3度の飯よりクルマが好き!

ユニークな日産・キューブ!その特徴は?

キューブ

悪い言い方かもしれませんが形が似たり寄ったりで、特徴的な車は少ないと感じませんか?

高級車や出回っている数少ない車は特徴的・個性的と捉える事もできますが、一目見てあの車だ!と分かる物は中々ありません。

ここで紹介するのは日産・「キューブ」、個性的・ユニークな車で外観のデザインも然ることながら室内も特徴的です。通常は左右対称で開発設計されるのですが、このキューブは左右非対称で設計されている部分があります。

この特徴的・個性的なデザインは多くのユーザーから支持を受け、2代目は大ヒット車にもなりました。

ここではキューブの特徴を見ていきましょう。

外観のデザイン

キューブ前後

なんとも変わったフロントのデザインが印象的ですが、左右非対称デザインの横開き式バックドア・リヤコンビネーションランプもキューブだけが持つ特徴で一目見てキューブだと分かるデザインです。

カッコいいともカワイイとも言えない何とも変わったデザインですが、強いインパクトを感じますね。

室内空間・内装は?

キューブ室内

直線的な構成にせず、曲線を多用する事によってコンパクトカーとは思えない程の開放感があります。

室内寸法自体は決して広いとは言えませんが、想像以上に快適な室内空間を作り出しているのです。特にインパネ周りの波の様なカーブは面白いですね。

キューブインパネ

オプションでシートのアレンジが出来る等、個性的な外観よりも室内空間に力を入れている印象を受けました。

縫製シートを採用しているのも目を惹くもので、快適な座り心地に大きく貢献しています。長時間運転しても疲れない、座り心地が良いとの声も多いです。

収納スペースは?

キューブラゲッジルーム

小物を入れるスペースは室内の至る所に用意されています。使いやすい位置に備えられているので、使い勝手はとても良いです。

しかしラゲッジスペースはお世辞にも広いとは言えません。後席を倒さなければ十分な広さを確保する事が出来ないのです。

手荷物程度であれば十分なスペースですが、大荷物を積み込むのは難しいでしょう。

走行性や燃費は?

排気量1.5Lエンジンを搭載しているので、街乗りメインでは不足を感じません。燃費はJC08モードで19.0Km/Lですが、カローラやフィットに比べると若干劣っています。

以下の図はキューブ・カローラ・フィットの3車の燃費比較です。参考程度にどうぞ

 車名 燃費
キューブ 19.0Km/L
カローラ 23.0Km/L
フィット 21.8Km/L

走行に関して気になった点

キューブには低燃費に貢献しているアイドリングストップ機能が付いています。信号待ちからの発進の際に、ブレーキを離す→エンジン始動までの時間が0.4秒かかるので、走り出しがトロトロしてるように感じてしまうでしょう。

優秀な機能なのですが、思うように操作できないストレスを感じてしまいます。

気になるお値段は?

159万円~213万円となっています。ここに諸経費やオプションの費用が追加されます。ナビ等のオプションを追加で選んだ場合10万円~20万円プラスは覚悟しておいた方が良いでしょう。

また、エコカー減税の対象車なので、取得税・重量税合わせて約4万円の優遇処置を受けられます。焼け石に水ですが無いよりはマシですね。

最後に

マーチに次いで日産の大ヒット車になったキューブは、強い個性とユニークさを持った車です。決してカッコよくも可愛くも無いですが、皆と同じ車ではつまらない!個性的な車が欲しい!と言った方にはオススメです。

ラゲッジスペースとアイドリングストップに不満を感じてしまいましたが、他の部分では目立ったデメリットは感じませんでした。

キューブに興味を持たれたのでしたら、是非販売店に足を運んで実際に感じてみてください。他の車と違う事に気づく筈です。

スポンサーリンク