。

ディーラーのローンよりもお得なケースがありますので、じっくり比較、検討してから決めましょう。

マイカーローンの種類

自動車というものは、とても高額な買い物です。

特に新車となると数百万という世界ですので、何も考えずにローンを組んでしまうと後々後悔することにもなるのです。

マイカーローンにも様々な種類があり、金利や条件は大きく異なります。

金利が数パーセント違うだけで支払い総額に数十万円も差が出ることもあるので、ローンの選択は非常に重要なのです。

自動車ローンは主に次のような区別をされています。

  • 信販系(ディーラーローン含む)
  • メガバンク系
  • 地方銀行系

その他にも、損保系、ネットバンク系、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク など多数の種類があります。

金利は銀行系が安い傾向があり、ディーラーのローンの金利は高めに設定されいます。

一例を上げると

2017年1月現在

銀行ローンは審査が厳しいとされます。そのぶん金利は安く1%台で借りれるところもあるくらいです。

逆にディーラーローンは金利が高いぶん、審査は通過しやすいようです。

地方銀行や信用金庫など地元密着型の金融機関は居住地や勤続年数なども審査の基準になっているようです。

しかし審査の厳しい銀行系も大企業や公務員の審査は通りやすい印象があります。

悔しいですが大企業と公務員は黄門様の印籠のような肩書なのです。

損をしない自動車ローンの選び方とは?

ローンを組むのであれば、月々の支払い額を低く抑えたいというのは当たり前ですよね。

つまり、36回払いよりも60回払いで返済したほうが支払いは楽になるわけです。

しかし、当然ながら返済期間が長いとそれだけ利息を多く支払う必要があります。そうなると、できるだけ低い金利のマイカーローンを選ぶというのが最善の策なのです。

金利が低いとされる銀行系のローンは2%前後、これに対してディーラーローンは5%前後。初めてローンを組む人は、「2%でも5%でもそんなに違いはないだろう」と考えてしまいがちですが、支払総額で見ると大きな差が生まれてきます。

300万の車を5年ローンで買った場合

300万円のローンを、元利均等返済方式で60回で返済するケースでは、

  • 金利が2%の場合は月々52,583円
  • 金利が5%なら月々56,614円

一見「ちょっと高いな」という程度です。

しかし、実際の支払い総額を見てみると、

  • 2%で3,154,998円
  • 5%で3,396,822円

差額はなんと241,824円です。

金利が3%違うだけで、24万円以上も多く利息を払わなければならないのです。

それだけあれば、クルマのグレードを1ランク上げることができますし、結構豪華なオプションも装備できますよね。ですから、マイカーローンを選ぶ際には「金利」が最重要のポイントなのです。

ローン金利だけでなく保証料にも注意

ただし、「とにかく少しでも金利が低いローンにすれば間違いないだろう」と単純に決めてしまってはいけません。

労働金庫やJAバンクのローンを利用する場合、「保証料」が必要となるケースがあるからです。借り入れの際には金利だけでなく保証料の確認が必要となります。

JAバンク高岡

そのため、金利の表示を見る際は、保証料が含まれているかどうかを必ず確認しましょう。

低金利で人気の労働金庫系のマイカーローンは、金利とは別に年0.7%(ろうきん会員)や年1.2.%(会員以外の一般勤労者)の保証料が別途必要と記憶していましたが、調べてみると中央労金と東海労金は保証料は労金負担になっていました。

中央労金東海労金

マイカーローンを選ぶ際は、見た目の「金利」だけで決めるのではなく、「支払い総額」もきちんと比較して決定することが重要なのです。

マイカーローンの比較~固定金利か変動金利か

ローンを選ぶ際、金利の低いところを優先するのは当然ですが、覚えておかなくてはいけないのが、マイカーローンには「固定金利」と「変動金利」の二種類があるということです。

固定金利というのは読んで字の如く、成約時から完済まで金利が変わらないローンです。

変動金利は返済途中であっても、金利の見直しが行われ、金利が上下するシステムになっています。

どちらが良いのかは一長一短ですが、一般的には変動リスクが高いため、変動金利型のローンの方が金利は低く設定されています。

金利の見直しは、短期プライムレート(銀行が企業に貸し出す短期資金の最優遇金利)を元に、年に数回行われるのですが、昨今の「ゼロ金利」に代表されるように、日銀の金融政策が超低金利でキープされている間は、急激に金利が上るリスクは少ないといえるでしょう。

そういう意味では、今、ローンを組むのなら変動金利という選択肢がベターです。

しかし、堅実な性格で何事も計画通りに生活するのが好きな人には固定金利が向いています。クルマの購入時に、支払い総額と毎月の支払額が決定されるので、先々の予定が立てやすくなるからです。

勿論、このまま低金利時代が続けば、次々と金利の安いローンが出てきますので「損したなぁ」と後悔する人もいるかもしれません。

そんな場合は、高い金利のローンから、より低金利のローンに切り替える、「借り換えローン」という選択肢も検討してみると良いかもしれませんね。

マイカーローンを利用するには「審査」がある

carloan2

これは全てのローンに当てはまるのですが、金利の低さは審査の厳しさに比例するものです。

平たく言うと、社会的信用の高い人ほど有利な条件で融資が受けられるのです。

銀行系のローンは低金利ですが、審査は厳しく、収入を証明するため書類の提出も必要です。(源泉徴収票や課税証明など)

また、審査の結果がでるまで日数がかかります。

逆に、ディーラーで組むマイカーローンは、ほとんどの場合、購入時に審査が行われ、早ければその場で結果が出ます。

審査基準も信販会社系ですので銀行より甘くなっていますが、それに加えてディーラー側もローンが組めなければ商談が成立しないという事情もあり、多少無理してでも審査を通してくれる場合もあるとのこと。

勿論、その分、金利は銀行系より割高になるのです。

審査に通りやすい人

高収入で有名企業に長期間務めている人ほどローンの審査に通りやすくなります。

融資にに有利な条件として、安定した収入が見込めることはとても重要です。公務員や大企業の社員は勿論、医師や弁護士など高収入の職業は、銀行やローン会社側があ借りてくださいと言わんばかりに審査を通してくれます。

中小企業に勤めている場合は若干不利ですが、勤続年数が長ければ特に問題なく通ります。

逆に零細の社長さんや定年間際の人のほうが、20代のフレッシュマンよりローンが通りにくく、苦労される人もいますね。

結局、審査基準に影響するのは、「将来的に安定した収入が得られるか?」なのです。

そういう意味では、契約社員や派遣社員、フリーターやアルバイトの人はどうしても不利です。審査を通過するには、頭金の割合を多くするか、保証人を立てるなどの対策が必要になるケースもあります。

総量規制でディーラーローン審査が通らなくなる!?

ディーラーローンは信販会社(銀行ではなく民間の貸金業者)が運営しているので、総量規制の年収3分の1が適応されるのでは?と心配する人がいます。

この総量規制とよばれるローン融資額の制限は、主に信販ローンやキャシング、クレジットカードに適応されルールです。

総量規制は年収の3分の1以上のお金をその人に貸してはいけません、と厳しく定めた決まりでありこれを破ることは絶対に許されません。

つまり年収400万円なら借入可能な金額は約130万円という計算となり、それ以上の金額を借り入れることはできません。

ただし、これは全てのローンを合算しての額ですので、サラ金や他の信販系ローンを利用していたら借りれる額はもっと少なくなります。

たとえば他のローンの支払いが年に100万円ある場合は、借りられるローンの上限は年間40万円しかないのです。

ですが、収入の30%しかローンが組めなかったら1台数00万円の車なんて、誰も買えなくなってしまいます。

総量規制

ですが信販系ローンでも自動車ローンに関しては貸金法ではなく、月賦販売法が適応されるため総量規制対象外として3分の1以上借りることが可能となっています。

月賦販売法-2.規制の範囲が拡大しますの項

銀行系ローンや農協信金、労働金庫のローンは元々裁量規制外なので他に借金があっても借り入れることが可能です。

銀行が融資しても良いと思われるくらいの肩書と資産があればですが…。

それでも借りられないのは?

もし、これらの条件をパスしているのに審査が通らない場合は、信用情報にマイナスの記録が残っている可能性があります。

いわゆる「ブラック情報」というものですが、一般的には自己破産したり、消費者金融の返済を滞ったりした人のことを想像して、「自分は関係ない」と思われるかも知れませんが、実は他人事ではないのです。

携帯電話の支払い状況によっても、ブラック情報が記録されるケースもあるのです。

特にスマートフォンは皆当たり前のように月賦で買っていますが、あれも信販ローンで購入しているのをご存知でしたか?

特に最近は過去の払い忘れなどでブラックリストにはいってしまい、ローンが借りれなくなったという報告が増えてきています。

参照:気づかぬ内に…ブラックリスト入りの若者増加

これは支払いに対する認識の甘い人が引き起こした部分もあるため、自業自得の部分もありますが、同じスマホを起因とするブラック問題でソフトバンクが6万件の支払情報を誤って未入金扱いにしてしまった事故もありました。

こちらはNHKのニュースにもなった話なのでご存じの方もいるでしょう。

このように自分では対策できない部分から信用情報に傷がつくことがあるのです。

参照:ケータイWach

スマホの料金や月賦を滞納するだけでなく、公共料金を滞納してもマイナス要素になることもあるので注意が必要です。

当然ながらクレジットカードの使用履歴もチェックの対象となります。

滞納は勿論ですが、キャッシングの使い過ぎもマイナス要素です。

どうしても審査に通らなくて、その理由が思い当らない人は、自分の信用情報を調べるてみてください。開示料は有料になりますが、納得行かない場合の最終手段として利用してみると良いでしょう。

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

株式会社日本信用情報機構(JICC)

http://www.jicc.co.jp/

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/index.html

まとめ~あなたに合った自動車ローンを見つけよう

ローンを借り入れする際は自分の経済状況や借入先を考えて申し込まなくてはいけません。

最近では借り換えローンという方法もありますが、最初に高い金利で払った分は戻ってきません。ですから、やはり最初からなるべく好条件のローンを組みたいですよね。

当たり前ですが低い金利のところから検討するのが大切なのです。

自動車をローンで購入するなら、メガバンクや地方銀行系は、審査に時間がかかるので最初に申し込んでください。

あなたに安定した収入があり、住居が賃貸ではなく持ち家で、なおかつ保証人が用意できるなら審査をパスする可能性が高まるでしょう。

次に信用金庫や労働金庫や信用組合、JAバンクなどに問い合わましょう。

融資条件に細かい制限はありますが、何か自分にも当てはまる条件があるかも知れません。

それが無理そうなら、損保系や信販系やネット銀行を検討するということになるのですが、何も考えずに片っ端から申し込めばいいというものではありません。

何故なら審査に落ちたという情報は記録されるからです。

金融会社が共有する信用機関の記録に残って、将来、あなたが別のローンに申し込む際に不利になるケースもあります。

できることなら、審査を受けるのは半年間で2社までに抑えておきましょう。

最終手段としてはディーラーが用意するカーローンを利用するということになりますが、これで通らなければちょっと厳しいですね。

一番避けたいのは、消費者金融で借りたお金で支払うということです。

一時より下がったとはいえ、消費者金融の上限金利は20%になりますので、金利が高いとされるディーラーローンと比べても2~3倍となります。

金融庁

ディーラーローンの審査に通らないようなら、お金が貯まるまで我慢するか、手の届く範囲の車を検討することをオススメします。

クルマというものは便利で楽しいものです。

私もクルマが好きなので、欲しい車のためなら多少無理してもいいと考えてしまいます。

ですが自分の年収や生活の部を超えた借入は自分のみならず家族に苦しい思いをさせることでしょう。

無茶なローンを組んでクルマ貧乏になっては元も子もありません。

くれぐれも慎重に検討して、自分のライフスタイルに合ったマイカーローンを選んでくださいね。

スポンサーリンク