3度の飯よりクルマが好き!

少量生産の高級車シーマの魅力は手間を惜しまないフィニッシュにある

日産のラインナップの中で、高級セダンの頂点に君臨するのがシーマです。

1988年に発売された初代シーマは国内初の3ナンバー専用車として登場し、当時のバブル経済という背景もあって大ヒットモデルになりました。

その後長引く不況の影響で国内の高級セダン市場は縮小した為、販売台数が低迷した4代目シーマが2010年に販売中止になり、一旦ブランドが消滅しています。

日産のフラッグシップセダンはフーガが引き継ぎましたが、ブランド消滅後も復活を求める声は多く、現行シーマは2012年に再登場しました。

国内の高級セダン市場は国産車ではクラウンの独り勝ち、残りはレクサスと欧州高級ブランドが強く、シーマの販売目標も年間1000台と控えめな数字ですが、少量生産だからこそ出来る品質とこだわりを持っているのです。

この記事では国産高級車の礎を築いたシーマの歴史と魅力を解説します。

シーマの歴史

初代シーマ(FY31型)1988年~1991年

cima

シーマという名前を国産高級車の代名詞にまで決定づけたのは初代シーマ(FY31型)です。

初代は「セドリックシーマ/グロリアシーマ」のネーミング通り、セドリック/グロリア(Y31型)の3ナンバー専用上級グレードモデルとして販売されています。

エクステリアはピラーレスのサイドウィンドウや、薄めのフロントグリルやヘッドランプなど英国車を思わせるエレガントでのびやかなデザインです。

パワーユニットは上位グレードに当初レパードに搭載される予定だった最高出力255ps、最大トルク35.0kgmを誇るV型6気筒3リッターDOHCターボ(VG30DET)、下位グレードには250psのNAエンジン(VG30DE)が搭載されていました。

流麗なスタイリングながらも急激にパワーが立ち上がる「ドッカンターボ」で車体後部を沈めながら加速する姿は、当時の国産高級車ではありえないキャラクターで強烈な印象を残しています。

1988年には3ナンバーのクラウンの販売台数を抜き、累計販売台数も3年半で12万9千台となり、当時の高級車市場の活況は「シーマ現象」と呼ばれました。

2代目シーマ(FY32型)1991年~1996年

cima_yf32

ヒットした初代シーマも4年を待たずモデルチェンジとなり、セドリック/グロリアの名前は無くなり単独の車種となりました。

エクステリアは初代のキープコンセプトですが、ボディ剛性を上げるためピラー付きとなり、後ろ下がりのトランクのラインでより一層エレガントになっています。

エンジンはインフィニティQ45の4.5リッターエンジンをストロークダウンした、270psのV型8気筒4.1リッタ- DOHC(VH41DE)自然吸気エンジンを搭載。

後期モデルには初代モデルと同じV型6気筒3リッターDOHCターボ(VG30DET)も追加されています。

バブル期に設計されただけあってインテリアは木目やタン革を使用した上質なもので、オートドライビングポジション機能付きシートや間接照明など、当時最新最高の装備だったのです。

トラクションコントロールやABS、エアバックといった先進的な安全装備に加え、油圧アクティブサスペンション、エンジン協調制御式の4速AT等上質な乗り心地を約束する足回りなど高級車として高い完成度を誇りました。

「シーマ2」を歴代最高としているシーマファンも多くいます。

残念ながら景気も後退していたこともあって、初代ほどの人気は出ませんでした。

同時期に世界の高級車の常識を変えたセルシオや、クラウンのV8モデルなどライバルが増えたことも人気凋落の理由の一つです。

3代目シーマ(FY33型)1996年~2001年

cima_yf33

上品で落ち着いたエクステリアデザインから一転して、押し出し感の強いメルセデス風のデザインへ変更しイメージチェンジを図っています。

エンジンは2代目と同じですが、従来通りの高級路線を担当する「リミテッド」と、エアロや専用サスペンションを装備し日産のスポーツイメージを反映した「グランドツーリング」の2シリーズ構成に分かれました。

日本車初のサイドエアバッグや追突時のむち打ちを軽減するアクティブヘッドレスト、ミリ波レーダーを使用した自動ブレーキ&車間制御システムを搭載し、最高級セダンとして当時最新の安全性能を備えています。

3代目も全体的に日産の販売が落ち込んで、ルノーの子会社になった時期とも重なり、高い完成度や先進性にも関わらず人気復活までには至らずモデルライフを終えてしまいました。

4代目シーマ(F50型)2001年~2010年

cima_f50

人気復活を目指し、V型6気筒3リッターDOHCターボ(VQ30DET)と直噴V型8気筒4.5リッターDOHC(VK45DD)の新エンジンを、新開発の大型FR車用プラットフォームに搭載した大規模なモデルチェンジが行われました。

3代目からインフィニティQ45、プレジデントと共通化するためボディの拡大も行われ、小型プロジェクターランプを7個まとめた特徴的なヘッドランプを中心に、シンプルなラインながらも高級車らしい重厚感のあるエクステリアが実現しています。

安全装備もさらに進化し、現在主流となっているカメラとレーダーを組み合わせて車線逸脱を警告するシステムを世界で初めて採用したのは4代目シーマです。

マイナーチェンジを繰り返しながら9年間販売されましたが、モデル末期には年間300台を切るほどまで販売台数は落ち込み、2010年に販売が中止されブランド消滅となっています。

現行シーマ(F51)はどんな車?

cima_f51

約2年のブランクを経て、日産は2012年にシーマを復活させます。

復活の背景には思い入れの強いファンも多く、「シーマでないとダメ」とフーガでは代替をしてもらえないという販売現場の声が大きかったようです

フーガのシャシーを流用した国内専用モデルとして復活しましたが、実際は中国で販売されるフーガのホイールベース延長版(インフィニティM35のLHモデル)とボディは共用しています。

パワーユニットはミラーサイクル化したV型6気筒3.5リッターDOHC 24バルブ(306ps)と26psのモーター(システム出力364ps)で、フーガハイブリッドと同一のユニットです。

リチウムイオンバッテリーとトルクコンバーターを廃した1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムの採用により、燃費は16.6km/Lと低燃費でスムーズな加速と静粛性にも貢献しています。

エクステリアは抑揚のあるダイナミックな造形はフーガと共通になりますが、メッキを多用したフロントグリルやリアバンパー等の専用パーツにより高級感が強調されました。

インテリア

cima_interia

インテリアもセミアニリン本革シートや後部座席のエンタテイメントシステム等の豪華装備に加え、150mm伸びたホイールベースにより後席足元はミニバン並みの広さです。

日本の伝統技術にもこだわり、プレミアムインテリアパッケージで装着される純銀粉木目パネルは「蒔絵」の技術が応用され、職人が手作業で銀粉をすり込むことで華やかな艶を出しています。

cima_interia2

ハンドリングは欧州車的な固めの足を持つフーガより柔らかくなり、ゆったりとした乗り心地重視の味受けになりました。

シーマ独自の品質へのこだわりとして、塗装は中塗り工程で通常のラインを外し、職人の手作業で表面研磨を行ってから最終塗装を行っています。

最終検査では1台1時間以上の時間をかけ内外装の確認や走行確認を行い、最終的に工場長のサインの入った「品質検査確認証」が付与されます。

価格は735万~840万円でフーガハイブリッドより約150万円高額ですが、同価格帯の高級車にも負けない上級感と品質を持っているのは間違いありません。

三菱自動車にも供給されているシーマ

※ディグニティ※

dignity

※プラウディア※

proudia

現行シーマは発売当初から車名エンブレムとフロントのグリルのみを変更し、ディグニティという名前で三菱自動車に供給されています。

フーガも同様にプラウディアという名前で供給されていますが、日産も三菱も個人向けの販売増を期待してではなく、三菱グループ各社の役員用社用車をターゲットにした法人向けの販売がメインです。

少量生産、手造りの良さ

最近グランドセイコーやザ・シチズンといった日本製の高級腕時計が人気となっています。

量産はできませんが厳選された高精度の部品を使い、卓越した技能を持つ日本の職人が一つ一つ組み上げることが人気の理由です。

メイドインジャパンの腕時計は丈夫で壊れない製品を安く提供することからはじまり、歴史や伝統を積み上げ、ブランド価値で勝負する高級品の世界へ踏み込もうとしています。

シーマも年間1000台という少ない生産台数を逆手にとり、量産に向かない職人の手作業工程を増やすことで「作り手がわかる高品質」という新しい付加価値にチャレンジし成功しました。

その歴史には紆余曲折ありましたが、これからも日産の技術を生かして成長してくれることを期待しましょう。

スポンサーリンク