3度の飯よりクルマが好き!

3月9月決算期以外の新車購入タイミング!ボーナスや年末年始が狙い目?

決算期の値引き交渉は本当に安くなるの?

key

新車購入はよく決算期の3月9月が狙い目とされています。

ところが、最近は年末年始の売上だけでは目標数達成をするのは難しく、ボーナスや年末年始などにも販売のテコ入れのために、気前よく値引いてくれるところも増えてきました。

決算期だと値引きが引き出しやすいから狙い目です、と言われても持っているクルマの車検残や予算によってはそんな悠長なこと言ってられない人だって多いはずです。

そこで今回は、3月9月の決算期以外のタイミングでクルマを購入するときの値引きテクニックを詳しく説明していきます。

  1. ボーナス期は狙い目?
  2. モデルチェンジ前のモデルは値引きが大きい
  3. 車検残には要注意

以上3つのポイントに絞って説明しますので、決算期待ってたら間に合わないよ!っていう人も是非参考にしてください。

決算期でも交渉ベタでは値引きは無い

値引きテクニックや交渉術の中で3月9月決算期の月後半、売上が欲しい営業マンを揺さぶれば値引きが引き出せるという常套句が存在します。

ですが、私の経験上ディーラーはお客をしっかり観察していて、そのような値引き目的の人には経験豊富のやり手の営業をぶつけてくる事が多く、交渉が難航したり上手に言いくるめられてしまうことをよく見かけます。

確かに何もない月よりは値引きを引き出しやすいのですが、営業マンもあなたが期末値引きを狙って来店していることを承知のうえで交渉のテーブルにつきます。

運良く売れ行きの悪い営業マンと当たっても、風向きが悪くなるとベテランや店長がサポートに現れます。店長に持ちかけますというセリフは今や、助けを呼んできます、のサインです。

決算期はディーラーにとっても勝負の月です。

スタッフ全員臨戦態勢で対応に当たりますので、跳ね返された時のダメージも大きいことを覚えておいてください。

車検残の日数を気にしながら決算期まで我慢したのに結果が出せず、結局向こうの提示する値引きで手打ちをするハメになるかもしれませんよ。

ボーナス時期は狙い目?

eagle

6~7月

ボーナス期は値引きが多くなると言われていますが、その理由は8月にはお盆休みが控えて、交渉に空白期間が開くことを嫌がるディーラーが早期に契約したい気持ちがあるからでしょう。

クルマの購入は一種の勢いが必要です。仕事中は意識が仕事に向きますが、バカンスシーズンになるとゆっくり考える時間が生まれます。やっぱりイラナイ、なんてことになったら契約をみすみす逃すことになります。

営業は8月の休みの間に翻意されるくらいならなら、値引きを増やしてでも早期に決着をつけたいのです。

12月~年末年始

ボーナス時期の12月は夏季ボーナスとは違い、お祭りイベントが多く控えています。

特に初売りなどではその年にちなんだ安売りも開催されているので狙い目です。

またディーラーによっては福袋的な車両も用意しており、タイミングと運次第では無茶な値引きを交渉をしなくてもお得に新車を購入することができることも。

ガツガツ値引き交渉をしたいなら年末年始は避けたほうがいいですが、値引きが苦手な人はあえてクリスマスセールや初売りのお得車を狙ってもいいかもしれません。

それに営業も決算期の臨戦態勢ではないので、じっくり腰を据えて交渉するにはいい時期なのです。

そこから長期戦に持ち込んで、3月の決算期頃に契約タイミングをずらしこむテクニックもあります。頑張って交渉してきた顧客をよそに渡したくないからです。

その間に営業マンと仲良くなって融通をきかせてくれるようになるのが理想的ですね。

愛車のオイルやスタッドレス交換をして、「ここで車を買ったら、ここでメンテナンスします」というアピールをするのもいいでしょうね。

12月のメリットは車検残さえ余裕があれば長期戦に持ち込める強みがあることです。

同じ長期戦なら6月から9月より値引きが期待できる12月から3月に仕掛けることをおすすめします。

モデルチェンジ発表後

モデルチェンジがアナウンスされたタイミングから、現行車種は型落ち車となります。アナウンスと販売開始は若干のラグが存在し、販売開始までは旧モデルの販売が続きます。

普通ならデザインや装備が古くなったクルマは誰も買いたがりません。ですがディーラーはそれでも売らないといけないのです。
プリウスのような人気のモデルだと、新作に予約が殺到し旧モデルが全く売れなくなります。ディーラーは車を登録しないと売上にはなりません。

将来の売上は約束されますが、それまでの間の売上数の落ち込みをどうにかして食い止めなくてはいけないのです。

そうなるとニューモデルが販売開始されるまで、古くなったモデルを売るためには価格で勝負するしかありません。

新しいモデルがラインアップするまでの僅かな期間、型落ちモデルは大幅な値引きが期待できる車となります。

すぐに型落ちになる運命ですが、過去数回の不具合修正・改良とマイナーチェンジを経て、成熟した旧モデルを好き好んで買う人もいるくらいです。

交渉次第では40万や50万の大幅な値引きもありえます。

売れ筋モデルだと、発表から発売までの空白期間の間の売上の落ち込みが大きいため、利益をギリギリに削ってでも売りたいのです。

短期間で乗り換える人や現行車種じゃないと嫌な人にはオススメできませんが、一度買ったら長く乗る人は、あえて旧モデルの新車を狙って値引きを交渉してみるのもいいかもしれませんよ。

新モデルの事前予約が殺到していている車種ほど狙い目です。

値引き交渉は車検残に注意

値引き交渉で忘れられがちですが、車検残には特に注意してください。決算期やボーナス時期に合わせて新車を購入すると、値引きオンシーズン時期に車検残が1ヶ月程度しか残らないことになります。

こちら側に余裕がないと、どれだけ強気の交渉を仕掛けても相手に首根っこを掴まれたままです。

最低でも2ヶ月、値引きオフシーズンから値引き交渉をしてオンシーズンに余裕を持って決着できるように交渉のタイミングを調整していきましょう。

下取り車の旬も忘れない

値引き交渉で忘れられがちですが、下取り車の有無で購入の負担額に大きな差がでます。

その下取り車には旬があります。

主に、

  • 中古市場の需要期
  • 年式・走行距離
  • 車検残

は見積もり価格を左右します。

特に年式は重要で、モデルが2世代3世代前になると車の価格は大幅に下落してしまうことも。

値引き交渉のタイミングばかりに気を取られすぎて、一番大きな値引きに繋がる下取り車の価値を下落させないようにしてください。

値引き交渉は頑張っても10万~20万ほどの差しか生まれません。しかし下取りや買取査定では20万円以上の差額が簡単に生まれてしまう世界なのです。

本当に車を安く買うため、愛車の価値をしっかり知ってから、値引きのタイミングと交渉のことを考えてください。

車一括査定サイトを利用することで、予め愛車の価値を知ることができます。

ディーラーの提示する下取りが適正価格かを知ることも適切な値引き額を知るために重要ですので、忘れずチェックしておきましょう!